« 白肌銀座 | トップページ | アメリカ小僧 »

2006年8月 5日 (土)

スルメ・ブルーハーツ・回帰線

Kaikisen ちょっと面白いムック雑誌を発見いたしまして、なんというか懐かしさが漂ったり、僕の中のとある国へのある種の憧れが喚起されたり……ちょっとカタログ感もしてしまうのが幾分残念なポイントですが、それでもなかなか。近いうちに。

 今日はCDです。ジャパハリネットの待望のサードアルバム、回帰線をようやく買いました。モチロン、ババッっとまずは総てを聞き流してみたんですが……あいやー、毎度のことながら、第一印象はさほど良くありません(笑)。ジャパハリに関しては、確実にそうなんですよね。でも、聞き込むとハマル。まさしくスルメです。

 演奏やメロディーや詩とかのスタンスを見ると、やはりブルーハーツっ子なのだなぁ、としみじみ思います。どことなく、趣が出てしまうんですよね、そういう類の。曲の中にアソビがあったり、ふざけてたり、イキナリ真面目そうだったり。……まぁ、とはいえまだまだ敵わないレベルですけれどね。

 それでもなんだかんだで、ジャパハリネットは大好きです。なによりもまず、ヴォーカルが上手いわけです。正直、今流行りの技術的なことだけ言えばさほどでは無いのですが。……そういうのとは無関係に上手いのです。それも言わば、ブルーハーツ的なわけですけれど。

 イマイチな部分があるとすれば、それはやはりメロディーのバラエティーと、詩の微妙さでしょうか。詩に関しては、結構ググイっと良いときもあるので、なんともですが。メロディーはなかなかに似たり寄ったりです(笑)。ま、その雰囲気も嫌いではないので良いっちゃ良いのですが。

 とにかくジャパハリをまだご存知ない方は是非一聴。はっきり申し上げて、誰もが好きになるようなグループではありません、そういう曲でもありません。なんで、軽い気持ちで聞いてみてください。気に入ればラッキーみたいな。……個人的に言うなれば、ファーストアルバムがやっぱりステキです。あとはインディーズ時代のアルバム。

 さ、これからドンドン聞きます。それにしても欲しいCDが幾つも。とりあえず、いい加減にスネイルランプのアルバムは買っておきたいところです、はい。アレ、たまらなく良い出来ですよ、きっと。

 これにて。伊勢丹にて行われる、UKの詳細がだんだん明らかになってきました。うむむ、なんだかポロ以外にも魅力的なのがやっぱりありそうです。10月が楽しみです。あ、その前に近いうちに伊勢丹に行かないと……ちょっと良さげなTがあるんですよね。

 本日のカップ:グァバジュース。あーもう、コーヒー禁断症状をかましそうです。当然ながらコーヒーそのものは飲んでいるのですが、自分で淹れた新鮮なのが飲みたい。どうにかしないと。     circus

|

« 白肌銀座 | トップページ | アメリカ小僧 »

「music」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/2947882

この記事へのトラックバック一覧です: スルメ・ブルーハーツ・回帰線:

« 白肌銀座 | トップページ | アメリカ小僧 »