« 気ままな日々―A&S・サンタマリア・ノヴェッラ編 | トップページ | パリパリピリピリ »

2006年3月30日 (木)

収集的玩具

Dsc00904 寒くなったりしても、陽射しは完全に春となりました。僕はこの陽射しが大好きなのです。何か憂鬱なことを感じたり、思ったりしていても、時に傷ついていたり、落ち込んでいたとしても、……総てを陽射しが振り払ってくれます。そんな、力強さと、おおらかさ、そして暖かさが春の陽射しにはあります。

 そんな本日のモノは、玩具中の玩具のトミカ。鎌倉のお土産です。江ノ電のボンネットバスをちっちゃくしたもの。

 それにしても、よく出来ています。走らせたときの動きが、特に素晴らしい。マニア的な視点でいくと、走らせたりなんてしないで、キレイな状態を保つのでしょうが、やはり僕は走らせたい。そうは言えども、別にそれほど希少ってわけではないので、構わないのですけれどね(笑)。

 トミーはどう考えても、この手を作らせたらトップに思います。いわゆる、小さくしたおもちゃみたいなのですね。最近では、付属的な玩具、飾り物は海洋堂の天下って雰囲気ですが、トミカは忘れちゃいけません。なんというか、昭和の香りが漂う。ま、海洋堂も相当好きではありますが、ここんとこちょっと安易にモノを作りすぎですよね、片っ端からというか。

 こういうモノって、いくつになっても収集したい願望はあるのですが、いかんせん出来ません。一度始めてしまうと、多くを犠牲にしてでも集めたくなってしまいますし、キリがなくなってきてしまうので……。なんせ年代モノを漁っていくと、わんさか欲しいのが出てきてしまうはずです。

 そういう感じって沢山ありますね。収集的玩具。Nゲージの鉄道模型とか、GIジョーを始めとした軍モノフィギュアとか、トイカメラとか。どれも実際に動かしたり、実用して楽しめて、眺めていても面白い。けれど、結局集めていくと莫大な金額になってしまうんですね。……いずれは、どうにかしたいのですけれど。

 トミカはそう考えると、まだ価格的にはマシなのかもしれません。少なくとも現行モノはお手ごろですし、昔のモノでも、よっぽどでない限り買える価格でしょうから。

 んでは本日これにて。明日はどうブラブラしようか、思案中。行きたいところは山ほどです。何かを買うとか、買わないとかは別として。ラルフの表参道店は、もうそろそろオープンですかね? ハニカムではレセプションがブログでよく載ってますが……。どうせ最初のうちは混みすぎで、まともに見られないでしょうから、行かないだろうけど。     circus

|

« 気ままな日々―A&S・サンタマリア・ノヴェッラ編 | トップページ | パリパリピリピリ »

「zakka」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/1222856

この記事へのトラックバック一覧です: 収集的玩具:

« 気ままな日々―A&S・サンタマリア・ノヴェッラ編 | トップページ | パリパリピリピリ »