« グレー狂 | トップページ | アフリカの風 »

2006年7月 8日 (土)

理想通り

Dsc01419 僕は滅多たことが無い限り、人の言動に対して実際的な不満は抱こうとしないし、口にしないほうなのですが、今日はちょっと鬱憤がイロイロありました。かろうじて口にはしなかったけれど、結構久しぶりです、こんなの。……そんな話は置いておいて、昨日のギャルソンのセールなのですが、僕はパンツのみ。ところが、兄がオムでジャケ、何故か母親がコムコムでT、トリコでロンTなどを買っていました。おいおい、と。家族ぐるみかよ、と。よいモノなので、文句は無いのですけれど(笑)。特にオムのジャケ、コムコムのTは僕も欲しかったヤツなので、なかなかです。機会あらば、記事にしたいですね。

 さて本日はTシャツ。実は、DIGAWELさんの8.5分袖カットソーや薄手ブラウスのアンダーに着る、丁度しっくりくるTをしばらく探していたのです。派手系か地味系。ところが、なかなか巡り合いません。結局、派手系つまりは白地にオレンジやライトグリーンのボーダーは、そのうちセントジェームスですまそう、ということに。……いつもどおりですね。

 ところが地味系において、巡り合いが。このブログを見てくれている方には、僕が好きで御馴染みの無印クン。いや、今回は無印サンです。綿、麻、ポリエステルのボーダーカットソー。

 そもそも地味系では、生成りより濃くて、ベージュよりはくすんだ色に、ちょっと濃い目の色のボーダー……そんな風にイメージしていたので、コレはまさにピッタリでした。ビックリなほど。麻の風合いもあってか、とても柔らかい上に程よくヨレシワ。しかも、紺のボーダー部―たぶんここがポリエステルだと思うのですが―はちょっと粗めの編みになっていて、透ける具合になっています。まるで04AWのプリュスの横抜き縮絨のように……って、わからないですね(笑)、好きな人しか。とにかくボーダー部がちょっと透けるんですね、面白い。

 色味もくすんだベージュで、まさに理想通り。その上、袖が短めというのももの凄く理想通り。流石です、無印サン。……ところで、なんで今日は無印クンでなく、無印サンなのかというと、このTがレディスだからです。レディスのLサイズ。全然着れるんですねー、これが。丈もピッタリ。

 うーん、この上に8.5分袖カットソーは絶対に合うはずです、なんとも絶妙に。その他にも、イロイロなブラウスなどのアンダーに合いそうです、着るのが楽しみ。だもんで、2つ買っておきました。紺でなく、白のボーダーも買おうかなと思案しましたが、ま、とりあえずコッチ2つで落ち着きました。……コレはナチュラルなTを探している方に、強くおススメです。結構前に出た製品らしいので、なかなか点数は余っていないみたいですが。見かけたら、ちょっと手にとって見てくださいね。

 このくらいで。明日はホントに最後の最後ってことで、代官山クロゼットに行くかも知れません。たとえ、これ以上何も買うものが無くても。前行ったときに買ったモノも、まだまだ実はあるんですよね……。どうしようかな、代官山行って……時間あったら森美でも行こうかな。アフリカリミックス、まだ見ていないし。

 本日のカップ:ブラジルピーべりー。これで頂いた豆はショートです。良い豆でした、本当に。なによりも煎りが丁寧でしたね。それはコーヒーにおいてとても大切なポイントです。近いうちに、店をチェックしにいかねば……恵比寿あたりまで。     circus

|

« グレー狂 | トップページ | アフリカの風 »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/2558982

この記事へのトラックバック一覧です: 理想通り:

« グレー狂 | トップページ | アフリカの風 »