« 思い返し | トップページ | アコガレ »

2006年1月 1日 (日)

あけました

Photo_1 あけまして、おめでとうございますです。新年早々、いつも通りに更新していきたい感じ。……と、その前に昨日の年越しの話を少し。

 まずは紅白の感想を。……ドン引きです。何がって、最後の投票が。何ですか? あれは。審査員の生のボール投票は無くなり、いくらでもデータ偽造が可能な審査が中心、訳分かりません。一瞬にして年末の雰囲気が興ざめしました。終わってます、たとえどんなに出た歌手がもっと素晴らしかったとしても、結局ダメだったでしょうね、去年の紅白は。

 そして内容はというと、良かった歌手をやった順に挙げると、「モーニング娘」、「森山良子」、あるいみ「WaT」、「グループ魂」、「一青窈」、「山崎まさよし」、「aiko」、「Def Tech」、「松任谷由美」、「ドリカム」……ですね。順に何が良かったか。モーニング娘はバブルの雰囲気がしました、何はともあれバカ騒ぎは悪くない。森山良子は使ってるギターがものすごい良い鳴りしてました、……流石オールドマーティン45。WaTはウェンツのバラエティ運を見ました、マイク倒れるなんて、あれで今年一年ネタになります。グループ魂は歌はともかく、琴欧州に絡んだのは大正解、阿部サダヲの力か。一青は普通にいい雰囲気で歌えていて、かなり落ち着きました。山崎は圧巻、あのくそ寒い中で、あれだけギブソンを鳴らせたら……やはりプロでしょう。aikoは安定していて文句ないです。Def Techが想像以上によく出来てたと思います、正直日本人側はアレですが……、白人さんがずば抜けて上手くて心地良かった。ユーミンはもう出ただけで良い、中継の割に歌もよかったし。ドリカムは最優秀な気がします、歌巧すぎです。特にはじめのベースとだけの部分は最高、響きました。

 他ははっきり言ってぐだぐだでしたね、演歌組はまぁ良いとしても。特にひどかったのは「ゴリエ」と「和田アキコ」と「スマップ」。ゴリエはなめてます。あんなんでいいなら、紅白なんてやる意味があるのでしょうか? そもそも100パー口パクでCD垂れ流しで。腐ってます、本気で。もっとひどいのは和田アキコ。……あの程度のパフォーマンスしか出来ないのだったら、紅白に対してNHKに文句を言う資格は、どう考えてもありません。まず自分がしっかり最高のパフォーマンスしてから言えよ、と。別にパフォは悪くないけど、なんかアレだったのがスマップ。仮にも大トリなのだから、「世界~」を練習する前にトリの「トライアングル」をもっと練習して来てくださいと。しまりません、あんなのじゃ。まぁ、それはスマップだから別にかまわないのですが……、結局は期待していませんし。でも紅白自体がスマップの番組みたいで、その意味でスマップに全体的に萎えました。

 最後に、みのもんたは別に気になりませんでした。NHKさんのナイスなセリフ全強制のおかげで。良くも無いけど、ジャマではありませんでしたし。うーん、すごい長くなりましたが、総じて言えばやはりあまり良く無かったです。演歌を固めすぎないとか工夫は見られましたが。まだまだ改良の余地はあると思います。

 昨日は紅白のあとはいろいろ回してテレビを見ていましたが、地方のチャンネルのマイナー歌番組に、知り合いが出ていたのでがっつり見ておきました、歌は上手かったです。路線はどうかと思うけれど。そんなこんなで喜びの唄を聞いたりして、昨日は終えました。

 さてさて、前置きの昨日の話がすっげぇ長くなりましたが、今日の本題はコチラ。画像の写真見て分かる方もいらっしゃることでしょう。森美術館で開催中の「杉本博司展」です。実はもう、僕は3回行きました。ヴィヴィアン展との都合もあるけど、恐らくあと1回は絶対みます……。でもそれだけ見ても、素晴らしい展覧会です。

 ところが、人は中に全然いません。すっごい楽に見て回れます。たぶん、知らない人が多いし、派手さもないのでみなさん見に来られないのでしょう。写真好き、良いモノ好き、良い雰囲気好きにはたまらないのですけどね……。

 まず素晴らしいのは展覧会のつくり。杉本さん自身が意見をして作ったそうですが、良いです。静かで広大で、……けれどどこか人間味がして。杉本さんの雰囲気が、そのまま形になった感じがしました。次に良かったのは作品の量。多すぎず、かといって少なすぎず。それぞれのテーマごとにしっかりした量が組まれているので、「疲れないけど物足りなくもない」という美術展の最高の状態を作れています。これまでの森美の感じだと量で圧倒してくると思いきや、そうでは無かったので感心しました。

