« パン・時計・蟻 | トップページ | 趣のベクトル »

2006年9月24日 (日)

にゃぁーと啼く日々

Dsc01710 HUgEを読みました。そろそろだろうな、と思っていたことがしっかり起きました。ひどくつまらないです、マジで。もう、かつての面白かったHUgEは戻ってこないのでしょうか。モノの選択の方向性も、ページの作り方なども、どうにも安易に済ませました、みたいな雰囲気がしてイヤなのです。……んー、良い雑誌を継続するっていうのは、それだけ大変ということでしょうね。

 ネコです。どこからどうみても、ネコです。以前からうちにはあったものの、兄の手に渡り、とても残念に思っていたネコです。北海道の銘菓「白い恋人」の30周年記念の缶セットについてくるストラップ……ようやく、自分用を手に入れました。

 どうにも不気味カワイイです。次のブームはコレでしょう、不気味カワイイ。いろんな角度から検証してみた結果、何が不気味かと言いますと、「白目に対して割合的にどう考えてもでか過ぎる黒目」が不気味1であり、「頭の大きさの割に手がやたらと短いし、なにより2本しかない人型」っていうのが不気味2、そして「口が無い」というのが不気味3であろうことが判明しました。……でもむしろその不気味ポイントこそが、同時に可愛さのポイントであることが、なんだか憎めないヤツなのです。

 もちろん、啼きます。「にゃぁ~~~~~お~~~ん!」と、やたらとリアルな鳴き声を披露してくれます。コレたぶん、イキナリ電車の中とかでなったら、注目の的間違いナシです。というか、絶対に怪しい目で見られます、はい(笑)。……啼かせたいときは、後頭部をぐいっと押すのですが、その際に顔までぐにっと押すことになるのが、なんとも不憫で仕方がありません。なぜ、胴体に組み込まなかったのか……。

 その理由がありまして、コイツ指にはめることも出来ます。指人形ならぬ指ネコですね。コレがまた微妙な設定でして、指の第一関節弱までしか入らないので、非常にアンバランスです。間違ってもコレで人形劇など、出来ようがありません。……ホント、無駄な頑張りが光っております。

 なんだか、噂によると、このネコくんは幸せを運んできてくれるそうですので、なんとなく本当にストラップとして、僕の携帯に寄り添っています。結構デカイので、pureminiⅡを使っている僕にとっては、携帯とほぼ同サイズのストラップとなり、ぶらんぶらんしている具合が、笑えます。……というか、やっぱり不気味です。

 今しばらくは、付けていようと思います。でもそろそろ携帯を変えたい気持ちが、高まってきている―これから出るとある機種のでいですが―ので、それに変えることが出来たならば、もしかしたらこのネコは引退するやもしれません。あんまり僕のイメージではないような気がしますが、それまでは頑張って連れていようと思います、はい。

 では。なんだか昨日の記事とのギャップがスゴイですね。それでこそ僕のブログだなぁ、としみじみ思えます。これから、ダリのやつを見直します。超現実の世界に浸ろうかと思います。

 本日のカップ:ボレロ/マリーアジュ・フレール/紅茶。うちの紅茶ポットはなんともボロボロで、すっげぇ東南アジアっぽいやつなのです。新しいのが欲しいのですが、良いのが見つかりません。これぞという、パンチのあるポットがいいんですけれどね。     circus

|

« パン・時計・蟻 | トップページ | 趣のベクトル »

「zakka」カテゴリの記事

コメント

同じくHUgE読みました。
前からそんなに熱心に読んでたわけではないので、落胆・・・ってのはとくにないです。
個人的にこの時期、秋冬が実際に着れるようになってきた時期、のGINZAがとても好き。

premini-IIは前に使ってました。
なんだか最近の携帯電話はどんどん魅力を失っています、自分の中で。
余計な機能ばっかりでゴテゴテ。
circusさんが次の携帯に何を選ぶのか、楽しみにしてます。

投稿: りやう | 2006年9月24日 (日) 23時47分

>りやうさん
落胆というか、こうなるだろうなって感じがしてたので。
なんというか、楽しめる雰囲気がないんですよね、ただただスタイリッシュに見せようとしてるだけみたいな。
夢がないと思うのです、紙面に。
とはいえ、他の雑誌に比べれば、モノとしてもまだ物欲が刺激されるほうなので、これからももう少し買っていくとは思いますが。

えーとですねぇ、次に選ぶのは待ってましたのアレです。やっぱり携帯といえば、無線といえば、あのメーカーがトップのカッコよさですから(笑)。

投稿: circus | 2006年9月26日 (火) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/3566377

この記事へのトラックバック一覧です: にゃぁーと啼く日々:

« パン・時計・蟻 | トップページ | 趣のベクトル »