« 300万への羨望 | トップページ | ゴルファー »

2006年3月21日 (火)

アンチテーゼ

Dsc00844 WBC優勝、めでたいですね。ひとえにイチローのおかげと言っていいと思います。彼が総ての大会でしたね、気持ちも技術も。もちろん、他の選手もとても頑張ったからこそ、勝てたのには違いありませんが。キューバは強かったですね、やはり。……正直、先発投手の立ち上がりの調子がもう少し良かったなら、日本は負けていたでしょう。運が良かったです。今日は結構大切な用事があったにも関わらず、それを蹴って、WBCを見てしまいました、バカです、僕(笑)。

 WBCの後、プラプラと森美へ。東京-ベルリン展がまだやっていますが、目的はそれでなく、チェ・ウラム。森美では若手アーティストの応援として、スペースを割いて展示をさせることがあります。場所は様々ですが。

 今回はサイバーで無機質な架空の生き物を創る、韓国のチェ・ウラム。なんだか森美がアジア好きな気がします、どうしても。中国やらそういう特集が多いですし。まぁ、森さんの息子自身が、現代美術アーティストで、アジアチックな感じですから、仕方ないですけれど。

 では、感想。スペース、小さすぎです。展示、少なすぎです。東京-ベルリン展の途中にスペースが出来ていましたが……狭い。展示されているモノも6つくらいと、どうにもうだつが上がりません。これでは、いくら架空の生き物を巧く作り上げても、世界観が成り立っていませんでした、残念。

 というのも、生き物のモノ自体は悪くないからです。とても考えて作られているのが分かりましたし、無機質な雰囲気もマッチしていました。画像のホタル的なモノもありましたが、良かったのはもっと他のモノ。一番は、青っぽい光の容器にはまっていたやつ。名前とか、設定とか忘れてしまいましたが……良かったです。

 いずれ、もう少し大きい単位でやらせてあげれば、なかなかの展覧会が出来そうですね。電気代やらなんやらが、無駄に多くかかりそうですけれど(笑)。

 ただし、まだまだ芸術には遠いかな、とも思います。作品としては良質ですし、新たな世界観を創り上げられればそれはそれで、今のモノでも悪くは無いのです。でも、芸術というには、もう一息かな……と。無機質な雰囲気はステキです、確かに。けれど、それだけではただ無機質なのが伝わるだけで、その奥にある高度機械的現代社会に対するアンチテーゼや、生命の在り方におけるアイロニーなどが―もちろん、僕がそう考えたように、作者がそのように考えて、捉えて創っているかは定かではないですが―あまり伝わらないような気がしました。オーラとして、思想や感情、声といったものが流れ込んでこないのです。それは優秀な作品、工芸ではあれど、美術的な意味での芸術ではないのではないか……そう感じました。

 チェ・ウラムには、有機物を巧く取り入れていってもらいたいと思いましたね、かすかな有機質を入れることで、表現の深みが増すと思うので。とはいえ、あの少ない展示でどうにかしようって方が、無理難題ですが。それにしても、やはり休日の森美は行くもんじゃありません。ヒドイです。真剣に見ているのに、聞こえてくる何やら謎の会話……家で話せよ、と。休憩のスペースには、どれくらいここにいるんだろう?と思うほどに、リラックスしまくりの方。どうにかしてください、森さん。

 東京-ベルリン展ももう一度見たわけですが、今回またしても良くうつったのは、フランツ・アッカーマン。刺激を受けますね、とても。

 今日は、コムコムのチェッカージャケをおろしました。下には予定通り、赤系のタイトなロンT―寒いので、その下にタンクも着ましたが―で。いやー、良いですホント。それほど奇抜って感じでも無かったですしね、着ると。まぁ、チラっと明らかに服を見られたりってのはありますが、そんなのどうでも良い話ですし。ボトムは黒のシンプルなパンツ、そして白リップスリッポン。派手ですけどね、そりゃある程度は。一応、過度な反応をされたのは、結構年のいったおばあちゃんと、ちっちゃい子どもに凝視されたことくらいですか……。でも、着れて良かった、気分良いですお気に入りは。なんだかんだで、活躍してくれそうです。次はデニムでいこうかな、と思案中です。アンダーはポロシャツで……どうだろ。

 それではこれまで。かもめ食堂、人気なようです。まだ立ち見が出たりするそうで……スゴイですね。ほのぼのしたい方、悩みすぎる方は、ふと見に行くといいかななんて思います。では。     circus

|

« 300万への羨望 | トップページ | ゴルファー »

「art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/1115810

この記事へのトラックバック一覧です: アンチテーゼ:

« 300万への羨望 | トップページ | ゴルファー »