« ドル札 | トップページ | アタリ »

2006年2月 5日 (日)

美しき色・麗しき彩

Dsc00597_1 時間がありません。更新するものについつい見入ってしまい、時間がありません(笑)。ガキの使いも見ていましたし。……うーん、七変化はハードルが最近下がっている気がしますね。あの程度なら、昔は笑わなかったはず、みんな。けれど、七変化の状況自体が面白くなってしまったので、なんでもないネライでも笑ってしまっている気がします。

 今日は、過去の美術展のカタログを。コレ、一昨年に森美術館で開催されていた、「COLORS」という、ヴィクター&ロルフを中心とした展覧会のものです。ヴィクター中心といっても、川久保さんやジュンヤさん、ヨウジにシャネル、ヴィヴィアンなど、かなり多岐にわたってドレスなどが集められていました。この展覧会はすっごく好きで、3回行きました。がっつり見ました。

 色がテーマとなっていて、黒、赤、青、黄、白など、色ごとに区分けしてドレスが飾ってありました。見ごたえはかなりあって、途中にはヴィクターのコレクション映像がでっかく流れたりもしていて、全く感嘆ものでした。

 それに準じて出たカタログがコレ。片面は真っ白、もう片面は真っ黒な表紙のカタログ。とても良いのです。正直、写真の質はそれほど良くないので、実物を見るにはまったく及びませんが、これほどいろんなドレスが一気に見れる本はなかなか無いので、大切にしています。……時々、というか結構頻繁に、見てはため息をもらしているのです。

Dsc00606  多くのドレスが載っていますが、ヴィクター、川久保さん、ジュンヤ、年代不詳のモノがかなり多いです。そのなかでも、お気に入りを何枚かご紹介。これら以外もすごく素敵なドレスばっかりですけれど。

 まずはヴィクター&ロルフのアルルカンジャケット。これ、大好きです。もう一目ぼれでした。アルルカンジャケットという名前にもかなり魅かれます。……ちなみにアルルカンというのは道化師のことです。いやー、名前の通り、サーカスみたいな雰囲気なのですが、色使いと形が絶妙。もう、着ないけど、是非欲しい。家に飾りたいくらいです。写真でも素敵なのですが、生モノはもっと素敵。これを見てからですかね、ヴィクターもやるもんだなぁと思ったのは。

 派手とかそういうことでなく、すごく調和された色合い。もう天才としか言いようがありません。うーん、画像が悪いのがもったいない……。

Dsc00609 次はジュンヤさんのドレス。これ、いわゆるプラスチックだったかと。ジュンヤマンを買うとついてくる青いアレと似たような素材。……まあ、アレよりはずいぶんとしなやかだし、良質ですけれど。合成繊維のかたまりとは思えぬ、かなり良いドレスでした。

 素晴らしきは花柄のプリント。もうね、芸術ですよ、ある意味。どうしてこんなに才能があるのに、メンズで発揮しないのかと(笑)。

 ジュンヤさんのはコレ以外にも、青いプラのものやデニムもの、柄物など、どれも素晴らしくて、感激したもんです。……やっぱり才能が溢れてるんだなと。

 この展覧会に集まっていたもので、ジュンヤさんのものはまったく悪いものがありませんでした。どれも秀逸。何度も言いますが、メンズで実力発揮しろよと。

Dsc00611 そして3つ目がそう川久保さんで。ギャルソンは時に和柄がデデーンときたりしますが、コレはその頂点。素晴らしい出来でした。

 どうやら84年のモノらしいですけれど、当時の人がギャルソンに食いつくわけが分かります。だって、良いもん、素直に。こんなの今出ても買いますって。それを20年前に作っちゃったわけですから……はは、脱帽。

 もちろん、川久保さんのドレスもたくさん出ていて、どれも良いです。ジュンヤさんとは全く異なる感激。僕が知りえない頃の作品も多かったので。

 その中でも、これは生で見たときに惚れました。こんなの、反則だよってくらいに。それぐらい、美しい出来だったのです。……ただ、あまり人が止まっていなかったので、そう思ったのは僕だけなのかもしれませんが。

 他にもプッチだのバレンシアガだの、ディオールだのガリアーノだの、本当に多くのドレスが載っています。マジで最高、バイブルですもはや。これ、見始めたらしばらく止まりません。……だから更新がギリになってるわけで。

 展覧会自体はあまり人がいなくて、ゆっくり見れたことを覚えています。すごく良い展覧会だったのに、もったいないですよね……。好きな僕の方からしてみれば、悠々歩けたので、嬉しかったですが。

 このカタログ、実はまだ森美術館で買えるので、是非中を見てみてください。そして買っちゃってください。損はないです、きっと。ネットでも買えますが、実物を除いてからの方が良いと思います。……なんとなく。

 今日はこれくらいで。明日はプラプラとするかもしれないし、しないかもしれません。ただ、最近モノを買っていないので(一週間くらい?)、何か買ってしまうやも。そういえば、ドッキングのポロがものごっつ好みだったんですよねぇ……。     circus

|

« ドル札 | トップページ | アタリ »

「art」カテゴリの記事

「fashion」カテゴリの記事

コメント

僕も行きましたよ~!自分は京都のほうです。
以前BLOGにも書いたのですが、初日に行ってヴィクター&ロルフのお二人のトークショーにも参加しました。
ドレスも溜息つきまくりで圧巻。
図録ももちろん買いました。このボリュームでお値段安いですよね。
本当に凄く良い展覧会でした。
遠くて一回しか行けなかったのが、残念でした。

投稿: クロノア | 2006年2月 8日 (水) 01時25分

トークショーですか、やはり羨ましい……。
ドレスはもうずっと見てても、飽きませんでした。
3回いきましたけれど、周りには行き過ぎだとつっこまれました(笑)
またこんな展覧会やってほしいですね、幅広く、奥深く。

投稿: circus | 2006年2月 8日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/626184

この記事へのトラックバック一覧です: 美しき色・麗しき彩:

« ドル札 | トップページ | アタリ »