« ざっくりピンク・DIGAWEL PINK | トップページ | ねこによる和み »

2006年6月 3日 (土)

透け感・ふんわり感・好感

Dsc01238_1 現代ってやつは、あまりにも情報が転がりすぎていて、巧く自分で選択しないとやっていけない感じがするってのは、よく言われることです。でも、逆に言えば、余りにも前もって情報を提示されすぎて、本当は挑戦して選べる選択肢を、選びづらく妥協の選択をさせられてしまう環境にもなっている気がします。難しいですね、選択って。

 本日は白ブラウス。もちろん、DIGAWELさん謹製です。今回お目見えしてきたのが、テロテロでふわふわな薄手の生地。型は、僕が購入した角襟プルオーバー、へちま襟プルオーバー、フルオープンの3型。あいやー、コレがまた昨日のリバースウィーブに勝るとも劣らぬ素晴らしい出来……今日、着てみましたけれど。

 下に着ているモノが結構透けて見えるくらい、薄手。これからにもってこいです。僕は本日、ギャルソンのピンクボーダーのロンTの上に羽織りましたが……すこぶる良いです。透ける具合がなんとも絶妙。ガーゼとかみたいに透けすぎなく、おしとやかな透け方。

Dsc01243 着心地としては、とてもふんわり。プルオーバーってのが、そのふんわり感を更にアップしてくれています。プルオーバーのブラウスって、あんまり買わないんですけれど、案外イケるものですね(笑)。今度は厚手もやっぱりプルオーバーいってみるかな……。

 画像はボタン部。もちろん、D印がさりげなく入っています。えー、個人的な趣向としては、このブラウスのプルオーバーは、ボタン全開けが美しいです。程よくユルい雰囲気も出ますし、自然な感じがして良いのです。……買った人は是非、お試しあれ。

Dsc01244 プルオーバーのタグは、しっかり縫いとめられているみたいです。やはり、脱ぎ着する際に、ひっかからないようにの配慮でしょうね。そんなちょっとした気遣いも、マルです。

 ところで、この薄手バージョン。僕、最高に気に入りました。フルオープンも、買えたら買わないと。……ちょっと懐と相談です。なんかすっごい軽くて、柔らかくて、僕好みのブラウスに仕上がってるんですよねー(笑)。

Dsc01246 後ろのギャザー部がまたたまらん。なんというか、レディス的な雰囲気です。ギュギュって寄ってます。

 ちなみに、僕はリバースウィーブに続き、こちらもあえてLを買いました。もちろん、ジャストはM。コレも大きめに、ゆるく着てあげたかったので……というか、プルオーバーはどちらにせよLに決めていました。あんまりジャストのプルオーバーってのが、イメージできなかったので。フルオープンは買うとしたら、Mですね。いや、マジで欲しいな……リバースウィーブの黒Mと同じくらい。

 勝手な僕のおススメとしては、この薄手タイプはプルオーバーならワンサイズ上げで、フルオープンならジャストです。カワイイブラウスなので、可愛く着てあげましょう。それは僕の中の鉄則。……薄手の弱点は洗いのときのシワですかね……アイロンしようか悩みます。洗いざらす風合いをとるか、シワのないサラサラ感をとるか。きっと、アイロンしません(笑)。後ろが巧くかけれる気がしませんし、クシャって着るのも良さそうだし。

 ではこれにて。コレもDIGAWELさんでは定番にして欲しいですね。というか、全部定期的に作って欲しい感じがします、ワガママですかね。買いだめしたいけど、そんな余裕は今ないですし。ま、いずれにせよ、新作とかなら新作なりに、良いモノが出てくる気がするので、それはそれで良いのですけれど。完全にハマってますね。

 本日のカップ:マルコポーロ/マリアージュ・フレール/紅茶。紅茶は久々かも。疲れた体を、甘い香りがしっかり癒してくれます。紅茶もだんだんとストックが少なくなってきました。追加を急がないと、新しい味も含めて。     circus

|

« ざっくりピンク・DIGAWEL PINK | トップページ | ねこによる和み »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/2058628

この記事へのトラックバック一覧です: 透け感・ふんわり感・好感:

« ざっくりピンク・DIGAWEL PINK | トップページ | ねこによる和み »