 といっても、なにより素晴らしいのは作品です。「ジオラマ」シリーズはやっぱり面白いし、ビックリするし。「ポートレイト」は何度見てもすごいです、そもそもコレを撮ろうと思ったこと自体が。そして自分が一体化するような感覚すら覚える……「海景」。そして最も僕が好きなのが、「建築家の建築に対する脳内イメージを切り取る」ような作品の「建築」。コレは震撼します。こういうことが考えられるのか、と。何より、貿易センタービルツインタワーは別の意味でも震えました。あまりにも、今の存在と虚無と現実を表してしまっているような気がして……。しばらく見入っていました。

 他にも仏像の作品も良いです。特に映像の方。杉本さんの解説ビデオも途中であるので、それを見てから仏像映像を見ると、意味がわかります。……強さが伝わります。ただ、残念だったのは「観念の形」のところ。空間はとても工夫されていて良いのですが(全部一気に見れる特定ポイントがあったり)、作品の順番があまり必然性を感じませんでした。もっと良い順番があったはず、と思えて仕方がありません。作品自体は感ずるものがあり、ぐっとくるのですが……。

 そして「劇場」は好き好きでしょうね、やっぱり。あのコンセプトは面白いと思います。でもあまり劇場に足を運ぶことが少ないので、興味をそがれる部分はありました。もっと舞台とかを見に行くようにしよう、と思いましたね、教養としても。

 にしても、これだけの作品展なのに、見る人が少ないというのは非常に残念です。ハピネスとかの時には、森美にあきるほど人がいたのに。カラーズやアーキラボ、杉本博司展といった少々マニアックなものになると、軒並み人がいなくなるのは、どうなのかなと。……日本人はもう少し美術に興味を持ったほうがいい気がします。まぁ、コアな美術ファンからすると森美は邪道でしょうが。森美に限らず、原美とか国立ものとか良い美術館はたくさんありますからね、企画も面白いし。偉そうなこと言うほど、僕も見れてる訳じゃないんですけど、やっぱりお金かかるし……。でも常に意識はしています、それ大事じゃないですか?

 うーん、まだ「杉本博司展」を見に行ってない方、いっそヴィヴィアン展のついででも構わないので、見てみることをおススメします。ただしゆっくりと。共感できる人、いると思います、たぶん。いろいろ吸収できるはずです、写真からでも。9日までなので、是非行ってみて欲しいです。

 いやー、新年一発目の更新から、めちゃめちゃ長い文章になってしまいました……。僕の文章はどれも長いのですが、書くのが好きなのでどうしようもないですね。全部読んでくれている人がいたら、マジで嬉しいです、感謝です。でもこのスタイルは変わらないと思います。これが僕の楽なスタイル。

 それでは、今年もよろしくお願いいたします。たくさんの人に読んでいただいて、感想を持っていただけるよう、頑張りますです。ちなみにおみくじは「吉」でした。なんかリアクションしづらかった……。     circus

|

« 思い返し | トップページ | アコガレ »

「art」カテゴリの記事

「etc.」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
紅白は見ず年末は本を読んで過ごしました。
まぁ恒例のジャニーズは見ましたけどね。

今回のブログで書かれている森美術館のやつ行きたい。
チラシをイサム・ノグチ展の時にもらって来て行こうと思っていて。
ヴィヴィアン展もまだ行っていないからなぁ
てかまだやってんの??
リンクで飛んで確かめます(笑)

投稿: ミツ | 2006年1月 2日 (月) 10時58分

ジャニーズは何故かマッチだけ見てました、ちらっと。
9日まで杉本博司展はやっているので、是非行ってみてください。静かすぎて、逆に会場の機械音が耳に障りますが(僕は若干頭が痛くなりました)、それでも見る価値ありです……。

投稿: circus | 2006年1月 2日 (月) 12時54分

明けましておめでとうございまーす!!!
それにしても紅白は酷かったですね・・・。
ボクも正直驚きました。
ゴリエなんて歌ってないですから(笑

投稿: unubore03 | 2006年1月 2日 (月) 20時14分

紅白、ちょっと辛すぎる評価を言っちゃいました(笑)
毎年なんだかんだ見てるので、がんばって欲しいのですよねー。
せめて唄って欲しいです……ぐだぐだでも(笑)

投稿: circus | 2006年1月 2日 (月) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/202572

この記事へのトラックバック一覧です: あけました:

« 思い返し | トップページ | アコガレ »