« 2006年春・雨中の旅―DIGAWEL編② | トップページ | 2006年春・雨中の旅―番外編 »

2006年5月22日 (月)

2006年春・雨中の旅―おまけ・A&S編

Dsc01171 猛烈に眠たいです。ねっころがったまま、一瞬でも気を抜こうなら、即座に睡魔が襲い掛かってきます。……それはともかく。寂しさを感じ、喜びを感じ、感謝を感じ、義務感を感じ、猜疑を感じ、孤独を感じ、不安を感じ、ある種の希望や楽観も感じる。へんてこな一日でした。でも、悪くないかも。感情の起伏が、わかりやすい日。

 では今日は「雨中の旅」のおまけと、アーツ&サイエンスでの贈り物の話。まずは画像がおまけの、糸きりバサミ。結構、小さいです、ミニです。そのミニマム加減と、ちょっと不器用な雰囲気に魅かれ、例の店で購入。もうお分かりですね、昨日まで連呼してましたから……今日はあえて言いません(笑)。

 なんだか最近、こういうソレ用のモノに魅かれる傾向にあるみたいです。ホッチキスしかり。例えばこの糸きりバサミだって、現代となってはヴィクトリノックスだのレザーマンだの、沢山の機能的な器具がついたナイフがあるわけです。それなのに、この糸きりくらいしか出来そうにない、コレに魅かれる……。

 あと、地図に魅かれる。いまや携帯さえあれば、地図なんて見れるけれど、わざわざ本のタイプでの地図に。他にも針とか、鍵とか、極論ネジとか。やたらと魅かれます。地図にはエピソードもございまして。渋谷を歩いていたら、とあるご老人が若いビジネスマンに道を聞いているようでした、もしくは建物を。そしたらその若者は「僕、それはわかりませんが、地図持ってるんで一緒に見てみましょうか」と、鞄からサッと本型地図を。すっげぇカッコよかった。携帯とかじゃ、こうはいかない。それしか機能がないモノを、何気なく出すのに感動。

 だから、今は良い地図を探し中。あんまり重たくないけれど、見やすい都内近郊地図。なかなか無いですよね……それなりに高かったりするし。そんなこんなで、専門的な機能のモノは良いのです。だから、今の画像の糸きりバサミはサイフに忍ばせてあります。いつか、ほつれ糸とかを急に処理しなければならないときに備えて。他にも、そういうタイプのモノを持ちたいと思う、この頃の気分です。もちろん、多機能な便利ツールも大好きで、持ってるんですけど(笑)。

 さてアーツ&サイエンスでの贈り物話。もうあげちゃったので、何をあげたのかも書いちゃいます、せっかくだし。あげたのはまず、AB wood working の一番小さくカワイイ、シェイカーボックス。やっぱり作り、質はよいモノです、ここのボックスは……あげたのは樺合板のモノ。DIGAWELさんで買ってしまおうとも思ったのですが、アーツ別注独特の薄いナチュラルの色がよかったので、アーツで。そしてもう一つが、LIBECOの麻テーブルクロス。テーブルクロスなんですけれど、洗いざらして糊を落としてもらうと、柔らかくシワシワのなんとも絶妙な風合いになるので、その状態のままハンカチや包み、敷物として使用してもらうのが目的。……ま、糊付けてそのままテーブルクロスでも良いんですが。とにかくコレも麻の質と、独特の色合いがステキ。ピンクをあげました。

 自分であげといてなんですが……まぁ悪くはないかな、と。そういえば、シェイカーボックスにはアーツ別注として、新たに「ウォルナット―要するにクルミですね―」と「サクラ」の素材が加わっていました。ウォルナットは男性向きかな、色合いがグレーっぽい茶。サクラはオールマイティー、木目がキレイかも。ただ、ちょっと両方とも割高。およそ1,5倍から2倍弱ほどかな。

 うーん、アーツにはまたしてもお世話になりました。ここんとこ、事あるごとにアーツにお世話になっている気がします、自分のも人のも。良い店には、頼ってしまいますね。

 では本日はこれほど。えー、うだうだ言わず、眠りたいと思います。ところで、僕のもうひとつのブログ「想像と創造の空間」、ほんと時たま更新しています。よろしかったら一読。ほとんどの文章が、バカみたいにながいですけれど。

 本日のカップ:こんぶ茶/玉露園。今日は眠気を妨げるコーヒーや紅茶は無しです。いくら免疫が出来て、あまりカフェインが効かなくなっているとはいえ、多少は影響が出るので。そうなると、飲むのはオーソドックスにコレです。あー、よく寝れそう。ホットミルクでも良かったかな……あ、ミルク切らしてたか。

|

« 2006年春・雨中の旅―DIGAWEL編② | トップページ | 2006年春・雨中の旅―番外編 »

「zakka」カテゴリの記事

コメント

昨日は濃い夜長をお付き合いいただき、どうもありがとう。
素敵なプレゼントもいただいちゃいまして
ホント嬉しかったです。
こだわりの品々なのが伝わってきました笑

3年間、南で一緒に成長してきたわけだけど
青といるとき、とっても安心できる自分がいました。
横山とはまた違った意味で
心落ち着く空間を提供してくれてたなーと
感慨深く思ってみたり・・・。
帰り際に言ってくれた言葉は
あの二人には悪いけどとっても嬉しかったです。
ホントに3年間ありがとうございました<(_ _)>

投稿: コマ | 2006年5月23日 (火) 00時45分

無駄なこだわりで申し訳ない(笑)
こちらこそありがとうございました。眠いと言いつつも、良い時間を過ごしました。

なーにを言いますか!安心していたのは僕のほうですから……。
居なくなってしまったこの先が、若干不安ではありますが、微力ながら自分なりに頑張ろうとは思っております。
こちらこそ本当に、ほんとうに、ありがとうございました。

投稿: circus | 2006年5月24日 (水) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/1901688

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年春・雨中の旅―おまけ・A&S編:

« 2006年春・雨中の旅―DIGAWEL編② | トップページ | 2006年春・雨中の旅―番外編 »