« イエロースパーク | トップページ | 夏満天 »

2006年7月22日 (土)

160度

Dsc01505 かなりの勢いで打ちひしがれ、それ相応の勢いで復活してきました。ところで、ヨウジヤマモトのウェブが更新されましたが、ヨウジのファムが圧巻なのは当然ながら、ワイズのレディスもかなり良いです。黒タグ、赤タグともに。個人的には黒タグのウールだのなんだのがゴテゴテしたジャケに一目惚れです、あわよくば……ってとこですね。

 今日は新しくうちにやってきた、柳宗理くん。カトラリーとかは、自らの意思だけで結構買い換えちゃったりできるのでポツポツあるのですが、鍋とかになると、僕の意思だけではなかなか。だもんで、買い替えの時期を見計らって、宗理を強プッシュ……うちにやってくることとなりました。

 ミルクパンをそのまま少し大きくしたような形で、相変わらず使いやすそうな雰囲気がムンムンです。見た目とはウラハラに結構ズッシリとした重みがあるのですけれど、それが実は案外手に馴染む。うーん、イロイロ考えられてるんでしょうね、きっと。

 素材はステンレス。これも他の鍋やケトルと同様に、ポリッシュタイプとつや消しタイプがありますが、もちろんつや消し。これはもう、譲れません、僕にとっては。このつや消し感はたまりません。ポリッシュもキレイで素敵なのですが、僕はもう一直線つや消しです。……好みですね、この辺は。

 にしてもホントに見ているだけでも飽きない鍋です。これで機能的なんだから、言うこと無しです。注ぎ口の付いている角度が微妙に上目で、160度くらいかなという感じ。口の厚みも、汁が底に廻りにくい具合。さらにはフタをちょいと回すだけで、汁を捨てられるという、地味に嬉しい構造……うーん、挙げればまだまだありますね。

 丈夫なので、ラフに使っても平気なのでしょうが、大切に扱ってあげたいと思います。そうすれば、もっと丈夫なまま長持ちしますし、使えば使うほど外は火に、中は水分に馴染むはず。うん、なんにでも言えることですが、そういう大切な使い方ってモノを楽しむ重要なポイントですよね。……あ、当然、ラフに扱ってこそ味が出るモノってのもあるわけですけれど。

 ではこの辺で。これから少し、音楽にでも浸かろうかと思います。あー、新しいイヤホンが欲しいです。シュアーが第一候補ですが、他にも隠れた良いのがないか物色中です。

 本日のカップ:つめたい煎茶。コレ、美味しいです。実はとあるところの冷やし用の煎茶なんですけれど、そのうちに記事にします。夏と言えば、日本は麦茶が強いですが、煎茶も良いですよね。     circus

|

« イエロースパーク | トップページ | 夏満天 »

「food」カテゴリの記事

「zakka」カテゴリの記事

コメント

circusさん、はじめまして。
最近こちらを発見して、ときどきおじゃまさせていただいてます。
私はあまりお買い物はしないです。どちらかというと
家にあるものをどれだけ削れるかに意識が向いてるほうかもしれません。
なので、自分でお買い物しないぶん、circusさんのレポートを
とても楽しみにしています。

投稿: まゆみ | 2006年7月23日 (日) 20時11分

>まゆみさん
どうも、はじめましてです。
発見して頂き、ありがとうございます。
「家にあるものをどれだけ削れるか」っていうのは面白いですね。
僕もこうしてイロイロ買ってはいますが、せっかく使うなら気に入ったモノを、という感覚。なので買ってばかりでなく、時には削る感覚もあったりします。
……と言いつつ、モノ好きなんで結局買うペースが上回るんですけれどね(笑)。
これからもよろしくです。
気が向いたり、ピンときたらコメントください。

投稿: circus | 2006年7月23日 (日) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/2763038

この記事へのトラックバック一覧です: 160度:

« イエロースパーク | トップページ | 夏満天 »