« 合掌 | トップページ | 2006年春・雨中の旅―アウトライン編 »

2006年5月17日 (水)

黄上の緑

Dsc01135 明日代官山あたりを久々に回ろうと思っているのですが、あいにくの雨。……はぁぁ、萎えます、けど行きます。ちょっと買わなければならないものも出来たので。DIGAWELさんは今週末やら今月末やらにいろいろ入荷するみたいで、なんともタイミングが外れてしまう訳ですが、それでも何かしら収穫は期待しているので、モチロン行きます。ところで、テレ東のワールドビジネスサテライトはあんまりコアなことを期待しなければ、オモシロイということが判明。日経の協力なんで、モノには強いですからね。

 さて今日は二、三日前のグリフィンのパンツの流れに乗って、せっかくなので―何がせっかくなのか謎ですが―もうひとつくらい愛用を。画像のオリーブグリーンのカーゴ。えーと……05SSのギャルソンオムだったかな?確かそれくらいです、うん。

 なんてことないグリーンに見えるかもしれません。なんてことないカーゴに見えるかもしれません。けど、それが違う。コレ、元の生地の色は黄色っぽい色で、そこに染を重ねてグリーンになっているわけです。なんで、よくついてくる替え生地のウラは黄色いです。そしてソレを例の如くウォッシュ。……しかも結構激しく。

 キュプラの裏地が付いているのですが、洗いが強いためなかなかに裏地がクッタクタになっております。もう何回か洗ったら、だんだん裏地は破れてくると予想します……はい。でもそのおかげか、ずいぶん履きやすいです。いわゆるキュプラのすべり心地とはまた違う良さがありますね。

 基本的に前についているポケットは、当然ながら使うことはありません。けど、デザインとしては必須。この微妙な形のポケットのおかげで、なんとも不思議なパンツな感じがします、僕だけかもしれないけれど。

 形はオムだけあってそれなりに太め。でも昔ながらのオムよりは若干細いと思います。そんなに頻繁に履く具合ではありませんが、ちょっといつもと違う雰囲気にしたい時は、コレで。

Dsc01138 んでコレが裏地。結構好きなストライプです。履くときは大抵、コレぐらいかもう少し裾をまくります。裏地どうこうってのは置いておくとして、ただ単にこのパンツは丈短の裾足らずな形で履くと、ずいぶん僕っぽいのです。

 ギャルソンオムはこういった類の、裏地の付いたパンツは得てして良好だと思います。もちろん、付いていなくても良いモノはたくさんあるのですが、こっちはどれもハズレなしというか、裏地つきは。ま、僕が好きなだけかも。

 コレ、違う色をもう一本くらい買っておくべきだったなぁと思っています。今更どう思っても、買えはしないのですけど。そういえば最近パンツ買ってないですねぇ……出来るだけ早めに買わないと。

 ではこれにて。GINZAとFUDGEを例の如く読みましたが、FUDGEはいつも通りの良さ。古着を混ぜた展開ってのはいいですよね。GINZAは相変わらず、好きです。ソニアさんのページ云々よりも、全体として読んでて飽きません。完全にレディスなわけですが、服っていいよね、と。

 本日のカップ:ホットミルク。ミルクは明治のおいしい牛乳を使用、普通に売ってる中では一等好き。ことこと暖めつつ、程よいところで今回はアプリコットジャムを投入。そして沸騰前に切り上げ。ジャムは結構、合いました。時々果肉が混ざって、甘酸っぱくなったりして。……あ、眠れないときは少し塩を入れると良さげです。

|

« 合掌 | トップページ | 2006年春・雨中の旅―アウトライン編 »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/1836439

この記事へのトラックバック一覧です: 黄上の緑:

« 合掌 | トップページ | 2006年春・雨中の旅―アウトライン編 »