« 思い出と挑戦 | トップページ | リラックス »

2006年3月 5日 (日)

王様の威厳

Dsc00774 野球が韓国に逆転負けということで、なんだかなぁ……と。まぁね、イチローだけ頑張ってもね、無理ってことですよ。つーかメンツがね、まだまだな気がしますよ。松井どうこうはしょうがないとして、もうちょいね。……とはいえ、元木のいない今、日本野球には燃えられません。新たな僕好みの選手が早く現れて欲しい……阿部は好きですが。

 本日の更新は永遠の定番、榮太樓アメ。正式名称は榮太樓の有平糖・梅ぼ志飴ですが、僕の中では通称、榮太樓アメ。これねー、アメの王様ですよ、ホントに。現代では、ものすごい種類のアメが出ていますけれど―フルーツだのキャラメルだの―僕はコレに勝るアメに出会ったことはありません。

 初めて食べたのはいつだったか、ものすごい小さい頃だったので覚えていませんが、いつのまにかコレが大好きでした。素朴な甘さに、クドくない後味、そして程よい大きさ。どこをとっても、美味しい。完璧な出来なわけです。

 手っ取り早く言ってしまえば、昔なつかしのべっ甲飴って感じですが、なんでしょう……コレはすっごく上品なんです。コンビニとかで、こんな値段で買えるとは思えないほどに。この味、嫌いな人はいないんじゃないでしょうか。

 榮太樓アメにも、抹茶や黒糖などなどあるようですが、断然この赤い缶がいいでしょう。見た目も好きですしね。潔くて、飴って感じが凄くしますから。抹茶は緑、黒糖は黄色だったりしますけれど……赤でしょやっぱり。めちゃくちゃ僕が赤色びいきなだけかもしれませんが(笑)

 コレ、食べたこと無い方がもしいらしたら、絶対食してみて欲しいです。気軽に買えるので、だまされたと思って、一回ね。僕が、この飴が王様といっているのが分かると思います。威厳すら感じてしまいますからね。ところで、中身に黄色と赤色の飴玉が入っていますが―玉といっても三角錐型です―、味は一緒です。パッと見、そして名前を考えると、赤が梅干っぽくすっぱいんじゃ無いのか…なんて思いますが、しっかりべっ甲(笑)

 それではこれにて。パリコレにて、来期のレディスのギャルソンやジュンヤが出ましたが、ちょっとだけ見ました。数少なくしか見ていないので、ギャルソンは方向はわかりづらいですが、悪くないかなと。ジュンヤはちょっと……一瞬アンダーカバーに見えました。まぁ、モノをちゃんと見ればジュンヤ丸出しなんですけど。ヨウジもそういえばとっくに見ましたが、ヨウジは相変わらず秀逸。もう、惚れ惚れです。値段も惚れ惚れする感じでしょうがね。     circus

|

« 思い出と挑戦 | トップページ | リラックス »

「food」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/928895

この記事へのトラックバック一覧です: 王様の威厳:

« 思い出と挑戦 | トップページ | リラックス »