« 北海道づくし | トップページ | 青春の音 »

2006年6月19日 (月)

功労賞

Dsc01341  普通っぽいとか、普通っぽくないとか、個性的とか、凡庸的とか、そんなのは本当はどうでもよくて、僕にとって重要なのは、その人っぽさがあるかどうかなわけです。別に個性的でなくたって、よくある思考の連続だって、その人の雰囲気とか人柄とか、もろもろに合っていて、好感がもてれば尊敬してしまうわけです。……つまりは逆も言える。どんなに個性的で、突飛な思考で目立とうとも、それがなんとなく無理していたり作られた感じを受けると、僕は苦手なようです。あるがままでいいですよね。

 さてここんとこ買い物に行ったりしていないもので、「ほーら、こんなの買ってみました」とか「ちょっと面白いモノ買ってみたんですけど」みたいな記事がなかなか書けなかったりするのですが、僕の定番というか愛用モノにはまだまだ素晴らしいモノ達がいたりします、自画自賛。……そうじゃなきゃ、買いませんよね(笑)。

 そんなモノ達の一つを今日は。代官山クロゼットのオリジナル、エッセンシャルデザイン×ポーターのトートバッグです。コレ、確か買ったのは3、4年前くらいなのですが、今でも現役。メチャクチャ使ってるのに、いや、スゴイやつです、ホント。

 なんせ、とってもシンプルデザイン、シンプルカラーなバッグですから、飽きるとか持てなくなるとか、そういうことには無縁なのです。その上、素材は防弾チョッキとかのナイロンなんで、呆れるほどに丈夫。どれだけ乱暴に扱ったりしたって、全く傷を受けつけません。だもんで、コレは僕の定番。……今は主にバイト時に使ってあげています。正直、便利です。

 一見、なんでもない感じのトートなので、「何が良いの?」って思う方も多々でしょうが、実はソレぐらいが長く使うにはいいものなのです。気取らない雰囲気、いつでも使える佇まい、それがこのバッグの強み。分かる人は、分かるでしょうが。

 中にはポケットもたくさん付いていて、さすがは吉田製といったところ。そういう意味での使い易さはピカイチです。実はこのバッグ、3年前に初めて出たものの、今でも作っているらしくクロゼットでは売っています。ま、シンプルなんで定番にしたのかも知れません、もしくは売れてないか(笑)。……いや、売れてないってことはありませんね、いくらなんでも、一時売ってなかったし。カラーはブラックとホワイト、サイズは2種。コレは、最大限におススメです。……シンプルで長く使える、革でないトートをお探しの方、コレをぜひとも。一度は検討してもらいたいですね、はい。

 ちなみに価格は大きいので2万ちょっとくらい。お手ごろすぎて、ありがたいです。だって、僕の場合既に恐ろしいほどに減価償却が出来ちゃってますから……。なんか、クロゼットの回し者みたいですね(笑)。クロゼット自体、好きだから仕方ありませんが。

 では。そういえば、最近は着れば着るほど、良さが見えてきたり、感じてきたりするものを着ている気がします。ちょっと、幸せだったりします。楽な人間ですよね、それで幸せ感じられるんですから。ま、大切な感情な気はしますけれど。

 本日のカップ:ヤクルト。コーヒーや紅茶が続くと、コーンスープだの、ヤクルトだの、こういう系統の飲み物が急に飲みたくなります。だもんで、ヤクルト。あ、そういえば午後の紅茶の葉っぱ2倍のやつ、飲みたいですね。明日にでも。     circus

|

« 北海道づくし | トップページ | 青春の音 »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

クロゼットの別注ポーターですね。
ポーターっぽくないのが、いいですね。

僕もトートバックが好きなのですが、
今使ってるラゲッジレーベルは重たくて・・・
新しいものを物色中です。

吉田かばんって本当に丈夫だなと思います。

投稿: nico | 2006年6月20日 (火) 18時26分

>nicoさん
クロゼット別注は本当に当たりが多いと思います。
ポーターの使いやすさに、ちょっと抜けた雰囲気というか。

ラゲッジレーベル、ライナーシリーズが僕はツボです。
ただやっぱり、重たいんですよね(笑)。

丈夫だし手ごろだし、文句無いですね、日常使いにおいて。
まだまだ街では無名だった頃が懐かしいです。今は誰もが持っているけれど。

投稿: circus | 2006年6月21日 (水) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/2296434

この記事へのトラックバック一覧です: 功労賞:

« 北海道づくし | トップページ | 青春の音 »