« のうぜんかつら | トップページ | マティス・赤・部屋 »

2006年2月18日 (土)

モノマガとウシ君の関係性

Dsc00677 ツライ時ほど、急に人にはツライと言いづらいもので、後になればなるほど、そのツラさに気づいたりします。それは、いいことでも一緒。嬉しいときほど、嬉しいとは言いづらいもので、後に嬉しさに気づいたりします。そんなことが、最近多いです、なんとなく。

 モノマガジンの新刊が出ていて、迷わず買っておいたわけですが、うーん欲しいものはたくさん載っているけれど、正直どれも既に知っていて、もともと狙っていたものばかり。……新たな発見だとか感動がほぼ無いです。

 そんな中、今回の特集は「男の贈り物」だったのですが、その特集はまぁ良かったと思います。松浦弥太郎さんを取り上げたりするあたり、間違ってはいないなと。……ただし、若干ミーハーな雰囲気は否めませんけれど。

 松浦さんといえば、カウブックスのオーナーさん。カウブックスは中目黒のほうに、よく行きます。行くたびに何かしら、欲しい本が無造作にささっていたりするのですが、現実問題として、若干高めのプライス設定ですよね、古本としては。もちろん、中にはすごいレアだったり、状態が良かったりして高いってのもあるにはありますが……。

 全体を総じて見ると、やはり高め。まぁ別にいいんですけどね、ちょっとくらいは。古本も、出会いみたいなところもあるわけですし。売れてるんですかね、カウブックスは。どうでしょう? 僕が行くときは、見に来る人ばっかりで、あまり買う人とは出会わないのですが……。うーん。

 さて画像のウシ君はカウブックスのキャラクター。なんかね、とっても愛くるしいわけです。ちっこくて、でもずっしりした雰囲気だけはあって……。カウブックスにて、300円とかソレぐらいで確か売っていたと思いますが、是非、家での和みに一匹。うちも、そろそろもう一匹買って、つがいにしようかな。形は一緒だけど(笑)

 ところで、カウブックスの中では、コーヒーが飲めますけれど、その豆を提供しているのが、中川ワニコーヒー。なにやら、人気がありすぎて、普通には豆が手に入らないのです……でもそんなに美味しいのですかね。はっきりいって、うちはコーヒーに関してはものすごいうるさいので、中川ワニはちょっと疑っています。なんか、特集とかで見る限り、焙煎とか淹れ方とか、悪くは無いと思うのですけど……どうもね。豆をブレンドしてから焙煎してますし、ちょっと疑わしい。一度、中川さんに淹れてもらって、飲んでみたいものです、カウブックスの機械ではなく。

 話はモノマガジンに戻りまして、多分、一般受けする感じのセレクトになってきたと思います。載っているものが。サンタ・マリア・ノヴェッラの石鹸やティー、±0の上履きバッグに草月の黒松。ジョージ・ジェンセンのカトラリーにシュアーのイヤホン。そしてバカラのタンブラー(今、一番欲しいものです。バカラのシンプルなタンブラーグラス……)にスマイソンのノートなどなど……。欲しいし、良い物がセレクトできていますが、やはり面白みに欠けます。……もっとマニアックなモノを挙げてもらいたい!!

 一般受けがもちろん、売上には良いのでしょうけど……そんなのモノマガに望んでいませんし。唯一なかなか良い記事と思ったのは、パタゴニアの新しいカバンの記事。完全防水のいわば旅行用のカバンですが……欲しいです、でっかいの。その記事に書いてあった言葉が素晴らしい。「デザインは機能から生まれる」。しびれます、全くその通り。機能美はすばらしいデザインとなるのです。もちろん、機能をぶっぱなした、デザインも良いですけど。機能美は、いつの時代も受け入れられる善さがあると思います。

 最後に、何故かモノマガにヒステリックグラマーのTが載っていました。アンディー・ウォーホールのつながりって感じなのでしょうが。何気に一枚欲しいかも。価格もお手ごろですし。モノマガに載せるモノではない気もしますが。

 さて今日の更新はなんだか、支離滅裂。書きたいことは、もうちょっときちんと整理して考えていたのですけど……。というのも、余りにNHKのドラマ「氷壁」に食いつきすぎて、テンションを完全にそちらに持っていかれました……。いやー、面白いんですよ、マジで。そのせいで、ブログが全然手につかず。まぁ、そんな日だってありますやね。では。     circus

|

« のうぜんかつら | トップページ | マティス・赤・部屋 »

「book」カテゴリの記事

「zakka」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/753571

この記事へのトラックバック一覧です: モノマガとウシ君の関係性:

« のうぜんかつら | トップページ | マティス・赤・部屋 »