« からくれない | トップページ | グレードアップ »

2006年8月30日 (水)

インペリアル

Dsc01653 秋冬の計画をアレコレ立ててはいるのですが、なんとも大変そうです。いえ、完全に趣味がって話ですけどね。なんとかそれぞれのクオリティを下げないようにしながら、新しいことを始めたい。……ワガママですね。でもそれぐらいのモチベーションで物事は始めないと、つまらないのです。

 本日はとあるムック本。兄が突然買ってきていて、ついつい読みふけってしまったのですが、「サービスの花道」だそうです。サービスに関しては持論ももちろんあるので、結構面白いです、コレ。

 既に3刊目みたいなのですが、相当なリッツ押しです。あ、リッツカールトンですよ、ホテルのね。そりゃ、もうリッツのサービスといえば、ビジネスに興味がある人間にとっては、もはや常識ですがね。……相変わらずキてますよ。僕は帝国ホテルだって負けてないとは思っていますけれど。業界の中では、やはりリッツにおされ気味なようですね。両方とも相当にトップでの争いって話ですけれど。

 そのほかにもスタバなどの話をのっけてみたりしていて、いろんなサービスを覗き、学び、自分なりに考えることが出来ます。こういうのを雑誌形式で出すってのは、スゴイですね。流石の講談社と言わざるをえません。雑誌形式なので、当然キャッチーな俗っぽい企画もあったりしますが、情報量としては少なくない。十分、買うに値する出来と思います。

 分厚い単行本で、ある特定の企業のサービスやあり方を見る、というのはとても面白いですし、タメにもなりますが、時にはこういう全体主義的な視点で見るのも一興です。純粋な楽しみとしても。

 サービスというのは非常にデリケートで難しいモノです。僕だって最高のサービスをしてみたいとは思いますけれど、そう上手くはいきません。また、TPOによって最高のサービスってのは違う、と僕は思います。例えば、マックや書店、ガソリンスタンドなんかで、リッツカールトンばりのサービスをするのも、なんか違うなと思うのです。その環境によって、適切があるというか。

 個人によっても良いサービスってのは捉え方が違うので、さらに難しい。ある人にとっては最高のサービスでも、ある人にとっては単なる迷惑になりうることだってある。……見極めは究極の難しさです。僕はまだまだひよっこです。いろんな意味で、まだまだ未熟者です。でも日々、自分なりにサービスというものは考えるのです。がんばらねば。

 ところで、僕の最大の持論は、「最高のサービスとは与えるほうだけでは成り立たない、受けるほうも最高の受け入れをしなければならないのではないか」ということ。すごく良いサービスを受けたのに、受けた側が何の感謝や想いが無かったりするのは、僕は大嫌いです。僕は絶対にそんなことはしません、したくありません。「良いサービスは、良い消費者が作るものである」とも思っているからです。もっと俗っぽく言えば「良い店が良い客を作り、同時に良い客が良い店を作る」……そういうことなのではないか、と。……うん、譲れない持論ですね(笑)。

 だから僕は時々、店などでちょっと気分が悪くなることがあっても、僕は良い対応をしようとしたりします。そうすることによって、相手が何かを思い、もしかしたら次に来るときには、もっとグッと来る素晴らしい接客になっているかもしれないからです。……ま、いつもではないですけれど。でも、そういうことを考えたりしてます。

 熱くなりましたが、これにて。aikoのアルバムは想像以上に良いみたいです。当たりです、僕にとって。ただ欠点は歌詞カードです。僕って、見易いのが好きなんですよね。写真の上に文字とかって、実は苦手だったりします。文字がしっかり見えれば、それでも構わないんですけれど。

 本日のカップ:ウィルキンソン・ジンジャーエール。なんとなく飲み物の決定に悩むときは、コイツに頼ることが多いのです。サイズ的にも、丁度良く飲みきれますし。でもやっぱり、ビンが飲みたいなぁ……とかも感じちゃいます。     circus

|

« からくれない | トップページ | グレードアップ »

「book」カテゴリの記事

コメント

初めましてkopaです
いつも楽しく読んでおります、
サービスってムツカシイです、
サービスされている」という感覚を疎ましく感じる人もいるでしょうし、それを求める人もいる、
コンビニでの最高のサービスとホテル内におけるソレとはまた違うと思うんです、「お客様が気を使わない」これが僕の現時点の最高のサービスです、
服屋さんでいい接客をされるとなんだか服を買ってしまう思うツボの僕ですがそれでもヨシとウカツに思ってしまいます、ただ買わせようとする接客にはすぐさまセンサーが反応するkopaでした、ディストリクトに行きたーい

投稿: kopa | 2006年9月 2日 (土) 01時24分

>kopaさん
初めましてです、読んでいただけて嬉しいです。
「お客様が気を使わない」、コレは確かに大切ですね。
僕としては、「あえてほんの少し、客が気を使うスペースを残してくれる」ってのも好きです。
理由は様々ですが、要は僕が気にしいだからかもしれませんが。

服を買う際は接客も絶対にポイントかと。ディストリクト……あの立地でなければ、好きなんですけれどねぇ。

投稿: circus | 2006年9月 2日 (土) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/3263319

この記事へのトラックバック一覧です: インペリアル:

« からくれない | トップページ | グレードアップ »