« 慎重な姿勢 | トップページ | ダブルコンビネーション »

2006年8月12日 (土)

若き日の思い出

Dsc01606 今また、少しだけ部屋を動かそうとしています。それとは別にふと思うのですが、僕は部屋を片付けたりする時にあることをイメージします。例えば、もの凄いぐっちゃぐちゃになっている時なんか、特に。……それは「パーツ」ということです。この部屋はおそらく多くとも4000くらいのパーツで出来ている、と。そうイメージしながら、ゆっくり落ち着いて一つずつモノに対処していく。そうすると、いつかはこのパーツが全て整う、と思えて結構スムーズに、イヤになることなく進みます。……そういうのって僕だけですかね。

 本日はCD一発。もはや定番グループ・モンゴル800の「Daniel」です。まぁ、なんというかとりあえず無条件に買って聞いてみるわけですけれど……ねぇ。ファーストの底抜けたノリはかなり好きで、セカンドのバカ売れ上等なメロディアスも好きで、サードのそれとなくナチュラルに反戦な雰囲気も好きだったんです、はい。ところがどっこい。

 今回、正直結構キツいですかね。いや、キヨサクが歌っている歌は比較的良いんですよ。ちょっとファーストの匂いがする曲もあったり、ちゃんとこの人達っぽいメロディーも感じられるんで。……しかしです、儀間さんはいかがなものでしょうか。うーん、やっぱねヴォーカルにはそれらしい声質ってのが求められてしまうと思うんですよ、上手いヘタとか言う前に。儀間さんは、はっきり言ってモンゴル800のヴォーカルとしては合わない。そう思ったりしてしまうんです。

 別に声が悪いというのではなく、たまたまこのグルーブや曲たちには合わないという話です。だから、少しもったいない。彼はモンゴル800では、全てを歌うべきではないと感じます、コーラスとかはかなり良いんですけれどね。逆に言えば、儀間さんが歌っている曲も、キヨサクが歌えば何気に良い歌に聞こえる気がするのです、はい。

 もちろん、僕の好みっていうのが多分に関係はしているのでしょうが、ちょっとこのアルバムを素直に「良いなぁ」と感じることは出来ませんでした。おそらくipodに入れる際も、半分くらいの曲数に削減されるでしょうね。

 辛口ですね(笑)。これほどに辛口なのは、やはり期待があるからです。プロに期待は付き物です。音楽に限らず、服でも文学でも、なんでも。期待に応えるのは大変ですが、仕方が無い。それがイヤなら、プロではないのです。でも、期待を上回るほどのクリエーションが出来ると、そこにプロを感じ、僕は感激するわけで。……いやー、辛口だ(笑)。ただ、あくまで僕の感想なので、好きな人は好きかもしれない。まずは当然、偏見なしに聞いてみてくださいね。

 これくらいで。喉風邪を引いてしまった模様です。痛い、痛い。そんな時は無性に温かい飲み物が恋しくなります。早めに休んで、早めに治そうと思います。

 本日のカップ:ホットココア。風邪のときのココアは、尋常じゃないくらいに美味しく感じます。体全体に甘いぬくもりが染み渡るイメージ。2杯も飲んでしまいました、アマアマ。     circus

|

« 慎重な姿勢 | トップページ | ダブルコンビネーション »

「music」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/3037922

この記事へのトラックバック一覧です: 若き日の思い出:

« 慎重な姿勢 | トップページ | ダブルコンビネーション »