« 黄上の緑 | トップページ | 2006年春・雨中の旅―DIGAWEL編① »

2006年5月18日 (木)

2006年春・雨中の旅―アウトライン編

Dsc01142 今日は前置き抜きで、本題です。

 雨の中、祐天寺~池袋までの一連の旅。しかもほぼ歩きの旅。そこでの人とのふれあいも、モノとの出会いもいろいろありまして、モノをアップしていきたいのは山々ですが、今日は全体的なアウトラインの話。それで、手に入れた最高のモノ達は明日から小出しに、紹介しようと思います。

 雨がまだまだ降り続いていた中、真っ先に向かうは祐天寺。まずそこでお昼ご飯を食べようと目論むも、なんと目的の店がお休み……完全に出鼻をくじかれました。なんか幸先が悪いなぁ、と思いつつも気分を新たに、向かうはDIGAWELさんへ。

 時間的にまだ開きたてだったようですが、無事に入店。いやーなんと、店長さんが僕を覚えてくれていました。なんとも嬉しい、ありがとうございます、ホントに。んで、ブログうんぬんのことを話したり、いろんなお話を聞かせてもらいました。ちゃくちゃくとモノは物色しながらも(笑)。……買ったモノは後日紹介ですが、良かったのがオリジナルのリバースウィーブ、ピンク色。チャンピオンの古着のようなもっさり感がなく、サラッと着れる半袖スウェットといった雰囲気。あれは買いです、次の標的が定まりました。

 他にも、今月末あたりにジップ付きカットソーとか、品薄状態だったブラウスとかも入るそうなので、期待大ですね。そして驚きがABウッドワーキングのシェイカーボックスがなんとDIGAWELにも売っていました。ここの団体はなかなか卸してくれるところが絞られるので、凄いなぁとひたすら感心。それに関してもここでは語れないくらい、いろいろ話しました。値段もアーツより少し低めの設定で、流石です。……他にもいろいろ語るポイントはあるのですが、それはモノ紹介の時にでも。何よりも、相変わらずの素晴らしい接客に、心地が良かったです。

 気分良くDIGAWELを後にし、一路中目黒へ。カウブックスでは惹かれた本があったのですが、価格との見合いがどうにも納得できず、結局買わず。ジェネラルリサーチのTが気になっていたので、見たかったのですが、もろもろのタイミングが悪くお休みの最中でした、残念。そして何店か古着屋やトールフリーなど見たのですが、ネライの出会いは無く……。

 待ってましたのお昼ご飯は、なんだかんだで僕の定番、トムズサンドウィッチへ。今日のBLTはやばかったです、最高の出来。ベーコンの焼き具合が絶妙、油が口の中で躍りました。昼過ぎの時間帯で空いていたので、僕の一等好きな奥の窓際をキープでき、幸せなランチとあいなりました。

 そしてハリウッドランチマーケット、オクラと練り歩き。収穫はありませんでしたが、いつものルートなので落ち着きます。そして代官山でもちょいちょい古着屋を模索。しかし、またも出会いは無く……。一路、アーツ&サイエンスへ。

 そこでは人への贈り物を購入。あげたら記事にするかも。これまでに無いほど、最高の贈り物を用意することが出来ました。アーツの店員さんにも相談に乗っていただき、感謝です。とても良いアドバイスを頂きましたね、ここでも素晴らしい接客。僕は人にあげるモノは、絶対に自分の気に入ったモノしかあげません。それが最大の礼儀であり、最大の想いの込め方だと思うからです。……今回は結構考えました。でも結果として、かなり満足のいく贈り物が用意完了。つーか、ブログ見られてたらまずいですね(笑)、たぶん大丈夫だと思いますが。

 その後、クロゼットへ。欲しかったサイのプリントのT、ピンク色は完売とのこと。うーん、他の色では好みでないので、そそくさと退散。

 電車にも乗らず、渋谷へ。嫌いな街です、店はたくさんあれども。なんでさっさとスルーして原宿へ。いろいろ回ったものの、特筆すべきは古着屋。どうしようもなく出会いは無かったですが……物色中、腕組みして睨んだりしながら見ていたので、店員と間違えられました(笑)。今度からは、もっと客らしくしよう。あんまり知りませんけど、古着、みたいな雰囲気で。

 んで、なんとまたも電車は乗らず、新宿へ。といってもここは只の経由ポイント。流れるままに電車に乗り、池袋へ。兄と待ち合わせをし、ここでも少し古着屋。もう、わかりますね、出会い無し。楽器屋にも寄って、毒を吐いておきました。あのギブソン、古いだけで全然いい具合に鳴ってねぇぞ、とか。後にビームスへ。アナデジのG-SHOCKはまだ売っていました、うーん白欲しい。

 んでその後もポツポツ回り、帰宅。なんと歩き回ったことか。足が久々に疲れました。いろいろ端折った、何気に大事な部分というか店はありますが、ちょっとそれは明記したくないプライベート的なコトも含まれていて……なので実際はもっと多くを歩いているわけです。マジで、疲れた。

 画像は今日の足を支えてくれたシューズくん。でもね、機能性としては明らかに失敗でした。足裏が痛い、痛い。前期のギャルソンプリュスのラバーシューズですが……ねぇ。ま、それなりに頑張ってはくれましたが、やはりこれだけ歩くとなれば、ニューバランスにしておくべきでした。ニューバランスはクッションのみならず、足の覆い方も気持ちよいので、歩くには最適です。僕の愛用は1500の革のモノ。

 あー、長い、とりあえずコレにて。いろいろ詳しいお話は明日以降のモノと同時に、書きます。DIGAWELさんのこととか、アーツ&サイエンスのこととか、もろもろ。ということで、2006年春・雨中の旅、ご期待ください。

 本日のカップ:キリン・ポストウォーター。えー、ポストウォーターって響きが懐かしく飲んでみましたが……ほぼレモン水です。味、薄すぎ。いくらなんでもこりゃキツイです。これならNUDAを飲みます、僕は。すっきりはするから、女性はいいのかもしれませんけれど。

|

« 黄上の緑 | トップページ | 2006年春・雨中の旅―DIGAWEL編① »

「fashion」カテゴリの記事

「zakka」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/1849682

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年春・雨中の旅―アウトライン編:

« 黄上の緑 | トップページ | 2006年春・雨中の旅―DIGAWEL編① »