« 現代感嘆話 | トップページ | 200―薄さの境地― »

2006年6月22日 (木)

スペシャルボトル

Dsc01357 贈り物かつ、楽しみとしてバイト先にマカロンを持参したのですが、概ね好評をいただけたようでなによりでした。笑顔は嬉しい。……エヴァンの力ですね、当たり前ですが。マカロンといえば、ピエール・エルメとも迷いましたが、個人的にエヴァンに。エルメのは一度しか食べたこと無いので、どれが美味しいとか語れませんしね。その点、エヴァンはなかなかに良く食べるので。やっぱ、フランボワーズにピスタチオが最強ですね。大好き。……そういや、ローズってのだけ食べたことありません。今度、買ってみよう。

 甘いモノにつられてではありませんが、今日はコチラ。実はコレでなくて、昨日買った素晴らしく紹介したいモノがあるのですけれど、これまた個人的な理由で明日へ先送りです。ともあれ、コイツは結構やり手です。午後の紅茶スペシャルのミルクティー。

 今年が何周年だったかで、3種類の記念スペシャルティーを出す、午後の紅茶。その第二弾が、ミルクティー。謳い文句は「茶葉2倍」とのこと。もとより、ペットボトル系の紅茶では「午後の紅茶」が一等好きであるからして、飲まないわけには行きません。

 肝心な味はといいますと……かなりイイ線いってます。おそらく、ペットボトルや缶のミルクティーの中では、抜群にトップの旨さです。茶葉が2倍の効用か、紅茶の味が強めにするのですが、ミルクの甘みもとてもまろやかで、全体を包み込んでいます。かといって、後味がしつこく甘いわけではない。なんで、結果コクコク飲める濃厚なミルクティーの完成ですか。……KIRINさん、マジでやりますねぇ。NUDAといい、この午後ティーのスペシャルシリーズといい、ここんとこクオリティが高いモノを出しまくりです。僕のツボなだけかも知れませんが(笑)。

 スペシャルの第一弾のカムカムレモンティーも当然飲みました。コレもまぁ、美味しかった。普通のレモンティーよりも、やはり果実的な酸味とほのかな甘みが出ていて、好感でしたね。この分でいくと、来月に出るスパークリングレモンティーも、かなりの期待をしていて良さそうです。

 そういえば、ナチュラルローソンに行った所、ナチュラルローソン限定スペシャルと銘打って、「午後の紅茶・凍結レモンティー」なるものがありました。それも試さねば。つーか、レモンティーのレモンを凍結したところで、何が良くなるのかは全然、からっきし想像が付きませんが……チューハイじゃあるまいし。なんていいながら、すっごく美味しかったらスゴイですね。明日にでも飲みます、きっと。

 紅茶は家ではマリアージュ・フレールのモノばっかり飲んでいるわけですけれど、ペットボトルも悪くないモンです、実際。味は安定しているし、キンキンに冷えたモノを飲めるし、飲みかけでフタもしめれるし、なにより楽だし、外で飲めるし。相変わらず、便利な世の中です。中世とは大違いだ。……ただ、香りの芳醇さや、口当たりの良さなどを比べてしまうと、やはり余りにも差があるのも事実ですよね。ま、その辺は割り切りで。そうでないと、現代はダメです。家で聞くオーディオと、ipodみたいな関係性ですよ、要するに。細かく比べるのは、ヤボってやつです。だったら、初めから外でうんぬんなんて要求するなって話です。あ、熱くなっちゃいました、今。

 ともかく、このミルクティーはなかなかなので、「ペットボトルのミルクティーなんて……」ってバカにしている人にこそ、おススメです。飲んでみてくださいな。「あぁ……、悪くないかも」なんて思いますから、きっと。……すっごい押しちゃってるけど、大丈夫かな僕は(笑)。無論、キリンの回し者でもございません。

 これほどにて。実は時間が無い中の更新。イロイロとやらなくてはならないことがあるのです。夜中にはサッカーですし。さ、大変な夜です。無印の鈴カステラを食べながら、夜更かしです。

 本日のカップ:午後の紅茶・スペシャルミルクティー。ダイエットスプライトと交互に飲むという、荒技を成し遂げています。はっきり言って、気持ち悪いです。やめたほうがいいです。いっそ、混ぜてしまったほうが、まだマシかもしれないくらいです。反省。おとなしく、残りは順々に飲み干します。     circus

|

« 現代感嘆話 | トップページ | 200―薄さの境地― »

「food」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/2337068

この記事へのトラックバック一覧です: スペシャルボトル:

« 現代感嘆話 | トップページ | 200―薄さの境地― »