« 実際的美術 | トップページ | サイの発掘 »

2006年7月 1日 (土)

古着的感覚

Dsc01386 過ごしづらい気候の一日でしたねぇ……ジメジメして、ムシムシして、ジミーに雨が降ったりして。早く梅雨なんて明けてしまえばいいんですけれど、それはそれで猛暑到来ってことなんで嫌で。なんてワガママでしょう。僕は春が好きです、そして秋、冬、夏と続きます。どうでもいい話ですが。

 今日はお出かけ旅。最低限の場所を廻り、最高の成果を得てきました。今日からしばらくは、続きます。というわけで、まずはこのブログでもはや御馴染み、DIGAWELさんにて購入の、8.5分袖サイドジップ付きカットソー。……以前から購入予定だった一品でございます。

 とっても柔らかなコットンを使用していて、まるで古着のように着易いのです。そして首が若干広めに取られていて、リラックス感覚。なにより8.5分丈という微妙な袖。これが着てみるととても面白カワイイ。……なんともユルユルな雰囲気です(笑)。

 白と生成りの2種類ありますが、実は使われているコットンがほんの少し違います。生成りのほうが、幾分テロテロめ、白いほうがちょいハリのある感じです。僕は生成り派。これがとっても着心地良いんですよー。素晴らしき出来です。

Dsc01388 コレがサイドジップ。ごく控えめなサイズで付いています。ririに別注をかました薄くピンク色に染まったジップ。このジップは持ち手が相当にいいカタチですね。ま、コストとか機能性の面から考えていくと、商業的にはジップはYKKってところなのでしょうが……やはりデザインとか味を考えていくと、ririやTARONは強い気がします。好きな人が多いのも、頷けます。

 このジップを使ってちょっと面白いアイデアというか、個人的に欲しいモノがあったりするんですが、そうもいきませんやね。

Dsc01389 裾はご覧の通りクルリと丸まっております。そうなるように、縫われているんですね、実に。うーん、いろんな部分にポイントがありますな。

 ところで今回も、DIGAWELさんでは様々なお話とかを。コーヒーとか僕が狙っている雑貨とか、うんぬん。そんな話でいろいろあったりもしますけれど、詳しくは書きません。ま、あんま語れないコトもございますし。でも多くの嬉しいことがございました。えへへ、相変わらずステキなお店です。

 欲しいものはいつ行っても増えるばかりです。徐々に買っていきます、徐々に。

 では、とりあえずこれほど。今日はもっともっとたくさん収穫がありましたが、少しずつ出していきますね。どれもお得というか、良いモノばかり。すごい一日でした。

 本日のカップ:ブラジル・ピーベリー。頂き物のコーヒー。これから淹れてみますが、きっとかなり美味しいはずです。煎りも丁寧ですし。ちなみに、ピーベリーってのはまん丸っこい豆のことです。それだけを集めたコーヒー。さーて、本気で淹れまっせ。     追記:やっぱりなかなかの豆。泡も細かく立つし、やはり煎りが丁寧。生豆自体の質ではもっと上がありますが、総合すると良質な豆に仕上がっていました。ブラジル独特の香りがありつつ、嫌味は残さない、そんな風味です。買ってからチョット経つ……そのように聞いていましたが、全然新鮮でした。ありがとうございました、残りも楽しませてもらいます。これから、この豆の店で豆を調達するのも手かもしれません。近くを訪れる際は、買おうと思います。     circus

|

« 実際的美術 | トップページ | サイの発掘 »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/2460173

この記事へのトラックバック一覧です: 古着的感覚:

« 実際的美術 | トップページ | サイの発掘 »