« 天才音楽 | トップページ | 高級路線 »

2006年1月18日 (水)

懐かしき夢のお菓子

Photo_5 昨日のドロドロした雰囲気は、しっかり断ち切って更新を。ところで、最近僕のうちではNHKを何故か見まくっているんですが、……めちゃくちゃ面白いんですわ、コレが。山のドラマ「氷壁」はもちろん(今、一押しです!)、人に焦点を当てたり、仕事に焦点を当てたNHKものは最高に面白いです。って言えども、「プロジェクトX」はあまり好きじゃなかったですが。僕は「ガイアの夜明け」派なので。……でも、とにかく深夜枠とかも含めて、NHKはやっぱりなかなか良いのです。いやー、みんな受信料払いましょうね、NHKが民放みたいになっちゃうと、困ります、マニアックな番組が減るので。

 さて、今日はお菓子をご紹介。たまーに買って食べるのですが、それが画像の「いただき」。名前だけ聞いて、なんだかピーンと来た人は、たぶん僕と同じ世代だと思います。そう、コレこそがあの、懐かしき、夢のようなお菓子のアレなのです!!

 分からない方もいらっしゃると思うので、明かしますが、かつて「おぼっちゃまくん」という漫画がありました。今や戦争論ばっかり語っている……、小林よしのりの少年向けギャグ漫画ですね。その主人公たる「おぼっちゃまくん」はもんのすごい、呆れるくらいのお金持ちなわけです。一万円を味噌漬けにしたり、米を一粒ずつ炊いてお茶漬けを作ったり、南極の氷でカキ氷を作ったり。……そんなお金持ちが大好きなお菓子が「鶴岡八幡のいたらき」でした。

 小さい頃僕は(周りもですが)、その得体の知れない、でもやたらに美味しそうなそのお菓子に、憧れたものです。大きくなっても実は2年くらい前までは、どういうものであるかすら、想像の産物でした。それがある時、お菓子を探していて出あったのです、この画像の「いただき」に。

 まず名前からしてそっくりなのですが、更に、コレを作っているのは「鶴屋八幡」。ドンピシャ、絶対コレだと。コレがモチーフ、いや現物に相違あるまいと。恐らく、当時既にある程度大人で、ある程度お菓子好きだった人ならば、分かっていたのでしょうが……。でも、発見したときのなんとも言えぬ、嬉しさと恥ずかしさ。なんか、「僕なんかが食べていいのだろうか……」みたいな(笑)

 でも、実際買って食べてみるとビックリ。こーれがものすごい上品なお味。そとの卵せんべいは程よくしっとりしていて、中のあんこはすごくあっさりした甘み。……おぼっちゃまくんが何十個ととんでもない勢いで食べていたのも、頷けます(……でも、そんなには食べれませんが)。大きさも小さめで食べやすく、まさにお茶うけにピッタリです。

 おぼっちゃまくんの漫画と違うところは、形。漫画では亀の甲羅を模して六角形でしたが、コレは丸。うーん、昔はドラ焼きみたいなものだろうか、なんて思ったりもしましたが、全然違いましたね……。ところで、鶴屋八幡さんでは、もっともっとたくさんの種類の美味しいお菓子を売っております。ドラ焼きもとっても美味だし(もっと美味しいところも知っていますが…)、最中も格別。そして接客が驚きなのです。どんなに忙しい時でも、紙袋に丁寧に入れ、カウンターの外まで袋を持って出てきてくれます(…伊勢丹の地下で良く買うのですが)。僕の横では、たったドラ焼き一つだけ買ったのに、紙袋、カウンター外の体制でした、凄すぎ。

 ただ、この「いただき」、欠点があります。……ええ、値段です。大きさの割りに、高いです。六個で735円也。つまり税抜きで700円。100円は箱代として、一個100円ですか……。うーん、ずば抜けて高いってほどでもないですが、ホントにちっちゃいですから、コレ。首をひねる人もいると思います。でも、美味しい。だから買っちゃうんですねー。

 あ、ちなみに画像は「鶴屋八幡」さんのサイトから、勝手にコピっちゃいました。ヤバイ気もしますが、まぁ、褒めちぎっているわけですからね、問題ないはず。いや、食べたことない人、一回は食べてみてください、結構やりますから、このちっこいの。特に、おぼっちゃまくん世代は、一度は試すべし!!

 今日はとある方から、美味しい抹茶甘味屋を聞いたので、今度行ってみようと思います。その影響で、和菓子をご紹介とあいなりました。美味しいドラ焼きもあるので、ソレはまた後日。……まぁ、有名どころですけどね。では、この辺で。     circus

|

« 天才音楽 | トップページ | 高級路線 »

「food」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/397233

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしき夢のお菓子:

« 天才音楽 | トップページ | 高級路線 »