« 青の衝撃 | トップページ | スタンダード・ビューティー »

2006年2月22日 (水)

オリジナルの楽しみ

Photo_8 理想像があります。誰にでもそれなりにはあると思いますが、なかなかソレになるには難しかったりします。ここんとこ、できるだけ意識をしながら生活したいとは、ちょっとずつしているのですけど、やはりなかなか上手くなれません。無理して、自分を作ろうとしているのでは無いですけど、……ちょっとずつ変わっていけたら嬉しいですよね。

 さて、今日はちょいと変わった趣向の美術展を。砂浜美術館のTシャツ展。「今、地球にとって大切なことを伝えていく作品」をモットーに、砂浜を空間として、面白い活動をしているのですが……、Tシャツ展の試みはやっぱり面白いなと。

 オリジナルのデザインを一般募集し、それを元に作ったTシャツを、ひらひらと砂浜に掲げる。うーん、いいですね。ぜひとも、僕も応募したいです。とはいえ、僕は画力もないし、PCで器用なことも出来はしないので、よもや出来ませんけど。

 過去の作品を見る限りでは、それほどデザインチックなものじゃなくて、むしろ、いわゆる夏休みの宿題的な感覚。もちろん、考えてデザインされているものも多そうですが、気軽に、面白く作っている感じが強いですね。できれば、そんな中に、グッとくる強いデザインを飾ってみたいです……。

 一点ごとに3500円の参加費が必要にはなりますけれど、飾った後の磯の香りのついたTシャツを、送ってくれるそうなので、悪くないかなぁと思います。もちろん、そのあとに着れるかどうかは別問題として、オリジナルのTを一枚単位ですってもらえるのですから、そういう意味でも記念的に面白い。……個人でやると、少ないロットでは高くつきますし、なにより色々面倒ですから。

 高校の頃とかは、ちょっと機会あってオリジナルのTを作ることとかもありましたが、それはやはり失敗がつきもの。そういう手続きとかやったことないし、色合いも想像と違ったり、何よりTシャツそのものの地が微妙だったり。そんなこんなで。デザイン自体は良かったのですけどね……自分で作ったマークとか。つっても、よくある感じにはなっちゃってましたけど。

 自分で服を作ることには、やはり憧れがあります。ジャケとか、そういうのはともかくとして、ブラウスやTなどは、どうにかして思い通りのモノを作ってみたいよなぁ……なんて。だから、色々イメージはあるんですよね、常に。柄とか、手法とかは。いずれ、チャンスあらば、そういう方向も手を出してみたいですね。

 ということで、このTシャツ展。気が向いた方は出してみてはいかがでしょう。ま、わざわざ高知まで見に行くことは難しいでしょうけど。うまくいけば、賞金ももらえるかもしれませんしね。いやー、こういう試み、マジで好きですわ。

 ではこのくらいで。あー、最近クリエイティブなことを何もしていません。何か、やらないと。想像、創造している時って、ものすごく気持ちが充実するので……。書くか、創るか、どうにか。     circus

|

« 青の衝撃 | トップページ | スタンダード・ビューティー »

「art」カテゴリの記事

「fashion」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/800114

この記事へのトラックバック一覧です: オリジナルの楽しみ:

« 青の衝撃 | トップページ | スタンダード・ビューティー »