« 読み方を変える | トップページ | モッズブーム »

2005年12月20日 (火)

冬のちょっとした幸せ。

Dsc00132_1  一日に二回更新できるのは嬉しいことです。片方で僕のバックボーンとも言える定番を書いて、もう片方で今気になったモノが書ける。できればこれからはこのペースで更新したいですね、昼と夜と。とりあえず書きたいことが有り余っているうちは。

 さて、ポタージュです。かぼちゃです。いえね、クノールさんのこの濃厚ポタージュ(4種類)はどれもまぁまぁ美味しいんですが、つい先日手にしたこの「栗かぼちゃ」はもう格別です。かぼちゃのやさしい甘みが、朝から冷えているこの時期の体を、「ぬくぬく」にしてくれます、最高。この類のインスタントスープは朝に便利なので、いろいろ試すのですが、最近のトップもトップです。

 これを飲むまでは、クラムチャウダーを愛飲していたんですが(メーカーは忘れてしまいましたが、野菜が結構入っていてこれも良い出来でした)、今となっては全く手が伸びません。買うのはこればかり。……だって、美味しいんだもの。とろとろ感とか、すったかぼちゃの具合とか、全てが正解です。なんと、これまでのクノールのかぼちゃスープの二倍のかぼちゃとミルクを使って、仕上げているそうです。恐るべし、クノール。

 実をいうと、かぼちゃそのものは特別に大好きと言うわけではありません。時々無性に食べたくなったりはしますけど、それくらいで。ところがです。こんな風にスープとかはたまたお鍋とか、お菓子とかになった瞬間、ものすごいかぼちゃ好きになります。「かぼちゃを考えた人は偉い」とか、訳わからぬ発言まで飛び出します。けれど、僕にとってこのパターンの偏愛はすごく多いのです。栗、かぼちゃ、さつまいも、トマト、いちご、メロンなどです。どれもそのままでも好きで食べますが、ある種の加工が施された瞬間、やっぱり偏愛します、溺愛です。例えば、モンブラン、かぼちゃプリン、ほうとう、干しいも、トマトスープ、いちごシロップ(いちごパフェとかにかかってるやつ)、メロンアイスってなように。

 さて話は戻して、かぼちゃポタージュですが、この濃厚シリーズは他より若干高いんですよね……。そりゃ、一個ずつならたいして違いは無いんですけど、続けて飲んでくとなると何気に響きます。でも、飲みたい。朝に「ぬくぬく」したいわけです。いやー、今年の冬は好きです。季節は春がやっぱり良いですけど、これだけ冷えてくれると冬も良いです。「ぬくぬく」する幸せが楽しめる。ふとんにもくるまれる。

 うむむ、書いていたらどうしてもポタージュが飲みたくなってきた、「ぬくぬく」したくなってきました。……飲もう。あれ、結局朝じゃなくてもいーんだな……。いえいえ、朝とはまた違うやさしさを味わいます。そして明日の朝も「ぬくぬく」。     circus

|

« 読み方を変える | トップページ | モッズブーム »

「food」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/126781

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のちょっとした幸せ。:

« 読み方を変える | トップページ | モッズブーム »