« あと一息 | トップページ | 準備完了 »

2006年10月23日 (月)

ファルセット

Dsc01837 悲しみや辛さの兆候がありつつ、直接的にも間接的にも自分のせいではないにせよ、結果として誰かに訪れる悲しみや辛さをせき止めることが出来ないことが、なんだか悔しい。自分の無力さや未熟さを、否応なく感じてしまう瞬間。たとえ、現実的には僕がどうこうできるモンダイではないにせよ。……んー、でもそれを退廃的に受け止める意識なんて、僕は持ち合わせていません。できることをやるしかないなぁ、と結論は導き出されるのです。僕が出来ることなんてたかがしれているけれど、たかがしれていることで何かが起こることも、あると信じて。

 ゴッパーです。世間ではイヤホンでもはや御馴染みなSHUREのSM-58です。基本の基本、ど真ん中のど真ん中っていうダイナミックマイクですよね。近々、コレをまた使うような感じになりつつあります。……ようは、歌わなくてはいけないんですよね。いや、ま、モチロン歌いたいから歌うわけですが(笑)。

 このマイクには随分と思い入れがあります。本来、ヴォーカル向けのマイクなのですがそれだけでなく、かつてはギターの音もこれで録っていたので。57を使ったほうがいいのは分かっているにせよ、コイツの見た目と使いやすさがこうじて。……あの頃は自分で録音することが、楽しくて仕方がなかった。そうすることで、見えてくる現実があったものです。

 未だに風邪は悪化とまでは行かぬまでも、ソコソコ悪さがくすぶってくれているので、喉はグダグダなのですが、それでも曲を作らねばならないのです。旅立ちであり、祝いであり、感謝の曲を。今日はなんだかんだで昼間っからギターを握っていました。苦しい、けど楽しい。……うーん、ジレンマ。

 でもそんなこんなやっているうちに、やはりポフっと突然メロディーは舞い降りるもので、良い具合に進んでいます。このポフっとかそういう感覚って、創作するのが好きな人なら、分かりますよねぇ。曲とかだけでなく、なんにでもある気がします。本当に、いきなりシックリする何かが見つかる瞬間。これは相当に気持ちよいモンです。今日も……まぁナカナカ。

 ただただ気になる点は、やたらとキーが高いメロディーを大切な部分に組んでしまっていること。さすがに、1弦10フラット、つまりは高い高いレなんて、いくらなんでも地声じゃ出ません。ゆずの岩沢さんくらいです、出るのは。当然、ファルセットになるわけですが……いやいや、この喉の状態でファルセットでこの高さは、ある意味自殺行為です(笑)。……なんでこんなメロディーを組んだんだろう……でもすごい良いんですよね。

 さ、曲のカタチが見えてきたからといって気は抜けません。詩はまだまだ、ほぼノータッチなのですから。今夜は、メロディーに身を委ねつつ、詩の世界を読まねばなりません。……って、「世界の終り」じゃあるまいし。あ、小説ですよ、村上さんの。夢読みって概念はステキですよね、はい。と言いつつ、僕は「ハードボイルドワンダーランド」の側のほうが好きなんですけれど。……あぁ、完全にハナシがずれてる。

 とりあえず、コーヒーでも飲んで、頭をしゃっきりさせてあげよう。

 それでは。あーもう、支離滅裂。驚く位にひどい文章。それはそれで面白いからいーんですけど、なんだろう、頭がちょっと混乱しているのかもしれません。あるいは、今日覚えた、行き場のない怒りや深い想いをどう静めたらいいのかに戸惑っているのかもしれません。いずれにせよ……なるようにしかならないし、したいようにするしかない。

 本日のカップ:ブラジル/コカリベ農協/コーヒー。早くもブラジルはショート。いやー、あまりに素晴らしかったから、次もまたコカリベだったら買うこと間違いナシです。今日はいつもよりも更に濃い目でドリップ。上等、上等。この濃さでえぐみが出なければ、オーケーです。     circus

|

« あと一息 | トップページ | 準備完了 »

「music」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/3934455

この記事へのトラックバック一覧です: ファルセット:

« あと一息 | トップページ | 準備完了 »