« 疲労と浪費の日々―アンティーク・蚤の市編 | トップページ | アナデジショック »

2006年4月17日 (月)

疲労と浪費の日々―ネイキドバンチ編

Dsc01006 ギャルソンオムに立ち寄りましたが、Tシャツがものごっつ好みです。月面の着陸地点プリントと、地球とロケット軌道のプリント。どちらも欲しいです。でも、今月は無理。来月になったら、取り寄せてもらおうかな、と。ジャケもどれもなかなかに好き。結局僕はオムが一番好きです、いつも。自分の気質に合っているんでしょうね。……ところで、昨日話に出した時計ですが、買ってしまいました。紹介は明日か明後日にでも。キてますから、かなり。

 本日は素晴らしきビニール傘。イラストレーターのエドツワキさんのブランド、nakEd bunch―以下、ネイキドバンチ―のもの。いやー、ホントに欲しかった黒の柄は売り切れていたので、泣く泣く柄色違いのコチラをとりあえず買っときましたが……良いです。なんたって、柄が。ビニール傘がとても楽しく感じます。

 ネイキドバンチのビニール傘といえば、YUKIさんがなんだったかのプロモビデオの中で、まさに欲しかった黒を使っていましたが、とにかく素晴らしいです。傘って、もの凄く紳士だったりするのもカッコいいので、いずれ英国トラッドな傘は買いますが、気軽な傘として最高です。梅雨のうだつの上がらない時期も、これで楽しめるでしょう。

 あくまでビニールなんで、台風のときとかはもちろん使えませんが、それ以外のときはコレでいきます。目立ちますがね……。

Dsc01008 僕が買ったシルバーの柄は、黒より少なめなのでちょっと寂しいですが、柄自体はいいです。その中心がコチラ。植木鉢から木が生えて、てっぺんにドクロがなっています。最高にかわいいです。

 そして脇には、ネイキドバンチの定番メッセージ「aisiteru」が施されています。うーん、ラブリー。このカッコよさと可愛さのスレスレ感が、なんとも言えないですね。他の人には出せない柄。

 エドツワキさんのイラストは結構好きです。基本ラブリーな雰囲気がありながら、強さがるので。同時に、すごくファンタジックですしね。申し分ありません。

Dsc01009 案外、気に入ってしまったのが、持ち手。クリアとホワイトのグラデーション。僕ね、なんでビニール傘ってこんなに持ち手がひどいのさ、と思っていたので、この心遣いは響きました。

 ちなみに、こちらの柄はゴールドもあります。女方はそちらがおススメです。もう一つの柄は、ホワイトとブラック、ブラウンだったかな……どれも売り切れていましたが。またそのうち入荷するそうなので、代官山に行く際は、毎回立ち寄って確認しかありませんね。出会いです、目指すは。

 ところで、ネイキドバンチは当然服が主です。それも良かった。くまの柄のジャケットはかなりそそられましたし、タレというグラフィックのパンツも悪くありません。中でも良かったのは、Tシャツ。……エドさんのイラストが入っているのもいいですが、無地のコットンとレーヨンの混紡のやつが最高でした。肌触りはテロテロで柔らかいし、デザインとしてはバックに切り替えしが入り、前よりも後ろが長くなっていて、かつちょっと立体的に。あんま、伝わらんな、こりゃ。でもとにかく良かった、カラーはホワイト、ブラック、ベージュ。買おうか迷いましたが、「無地ってあんま着ないな、しかもブラックは」と思い直し、スルー。今でも、まだ欲しいですけれどね。

 ネイキドバンチは取り扱い自体があまり多くないので、メンズのアイテム数は基本的に少ないです。どれもなかなかに小ロットの生産。なんで、欲しいとき、あるときに買わないと、すぐ売り切れ。気になる方は、行ってみてくださいね、駅から近いし。

 エドツワキさん、いいですね。雑誌『コヨーテ』でもオリジナルのプリントTを作ってくれています。それは近々買う予定。……秀逸の出来です。まさか、雑誌のためのTシャツとは思えないほど。やっぱ、白かな、買うのは。両方ってのも、いいかな。

 それではこれにて。いやー、アーツの鍵ネックレスがだんだん馴染んできました。徐々に一部になってきています、あと一息。今月末には、全く意識せずぶら下げていることでしょう。買ってよかったです。最近は、なかなかに当たりモノが多い気がします、あくまで僕の中では。     circus

|

« 疲労と浪費の日々―アンティーク・蚤の市編 | トップページ | アナデジショック »

「zakka」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/1444908

この記事へのトラックバック一覧です: 疲労と浪費の日々―ネイキドバンチ編:

« 疲労と浪費の日々―アンティーク・蚤の市編 | トップページ | アナデジショック »