« 2006年春・雨中の旅―DIGAWEL編① | トップページ | 2006年春・雨中の旅―DIGAWEL編② »

2006年5月20日 (土)

閑話で一息

Dsc01156 昨日の夜に、兄と話をしていて、僕の狙っているモノの話題になったのですが、そこで新たな提案と発見、そして方向性が確認できました。近々、といっても来週が無理だと結構間が開いてしまうのですが、また代官山へ行くことになりそうです。……やっぱり自分だけでは見つけられないポイントや、解決策ってあるものですね。

 今日は「雨中の旅」ちとお休み。というのも、明日なのですが夜に更新が出来ないかも知れないので、午後に無理くり更新することになりそうなのです。なので、「雨中の旅」のモノ編続きはその時に。

 そこで本日姿を見せますは、カゴ。籠。かご。ええ、誰がどう見たって、誰がどう言ったってカゴです。コレ、いつぞやの、兄の土産品。もちろんハンドメイドで、かなり良く作られています。こういうのが、もし日本で売られていたなら、結構いいお値段がつけられてしまうはず。……現地っつーか、東南アジアではすごいお安いのですけれどね(笑)。

 んでも、ほんとうに良く出来ているんです。目も丁寧に詰まっていて、ボディの部分にも柄がきちんと編みこまれています。そして細めのショルダー紐がまたステキ。なんというかですね、ピクニック行きますか? ってな具合。おにぎりかサンドウィッチか悩みますが……あ、入れるお弁当の話ですけども。

 ここんとこ、こういう類は一層作りが巧くなった気がします。数年前もそれなりでしたが、なんとなく洗練されてきた感がします。モノ自体にというよりは、それを構成している素材とかその塊とかが。コレほどにクオリティがあれば、土産でもらっても嬉しいですよね。……いや、土産は得てして嬉しいですが、特に。

 もう巷もなかなかに暑くなってきたので、ピクニックとかっていいですよねぇ、梅雨明けたら。この温度だと、半袖ブラウスか長袖カットソーって格好になりますが……。関係ないですね(笑)、それは。

 それではこのくらいでシメ。短いスパンでの次回更新になりそうですが、次のは長いかもしれないですね、なんたって夜じゃないから。明日は、良い日になるといいですが。

 本日のカップ:マルコポーロ/マリアージュ・フレール/紅茶。マルコは久しぶり。ちょっと香りが飛んできたかな、という印象があります。買って、それなりに時間経ってるから、仕方ないかも。それでもやはり甘いフレーバーは最高です。定期的に飲みたくなります。     circus

 

 

|

« 2006年春・雨中の旅―DIGAWEL編① | トップページ | 2006年春・雨中の旅―DIGAWEL編② »

「zakka」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/1874619

この記事へのトラックバック一覧です: 閑話で一息:

« 2006年春・雨中の旅―DIGAWEL編① | トップページ | 2006年春・雨中の旅―DIGAWEL編② »