« 赤いリボン | トップページ | 若き日の思い出 »

2006年8月11日 (金)

慎重な姿勢

Dsc01602 ファッションでも音楽でも食でも文学でも、世の中の多くのことには、それだけ多くの考え方や捉え方や趣向があります。僕と誰かは違うし、誰かとまた誰かは違う。「幅」があるのです、何事にも。その中で、主張することは確かにとても大切だと思うのです。僕だって、自分の意思をそれなりに信じていますし。……けれど、最近のなんというか、ちょっと勘違いしてるんじゃないか的な若者たち―もちろん自分もその世代で、端からみればその範疇に括られているかもしれませんけれど―はどうにも「幅」の感覚が足りていない気がしてしまいます。「自分の信ずるコト・モノ・人以外は無価値」みたいな。それってイヤな感じがします。というか、そんな世界つまらないですよね。……いろんな人がいて、いろんな考えがある。それで様々な面白いコトやモノ、また人が生まれると思うんですよね。うまく言えないけれど、僕は多くを受け入れてみたいのです。

 さ、本日は一応、もの凄い歩いてみました。ザーッと長く振り返り。まず銀座へ。主目的は銀座中条にて、豆乳おかきです。結構、買いだめしときました。他にも当然のように茶銀座、スターバックスとあったのですが、ソレゾレさっさと適当に流してしまいました。……なんせ、先が長い歩きになるとわかっていたので、体力の関係です。

 そしてDIGAWELへ。今日は中目黒から行きましたが、やはり坂を上るのはしんどい。祐天寺から下っていくほうが好きですねぇ。今回も様々な話を。いろいろ情報なり、個人的興味のアドバイスを頂いたりして、なんとも和みます。……んで、一つ購入。ですが、ちょいと訳あって今は手元にモノがありません。近いうちにご紹介します。

 そのまま諸所の古着屋やショップ等に寄りつつ、代官山へ。ここでの主目的はアーツ&サイエンスにて入荷された、後染めのニュースペーパーバッグ。ところが、なんだか染めの具合が個人的に納得いかず、結局買わずじまい。その代わりベージュのブラウスに魅かれたのですが、こっちはサイジングに納得がいかず、買わずじまい。んー……なんだか今日はシビアに見ていたかもしれませんね、いつもより。良いことではありますが。

 ほんでまた諸所のショップ―最近のお気に入りの、あるショップはなかなかです。でも場所がキツイんですよね―を転々としつつ、なんだかんだで歩きのまま青山へ。クレイドルなんかにもブラブラしながらコルソ。ここでもバッグを検討しつつも、ある一部がどうにもシックリこない……。ただ、もう少し秋が近づけば印象が変わるかもしれません。それまで、待ち。

 で、またいろいろ見ながら原宿まで。狙っているグレーのシューズを物色。履き心地が素晴らしいのは確定しているので、悪くはないのですが、どうにも心が定まりません。コレも結局保留。今、ちょっとアイデアがあって、ソレをやろうか考え中。上手くいけば理想的なグレーシューズになるのですが……失敗の可能性も高い。

 んでまた回りつつ、後に一路池袋へ。ここでもリブロだのなんだの歩き、帰宅。えー……歩きすぎでグロッキーです。単純に道だけを歩けば、大して疲れないのでしょうが、店を回ると結構大変ですよね。今日はそんな大変さの割に、シビアに行き過ぎたのか収穫は極少。ま、いいです先への貯蓄ですよ、はい。

 長いですが、画像は毎月恒例のFUDGEにGINZA。FUDGEでは先月では大きく、今回も少し、僕の目下最注目ブランドをのっけてくれています。うーん、イイですねFUDGE。特集テーマの「流行る」とかうんぬんはどうでもいいって感じしますが。GINZAは分厚さに対してはちょっと不発。んー、紙面が単調です。ま、そういう時もあるでしょうね。

 ストップしますか。もし、学生らしい活動に一息がつければ、新しいコトを2つほどきちんと始める予定です。独学で進めるのは大変かもしれませんが、やってみないことには。これまでは簡単な部分しか触れていませんでしたが、絶対楽しいですからね。

 本日のカップ:ウィルキンソン・ジンジャーエール。刺激が弱いとはいえ、コンビニでウィルキンソンが簡単に買えるのはやはり嬉しいですね。ビンを初めて飲んだときはビックリしたなぁ……昔。だって、ジリジリして舌が熱いんですもん、ある意味。

|

« 赤いリボン | トップページ | 若き日の思い出 »

「book」カテゴリの記事

「fashion」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも拝見しています。
コルソには現在どのようなバッグ置いていますか?
まだメッセンジャーあるかな。

投稿: どさんこ | 2006年8月12日 (土) 01時17分

最初のほうに書いてあること、なんとなくわかります。
僕も幅を持ちたい、多くを受け入れたいと思います。
そう思いつつも、ちょっと勘違いしているんじゃないか的な若者や「幅の感覚が足りてない」と思えるような人を受け入れたくはない。

んー、なんだか矛盾。
多くを受け入れたいけれども、絶対に受け入れたくないものもいっぱいあります。

投稿: りやう@海外行きたい願望 | 2006年8月12日 (土) 23時58分

>どさんこさん
あの加工メッセンジャーはもう置いてなかったような。
僕の目的は去年から続いて出してくれている、コルソ×カツユキヨシダの初期の復刻バッグです。
トートが調子良いので、ショルダーも買おうとずっと思っていて見てるんですが、いかんせんベルト部の太さが……。
ただ、もう少し分厚い服を着る時期になれば、イメージが変わる気もしますので、それまで待とうという感じです。

投稿: circus | 2006年8月13日 (日) 00時13分

>りやうさん
僕もそういう意味では、矛盾があるなぁとは感じるのですが、なんというか「多すぎる」気がするんですよね。ここんとこの若い人って、似たような位置でまとまりすぎている雰囲気。
もちろんそういう社会現象、状態も受け入れようとは思うのですが、「受け入れる姿勢を持たない状態」の社会をみんなが受け入れてしまうと「本当に誰もが受け入れる姿勢を持たない状態」に流れ、留まってしまう気がするのです。
それは絶対に良くないなぁ……と。

もちろん僕にも受け入れたくないモノはたくさんあったりします。
ただ、いきなり受け入れないのではなく、自分なりに「なぜ受け入れたくないのか」や「受け入れない意味はあるのか」とか「受け入れることで何か変化があるのではないか」などを思考します。
その思考プロセスが大切で、そのプロセスを踏んだ結果のことなら受け入れないのも当然と思うのです。
ところが、最近はそのプロセスも踏まないのに受け入れない人がいる。それが結構「幅の感覚の足りない」人だったりするように思えるのです。

そんな具合をひっくるめての矛盾です。案外、その矛盾というのがポイントで、ある種の正しさなのかもしれません。世の中は物事も人も、まっすぐだけじゃなく矛盾が溢れているワケですし。

投稿: circus | 2006年8月13日 (日) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/3024936

この記事へのトラックバック一覧です: 慎重な姿勢:

« 赤いリボン | トップページ | 若き日の思い出 »