« 160度 | トップページ | 無添加の強み »

2006年7月23日 (日)

夏満天

Dsc01500 「こだわり」なんていう言葉が世間ではよく使われます。得てして、知り合いが僕のモノに対する評価を聞くと「こだわっている」と感じるそうです。でも、それは違うんですよね。別に「こだわっている」わけではないんです。ただ、好きなだけ。自分の感性を刺激してくれるモノが好きなだけなんですよね。……「こだわり」という言葉も嫌いではないですし、大概こだわっているようなモノも好きだったりしますが、僕自身のこととしては、ただただその言葉で括られるのは、なんだか妙な気持ちがしてしまうものです。

 今日はこの夏イチオシのこちら。えー、書いてある通り、「茶ぽん」です。って言えど、当然なんやねんって話ですよね。早い話が水出し用の煎茶パックです。麦茶なんかと同じノリで、それが緑茶なわけですね、はい。コレがなんとネーミングが最高です。

 どうして「茶ぽん」かと言いますと……お分かりの方もいるでしょうか。まずはコレを水にぽんと入れるだけで、美味しいお茶が出るということで、「茶ぽん」。そしてそして、その水にパックを入れるときの音、「チャッポン」という響きに掛けて「茶ぽん」。あいやー、オモシロイです。サイコーに好きです、この微妙なセンス(笑)。

 そんな名前はともかく、味もしっかり美味しいのがステキです。わざわざ熱いのを冷やしたりせずとも、それなりな冷たいお茶が楽しめる。まさしく、麦茶ノリです。ありがたい限りですね。

 コレ、うちのお茶で御馴染み「うおがし銘茶」さんの夏モノなわけなんですけれど、おススメです。20パックほど入って1500円。1パックで500ミリリットル用なのです。だもんで、500ミリ当たり75円。まぁ、安いし、トクっちゃトクなんですけれど……麦茶とかほどのコストパフォーマンスは無いわけですが。それでもお茶好きには良いと思います。

 冷えた煎茶ってのは、それはそれで和菓子にとても合います。スッキリとさせてくれますね。僕は小学生くらいのころ、「緑系のお茶を冷やして飲む」という感覚が無かったため、初めて飲んだときは驚いたモンです。麦茶も美味しいけど、コレめちゃくちゃスゴイじゃないですか、と。今となっては良い思い出です。

 今年は麦茶でなく、コレが主に冷蔵庫に控えています、お茶部隊として。ところで、8月はうおがしの銀座店、「茶・銀座」は夏季休業に入りますね。暑いですもんね。関係ないか(笑)。

 これくらいに。ちょっと、買い物モードもそうですが、創作モードにも入ろうかという感じです。ま、決めて入るもんでもないんですけれどね。まずは、買い物かな。

 本日のカップ:マンデリン/スマトラ/コーヒー。もうほとんど新鮮さは残っていない豆なのに、すっごく美味しくはいりました。たぶん、この鮮度の豆だったら最高と称して良いくらいに。この感じで、新鮮な豆も最高に淹れたいですね。……豆、買わなきゃ。     circus

|

« 160度 | トップページ | 無添加の強み »

「food」カテゴリの記事

コメント

「茶ぽん」、、いいですねー。
「ぽん」つながりで「満月ポン」をお茶うけに、なんていかがでしょうか。

投稿: まゆみ | 2006年7月24日 (月) 22時46分

>まゆみさん
ネーミングがたまらんですよね(笑)。
「満月ポン」食べたことないんですー。関西方面ではポピュラーなんでしょうかね?
今度、食べてみようかなぁ……。

投稿: circus | 2006年7月24日 (月) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/2775001

この記事へのトラックバック一覧です: 夏満天:

« 160度 | トップページ | 無添加の強み »