« オリジナルの楽しみ | トップページ | アイスチーズケーキ »

2006年2月23日 (木)

スタンダード・ビューティー

Dsc00711 今日はなんだか、懐かしい気分になりました。いろんな要素が絡まって、そうなったわけですけれど、悪くないですね、そういうのも。時間を戻して、過去に戻ることなど不可能ですが、様々な想いが浮かび上がってくるものです。……なんか、センチメンタルですね。

 今日は、久々に定番を記事に。ブログを始めて、しばらくのうちは自分の定番みたいなモノも載せていたものの、最近はどうもその路線から外れていたので、たまには……。

 僕の永遠の定番、「セントジェームス」のカットソーです。昔から、ドが付くほどに服としてはまず定番で上がってくるモノではありますが、僕にとっても定番。なんか、気がつくとこれらに手が伸びて、着ている感じ。もちろん、日常着としての役割ですけど、最高に好きです。

 セントジェームスといえば、無論ボートネックですが、これが楽なんですよね。締め付けられず、かといって緩すぎずで……。それにネックの部分から、別の色を出すことが出来るので、それもまた良し。

 似たようなボートネックものはいろんなところから出ていますが、セントジェームスは一度着たら止められません。なんとも、着心地が良くて。オーバーサイズで着ても、ジャストで着ても、はたまたちょっと小さめに着てみても、無理なく安らいで着ることが出来ます。

 画像の三枚はほんの一部。オレンジ色のやつはものすごい気に入っています。すごくキレイなオレンジで、まさにヨーロッパ。買ったばかりの頃は、それはもう鮮やかでしたが、今はもう洗いに洗っているので、若干くすんでいる感じ。……それがまたよい雰囲気。着れば着るほど、馴染みますしね。

 ボーダーはセントジェームスの定番。やはり秀逸です。カラーはすごくたくさん出ているので、誰でもお気に入りの一枚が見つかるはずです。中でも、僕はシンプルなこの細ボーダー、そして一時販売していた太ボーダーが重宝しています。鮮やかな色以外も、キレイなんですよね。

Dsc00715  今の一番のお気に入りは、このナバルというモデルの赤。ピカソが好んで着ていた「ナバル」ですが、メンズは実は紺と青のボーダーのみ。昔は赤も作っていたのですが、今はレディスしかありません。ピカソは紺を着ていましたが、僕は赤がどうしても欲しくて、レディスを買ってしまいました。……サイズが思ったよりジャストで、すんごいお気に入りです。

 七分丈の袖の具合も、とてもツボです。青とか紺も、もちろん悪く無いのですが、赤がやっぱりステキですね。レディスでも、着れりゃいいんです、着れれば。これから春に移り行く中、また活躍してくれるでしょう。

 ボートネックはちょっと……って人も、是非一度着てみて欲しいです。僕もかつてはボートネックの善さが分かりませんでしたが、着てみると印象がグッと変わりましたから。気軽にナバルからでも、いきなり厚手のモノからでも、どれでもきっと満足できるハズ。おススメはもちろん、ナバルの赤で。

 明日は多分、ギャルソンオムから品が届くと思います。更新に間に合うかは、ちと微妙なところですけれど、間に合えば、それですね。まぁ、大したもんでもなく軽いもんですが、春を感じられるモノだと思います。早く、着たいなぁ……まだ、手元には無いですけど(笑)。

|

« オリジナルの楽しみ | トップページ | アイスチーズケーキ »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/811196

この記事へのトラックバック一覧です: スタンダード・ビューティー:

« オリジナルの楽しみ | トップページ | アイスチーズケーキ »