« サイの発掘 | トップページ | ななめ上の定番 »

2006年7月 3日 (月)

スモーキーピンク魔術

Dsc01394 2007SSのメンズパリコレがゾロゾロと始まり、ギャルソンやらうんぬんもその内スタイルドットコムさんなどでアップされるでしょうが……どうでしょうね。なんか、個人的予想では、ヨウジさんあたりがすごいのを一発かましてくれてる気がします。まだ、なんにも見ていないけれど。ゆっくり待ちます、楽しみを。

 代官山某店のセールからさらにもう一品。クリストファー・スティーヴォのTシャツ。いえね、このブランドに関しては、全くもってオーバーじゃなくて知識がスッカラカンだったのです。んでも、某店で今期お見受けしたところ、なんだか柄はともかくTの色味と柔らかさが抜群に魅かれたりしていたわけ。……それがセールとあっては、無言です。無言で手を伸ばしました。

 素材がテトロンとレーヨンの混紡なので、当然ながら生地が揺れるような柔らかさ。そしてレーヨン効果による、なんとも言えないスモーキーピンクの発色。うーん、良いですね。

 色が他にベージュなどもありましたが、抜群にピンクが良かったですね。……ただ、唯一のこのTの欠点は柄です。はっきり言うと、僕のタイプではありません。なんだか黒魔術だか聖書っぽいプリントに六芒星の刺繍。あいやー……こんなの初めてです、マジで。どうなることやら。

 実は柄違いで、ARMYのプリントに小さな鳥がたくさんの刺繍ってのもあったんですが、そちらはVネックだったんですよね。Vはそれほど着る機会が僕には無いので、手を伸ばせませんでした。柄はそちらが完全にツボなんですけれどねぇ。

Dsc01396 裾の部分に、首とはまた別のタグが付いています。中には品質表示もあって、タグだらけ(笑)。ま、この裾タグに関しては、マルジェラよろしく、すんごい無造作にちょちょっと縫われているだけなんで、いずれ勝手に取れるでしょう。……ていうか、取れちゃってください。

 だからといって、わざわざ自分から取る気は全くおきません。それは不自然だから。よくブランドタグとかを全部取って着る人がいますけれど、それってなんだかイヤです、個人的に。首とかがデリケートで、少しのチクチクも許しがたいとかなら話は別ですけれど。

 このTはまぁ、秋口あたりから着てあげることになると思います。主としてジャケットインナーとして。夏にこれは……涼しくて良さそうですが、柄がクドイ。夏に着るとすれば、もの凄いこのピンクの色味を身に着けたくなったときくらいでしょう、きっと。

 ではこの辺りで。んー、実は早く記事にしたい、とってもグッとくるモノがあるのですが……いつにするかなぁ。雑貨好きな人から見れば今更感というかベタ感は漂いますが、でも良いモノなんで早く書いてあげたい。明日、あさって……うーん。

 本日のカップ:ブラジル・ピーベリー。連続でいきます。申し分なく美味しいし、煎りが深めなので(だいたい中深、フルシティからフレンチといったところか)好みですし。これから淹れるのですが、本気です、ここんとこ。     circus

|

« サイの発掘 | トップページ | ななめ上の定番 »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

はじめましてです、youといいます、僕は20代も後半にさしかかったしがない会社員ですが、いつも拝見させていただいてました。僕も流行りにのっかっちゃってBlogなんぞ始めてみました。
僕は仙台在住です、萩の月好きということで勝手に親近感わいちゃって勝手にリンクしちゃいました。ごめんなさい、

投稿: you | 2006年7月 4日 (火) 11時34分

>youさん
ブログはなかなかに面白いモンです。始めてよかったと、本当に思えます。
あはは、萩の月に親近感(笑)。それもそれで面白いですね、コチラも近いうちにリンクさせて頂きます。
これからもよろしくです。

投稿: circus | 2006年7月 4日 (火) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/2488607

この記事へのトラックバック一覧です: スモーキーピンク魔術:

« サイの発掘 | トップページ | ななめ上の定番 »