« カルティエ式アート | トップページ | 実際的美術 »

2006年6月29日 (木)

偶然のオドロキ

Dsc01377 今日はバカみたいに暑かったですね。とはいえ、真夏がコレぐらいだったら逆にありがたいわけですが、これから7月後半や8月はもっと来るのでしょうね……イヤだなぁ。ところでセールは控えめなんて言っていましたが、ちょっと都合あってとあるショップのセールは確実に行くことに。まぁ、このブログを見ていたら分かる気もしますが、いろんな意味で今回のセールは大変なんですよね……嬉しいやら、悲しいやら。

 雑誌を例のように買うわけです、今月も。いつものようにハイファッションですが、今月からそこに仲間が加わります。そうです、同じく文化出版局の「装苑」クンです。どれだけ文化出版局が好きなんだって話ですが、面白いモンは仕方が無い。装苑はこれまで立ち読みで巧くこなしてきたのですが、なんとなぁーく今月から買ってあげようってことで。……ホントになんとなぁーくだったんです、はい。

 ところがどっこい、その「なんとなぁーく」で偶然のオドロキが発生。なんと今月の装苑の後ろのほうのショップ紹介に、DIGAWELさんが載っています。いやー、驚いた。遅かれ早かれ、どこかしらが取り上げるだろうとは思っていたものの、装苑とは……しかも、たまたま僕が手元に置き出した号からなんて。不思議な縁です、どうにも。写真は雑誌だけあってキレイに撮られていて、たぶんお客さん増えるだろうなぁ……という感じです。えーと、僕が狙っているものは買わないでくださいね、せめてこのブログ見てくれている方は(笑)。どれを狙っているかなんて、言ってないけれど。

 さてそのDIGAWELさんの記事はともかく、やはり装苑はそれなりに面白いです。正直、立ち読み時代、加えて先月とかの方が面白いのは事実なんですけれど、まぁそりゃ毎回トップクオリティってわけにもねぇ……でも少なくとも他雑誌よりはイイ線いっている気がします。TOGAがたっぷりでしたし。

 ポイントとしては僕が目下注目中のsuzuki takayukiが結構スタイリングの中に組み込まれていたこと。うーん、やっぱり良さげなもんを作っていますね、この人は。ジャケットもスカートも僕の好み、ドンズバです。一応2ページをこのブランドに割いているところもあって、そちらも良いです。早く、本格的にメンズを始めて欲しいですね、マジで。……レディスの雰囲気をそのまま持ち込んで。期待しています、これからに。

 共に買ったハイファッションもなかなか。ま、コッチはいつも通りの安定感ですね。カルティエ美術展やアフリカリミックスを取り上げたりしているのも、好感。ただ、メンズのページはどこもいかんせん面白み、興奮に欠けましたね。メンズでは、唯一ワイズのページがマシかなという程度。あとはパリコレ部。

 ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されている、「アングロマニア展」にとてつもなく行きたいです。ヴィヴィアンからガリアーノ、マックィーン、バーバリー……英国の近代ファッションの歴史そのものって感じ。うわぁー、こういうのを日本でもやりなさいっての。ね、頼みますよ、森美術館さん(笑)。もしくは原美も可。

 ところで、最後に今月のハイファッションの僕の推す最大ポイントを。120ページ辺りで、アントワープの女性達がヨウジを着ているのですがね、9人ほど。その9番、9番です。この感じ、最高です。そしてこの9番さんの着ているジャケットそのものが、まず力がありまくりです。……これだから、ヨウジはたまらないんですよ。すげぇや、別にモデルさん的な体形、やり方じゃなくてもカッコよく見えるんです、ホントに良い例です。ま、デザイン系の学生さんなので、ソレはもとより有利ではありそうですけれど。それでもね、良い。

 さ、それではシメへ。もうすぐ大学もテスト前シーズンに突入ですが、早く終わらせちゃいたいです、そんなの。さっさと残りの単位―すっごい少ないですが―を取っちゃって、リズムを変えたいです。あー、IKEA行きたい。来月末か、8月の中盤くらいに行こうかな……うん。

 本日のカップ:プレーンヨーグルト。カップじゃありませんが、久々にどプレーンなヨーグルトを食べました。うーん、悪くない。途中からジャム入れですが、それもまた良し。ドーナッツが食べたくなってきてしまいました。それもこれも、ヨーグルトの責任です。罪な食べ物です。いや、120パーセント関係ないか(笑)。     circus

 

|

« カルティエ式アート | トップページ | 実際的美術 »

「book」カテゴリの記事

コメント

いやー、衝撃が走りました。その一報。
ついに掲載されちゃいましたか。。。やばい。マジで買わないでって感じ。
いや、買ってみんな。
ああーアンビバレンツ。。。
ひとまず、見てみます。ソウエン。。

投稿: いぬふな | 2006年6月29日 (木) 23時39分

>いぬふなさん
イキナリ見つけたんで、衝撃でした、ホントに(笑)。
そうですよ、まさにアンビバレンツ。
と言っても、僕はいぬふなさん達のおかげで出会えたわけですけれど。感謝してます、ありがとうございます。

どうやらDIGAWELさんは、雑誌に載ることに協力派だそうです。それも、私的に好感。けどけど、んぁー、欲しいモノ売り切れないといいんですけれど。

投稿: circus | 2006年7月 1日 (土) 00時05分

僕も装苑を読みました。
載ってましたね、Digawelさん。
素敵なお店はどんどん紹介されるべきじゃないかなと、
個人的には思ってます。
欲しいモノ・・・売り切れは困りますけど。(笑)

Digawelさんの秋冬ってどんなモノが出るんでしょう。
ご存知ですか?

投稿: nico | 2006年7月 2日 (日) 19時44分

>nicoさん
僕も、理解ある雑誌や媒体による紹介は、あるべきと思っています。世界は、閉ざされるべきではない。
売り切れはたまらんです(笑)。

秋冬はまた聞いていないのです。今度聞いてみようとは思っているのですが……とりあえずは、今月中旬から下旬あたりのポロとかを期待してる感じです。
個人的には、カバーオールとかを作ったら面白い気がしますが。

投稿: circus | 2006年7月 2日 (日) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/2434623

この記事へのトラックバック一覧です: 偶然のオドロキ:

« カルティエ式アート | トップページ | 実際的美術 »