« ブラックブラック | トップページ | 気ままな日々―DIGAWEL編 »

2006年3月26日 (日)

甘みの赤

Dsc00875 めっきり春めいてきて、昼ならばTシャツの上に、ジャージだのスウェットだの、ジャケットだのブルゾンだの、あわよくばブラウスでも過ごせますね。僕の、一番好きな季節です。ところで、モノマガジン曰く、ここのところスウェットが風前の灯みたいな感じだとか。一時の古着ブームとは打って変わり、今となっては全く売れていないそうです。チャンピオンのオールドリバースウィーブは素晴らしいのですけどねぇ……僕は何気にスウェット好きです。セントジェームスも言うなればスウェットですし。ま、元はポロシャツやらジャージやら、ラガーシャツとかと同じ、運動着なので、野暮ったく、ゆるく見えてしまうのでしょうね……仕方ないです。でも、スウェットの良さって、ありますよね、すっごく。

 さて今日は、昨日バイトの子から頂いた、ありがたいモノ。長野の小池さんの、手造りトマトケチャップです。どうやら、どっちの料理ショーで紹介されたことがあるそうで―僕も見たはずですが、忘れていました―とても美味しいとのこと。それを聞いて、ダダをこねたわけですね(笑)、食べたいと。そしたら、くれました。なんとも潔く、嬉しいです。

 んで、おススメとしてオムレツと共に食すことになったのですが……いや、美味しいですよ、ホントに。トマトの甘みが効いていて、オムレツと食べると、上質な「トマトと卵の炒め」を食べた雰囲気がします。けれど、オムレツなので口当たりが良く、すっきり。良いですね、濃厚なケチャップです。すごく、まともです。

 もはや、ケチャップというよりは、良質な香辛料と共にトマトを煮込んだ、「トマトディップ」という感じ。コレ、厚めのポテチやら、オニオンリングにも合いそうですね。個人的に次に楽しみたいのは、シンプルピザ風。パンの上にこのケチャップを敷いて、アンチョビ、チーズをのせて焼く……絶対旨いです。アンチョビが辛くて、ケチャップの味を消しそうだったら、ノーマルにルッコラとかでも良いですね。確実に、旨いです。

 僕はトマトを生で食べるのは、もぎたて冷やしたてとかで無い限り、あまり好きではありません。けれど、ケチャップ、ソース、スープなど加工されると、とたんに大好きになります。ところで、フレッシュネスバーガーとかで、ハインツのトマトケチャップをポテトにつけたりするのが、たまらなく好きです。あのアメリカンな雰囲気。良くも悪くも、がっつりケチャップというか。家でも、それは日常のケチャップとして、イケますよね。僕は、カゴメのあのオーソドックスなトマトケチャップがどうにも苦手です。なんだか、酸味ばかり目立つので。

 この手造りケチャップは、ちょいとよそ行きな気分。まともなケチャップをしっかり食べたい、そんな時に最適ですね。今まで食べた中で、最もそんな気にさせるケチャップです。

Photo_12   さて、ケチャップと言えば、負けじとおススメのソースがあります。量産の市販モノですが。カゴメのサルサソース。具もかなり入っていて、味も抜群。カゴメのケチャップは好きでないクセに、サルサソースはラブです。結構なんにでも合うので、お試しアレ。

 それほど価格も高くありませんし、サルサソースって家で作るのは若干面倒ですしね。コレは頑張ってくれます(笑)

 んでは美味しいケチャップを頂いたのは、ここでもう一度感謝を告げるとして、ありがとうございました。そんな具合で、更新は終焉に入ろうと思います。

 明日は、なんとなくふらつきたい気分です。つーか、暇があれば基本的にふらついているわけですが……。何処に行こうかな、と。青山、代官山、恵比寿、近場で新宿、池袋、神保町もいいし、それよりもっと近所でブラブラもいいかなぁ。ま、適当に決めます。     circus

 

 

|

« ブラックブラック | トップページ | 気ままな日々―DIGAWEL編 »

「food」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/1178363

この記事へのトラックバック一覧です: 甘みの赤:

« ブラックブラック | トップページ | 気ままな日々―DIGAWEL編 »