« 懐かしの科学 | トップページ | 影響・中世・ドーバー »

2006年4月20日 (木)

落ち着く味

Dsc01015 イケア船橋がオープンするのが23日と思い込んでいたら、どうやら24日だったみたいです。初日は行けないけれど、早く見たいですよね。楽しみ。

 本日は僕のささやかな楽しみ、こんぶ茶。いえね、コーヒーとか紅茶とか煎茶とか、ミルクとか好きな飲み物はたんまりあるんですけれど、夜にボーっとしながらこのこんぶ茶をすするのが、最高に気分良いのです、実は。玉露園のこんぶ茶、梅入り。

 大して特別なモノでもないし、高級でもないし、庶民的な感じなんですが……好きなんですよね、どうにも。手軽に飲めるってことも大きいですが、なんでしょ、いい意味でチープなすすりやすい味っていうか。気取らずにずずっといけるんですね、コイツは。

 梅入りでないのも、確かあるはずですが、断然梅入りが好みです。……まぁ、アレですよ。自分でこんぶを2センチ角くらいにして、熱いお茶をそそいで、小ぶりな梅を入れても美味しいは美味しいのですが、それだと肩がはっちゃう。人に作ってもらうのならまだしも、自分でそれをやるってのは、こんぶ茶に望んでいない性質のことなんで。

 そしてこのこんぶ茶は便利なんですよねぇ。もの凄い上質な油がのって、身に味がある焼き鮭があるとしますよね、それを白米にホグして乗っけるわけです。んで、この茶をパラパラふって、お湯をドバッとかけるんですわ。……もう、それだけで最高に美味しいのです。こんぶ茶がいい出汁と香り、鮭が程よく油を出してくれて、素晴らしいお茶漬けなんですね。

 他にもお粥の出汁として使ってもすっごく美味しいし……つまり、ちょっとこんぶの出汁感が欲しいときや、味のアクセントが欲しいときに、コイツを使ってやるのです。それだけで、相当良い味になります、ホント。だから、うちでは結構なペースで消費します。

 キム兄が、時々塩こんぶを味付けに使って、べた褒めされたりしているわけですが、そのイメージに近いですね。もちろん、やりすぎは禁物ですが、こんぶは多くの場合味を助けてくれますから。そういいつつ、出汁としてはカツオ系多めのほうがもっと好きだったりもするんですが(笑)。味噌汁とかはね。でも、こんぶは欠かせません。

 近頃の若い人は、出汁の味とかの、いわゆる日本人特有の旨みという味を、あまり分からないそうです。出汁を飲んでも、無味に感じるそうで……。その代わりに油系の味にはやたらと敏感で、ちょっと油が入っただけで、いろんなモノが美味しく感じるそうです。……いや、油がダメなわけじゃもちろん、無いです。僕も好きだし。けれど、出汁の味が分からないのは、残念ですよね。勿体無い。そう思いません? うーん。

 こんなジャンキーな雰囲気もしなくもないモノを飲んでおいてなんですけれどね……でも、このこんぶ茶は案外いい味なんですから、マジで。飲んだこと無い人、是非お試しを。高いもんじゃないので。

 それではこれにて。あー、新しいデニムが欲しいです。つーか、DENIMEの東京モデルが欲しいです。色々と好みなので。ジョーマッコイ、昔のが復活してくれないかなぁ……無理か。今、手元には色が落ちているデニムしかないんで、困りものです。でも伝統的なチノパンも欲しいし。今度また、ラルフを覗きにいかなきゃ。やっぱチノパンといえばまず、ですよね。ホントはマルジェラのが買えればベストなんですが、そうはいきませんし。学生って、総てが思うようには買えませんよね、やっぱり。     circus

|

« 懐かしの科学 | トップページ | 影響・中世・ドーバー »

「food」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/1482055

この記事へのトラックバック一覧です: 落ち着く味:

« 懐かしの科学 | トップページ | 影響・中世・ドーバー »