« 味覚の成長 | トップページ | ウォーターベース »

2006年3月 9日 (木)

アジアンテイスト120%

Dsc00786 傷つけることと傷つけられること。どちらが苦しいかと問われれば、傷つけてしまう方で、どちらが楽かと問われれば、傷つけられる方です。そんなことは、もしかしたら詭弁かもしれません、でも、僕はそんな気がします。けれど、楽なほうを選択してばかりも、おかしい、フェアじゃない。システマティックでもない。ましてや、シックなんてことは絶対に無い。……だから、あえて傷つける優しさや、傷ついてあげない意志が大切だと思うのです。対象が、誰であろうとも。……とても難しいし、酷だし、厳しいし、理解されにくいことですけれど。

 さて、今日のモノは半袖ブラウス。はっきり言って、派手です。アジアンです。兄が近々海外に行くみたいですが、コレはこの前のときのお土産物。けれど、あなどるべからず。何気に別注です、というかハンドメイドの仕立てというか。

 生地はハデハデなシルク。光沢がとてもキレイですが、僕的には、あえて洗いを少しかけてあげて、ちょいとあせ気味でヨレ気味に着たいところ。もちろん、パリッとした状態も、悪くはないですけど。せっかくアジアンなので、着方も思いっきり東南アジア的にしてやろうかな、と。

 コレ、カンボジア製です。カンボジアのいわゆるちょいと高級な仕立て屋で、作ってもらったもの。もちろん、アジアなので、物価自体が安いため、そのまま日本円にするとものすごいお手ごろなわけですが、その国にしてみれば、かなり高級です。生地を選び、パターンを決め―本来は測ってくれるそうですが、お土産のため、僕のはあるブラウスの型―、製作ということで。

 シルクということで、とても軽くて着やすいし、肌触りが良いです。今年の初夏あたりには、ガンガン着ると思います。……すっごい色味なので、勇気は要りますが。でも、もともとそういう具合は好きなので、気にしませんからね。

 ハンドメイドてそこでは高級と言えども、やhりパリの仕立て屋とかではないので、細部は結構粗いです。縫いが微妙にうねっていたり……でもそれがまたアジアテイストを抜群に引き立てます。いい意味でのラフさというか。時に、品のあるブランドでは出せない善さってのもありますよね。経年変化も楽しみ。

 ちなみに型にしたブラウスは、昨年春夏のラルフローレンの、明るい色味のこれまた優れたパッチワークブラウス。コレ、めちゃくちゃ出来が素晴らしかったですよね。それを基に製作。なんで、ボタンダウンでちょいと袖が太めです。そのおかげか、ちょっとおぼっちゃまっぽい仕上がりです。好み。

 とにかく半袖ブラウスはチェックが大好きなので、もう最高ですね。結局今期でも半袖ブラウスはそれなりに買うと思いますが……これは中心にしたいです。つーか、去年買ったブラウスも着なくちゃ……去年はほとんど着なかったから。もったいないのは良くないですから。

 それでは更新ということで。そろそろ世界は春めいてきたので、ちょっとずつ衣替えしていきたいところです。寒い日もありますが、昼はなかなか薄くても過ごせますし。今年の春夏は、多分ピンクが多いですね、僕。去年はピンクが世間で馬鹿みたいに流行りましたが……僕はむしろ今年です。春のテーマはピンク、グレー、ブルー。僕のお気に入りの色ばかりですわ(笑)。     circus

|

« 味覚の成長 | トップページ | ウォーターベース »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

どーも、こんばんは。週末に現金を紙くずに変えてる者です。
よっ、元気??
つ~か何よ、この優しいエッセイ。ちょっぱやで癒されました。素晴らしい。
 最近久しく雑誌を買わなくなったんだけど、たまにメガ書店行くと棚から抜けねーくらい本がぶっささってて、うろたえさせていただいてました。だから、世間的なことにかなり疎いんだけど、改めてここで勉強させていただいていただきます。
 いやー、しかし、ブログいいね。ものすげー触発されたよ。そのうちやってみたいですな。
 ってことで、最後に一言だけ言わせてもらっていいですか?冒頭のテーマについて。俺は、賛同するぞ。他人を傷つけないような振舞いって、自分を傷つけないように行動しているように映るけど、本当の優しさには自分の保身が含まれていたら絶対おかしいわな。優しさってものが相手のために施す行為であるなら、ほとんどの場合が厳しくなって当然だと思うし。
よしっ。そろそろ引っ込むわ。

投稿: 森善朗 | 2006年3月10日 (金) 02時35分

傷つける方が苦しいってのは、そこで自分も傷ついてるんだとも思う。
森善朗さんが言うようにほとんどの場合厳しくなって
逆に傷つけてしまうのがやさしさだからこそ
人にやさしくしにくかったりするんだけど
やっぱそこで思いとどまるのは、自分が傷つきたくない
傷つけたことによって、その仲が壊れるのが怖かったりと
結局、相手より自分を思ってしまうんだなぁ・・・
だから僕も「あえて傷つける優しさや、傷ついてあげない意志」
は大切なんだと思うよ。

投稿: h_4zoo | 2006年3月10日 (金) 13時15分

>森善朗さん
紙くずって(笑)、一発でわかりました。どうもです。
いえいえ、大したブログじゃありません。軽い気持ちで見てやってください。
やさしさって難しいですよね。ただ甘ければいいってもんじゃ無いですから。まだまだ、僕も修行中です。

投稿: circus | 2006年3月11日 (土) 00時05分

>h_4zooさん
自分を大切にするってのは勿論、それはそれで重要で、強くあるべきだと思うのです。
ただ、それと同じくらい、周りを大切にしたい。そういうことですよね。
いつか、自然とそうできるようになりたいです、無意識に。
だから今は、とりあえず意識して、生活。そんな日々も、なんだか楽しいものです。

投稿: circus | 2006年3月11日 (土) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/976597

この記事へのトラックバック一覧です: アジアンテイスト120%:

« 味覚の成長 | トップページ | ウォーターベース »