« ベーシックスパイラル | トップページ | マーブルマーブル »

2006年10月14日 (土)

落ち着いた季節の装い

Dsc01798 知恵の輪って、とっても楽しいのです。「うぬぅー、取れねぇー、うぎゃー。」と悶絶しながらやるのが、たまらない。でも、知恵の輪って案外高いですよね。どう考えても良い金属ではないだろうし、型でバンバン作る類であろうのに。……やっぱ、そんなにバカ売れするモノじゃないからですかねぇ。

 さ、昨日はちょっと真面目に秋冬モノを購入いたしました。それがコチラのジャケットくん。おおかたは予想付いているかもしれませんが、コムデギャルソンオムのシャークスキンジャケットでございます。……こ、これが素晴らしいんですがな、マジで。あーでもでも、画像は全然うまく取れていない……むぅぅ。

 パッと見は完全にブレザー・スーツ的です。なんたってグレーのシャークスキン織りなワケですから。でもまず、なによりその雰囲気がステキ。シャークスキンって、スーツではそれなりに王道なんですが、最近は完全に流れじゃないからかあまり注目されないですよね。……でもやっぱり、 王道のオーラは強いです。

 いわゆるファッションジャケットになると、さらにシャークスキンは使われないような感じがします。それはシックすぎるからか、カジュアルに映えないと思われているからかもしれません。でもとにかく、そんな存在にやたらと惹かれてしまったわけです。……色も僕のど真ん中のグレー。もう一パターン薄いグレーがありましたが、こちらが僕にはピッタリでした。

Dsc01806 ボタン部のアップはこんな感じ。生地感もコレで分かりますかね。ツイードなどとはまた違った、独特の織り柄が見えます。これがすごく渋いんですねー。

 実を言うと、僕は今年夏になってからというもの、「今年の冬は、ツイードだってぇの、絶対。しかもヘリンボーンならなお素晴らしい。ネライはそこだよね。」なんて、内々では語っていたのです。しかし、なかなかドンズバなツイードが出てこない。そこでコイツがきたもんですから。……ツイードではないですが、それと同等以上の存在感、風合い、質感、クラシックさ、重厚感が感じられます。だもんで、コチラに落ち着いたのです。

 ボタンは銀色でございます。ちょっと黒ずんでいたりする感じで、これまた僕好み。薄いグレーの側は、ボタンが金だったんですよね……それも僕が避けた理由です。あー、このボタンも軽くクラシック気取っててステキ。

Dsc01807 そしてこのお堅いジャケットのポイントはコレ。えーと、裏地が完全なタータンチェック、赤でございます。でもこのチェックどこかで見たことが……って、明らかに去年の秋冬のジップネルのネル地じゃないか、と。いやー、そりゃあ「チェック具合もピッタリ!」なんて思うはずですよ。この柄が気に入って、去年のネルは買ったんですから(笑)。

 そうなのです。裏地に、本来ネルシャツに使うような、結構しっかりとしたネル(コットンかと思っていたら、どうやら裏のネルもウールでした)がすごく密着して、というかくっ付いて張られているのです。丁度、一枚じたてシリーズみたく。うわー、豪華。だって、この裏地部だけで既にブラウスなんですから、早い話。温かさも完璧ですよねぇ、東京の冬なんて楽にいけますよ。ジャケット一枚ですが、既にブラウスを羽織っているようなもんですから。……あいやー、そこかしこが傑作ぎみです。

 更にポイントが、作り。オムのくせに、妙にしっかり作ってくれています。まるでオムドゥのように。襟裏部に張ってあるウールもすごく良いウールですし、縫製に関しても、ある程度厚みを持たせているこのジャケットを、何気に細かいピッチで縫ってあります。……それってマジで難しいし、大変なんでっせ。諸所の縫い目やパイピングなどの処理もいつになく丁寧。モチロン裏地のチェックは左右がしっかりと対象にピッタリ合わせてあります、ジャケット裏地を合わせるのは面倒なのに。本当に真面目に作ってくれているジャケットです。

 どうやら期中としての入荷モノらしくて、店舗によっては入荷しない店舗もあるようです。でも、傑作なんで見かけた方は是非、マジマジと。欠点といえば、肩のラインの出し方くらいでしょうか。僕としてはもう少し、ふっくらしていてもステキだったかなぁ、なんて。まぁ、オタク的な好みの問題です、そこは(笑)。

 コレはすごくシックですが、カジュアルにも絶対に着れます。むしろそういう着方が、面白いだろってくらいな話です。でもそれは、このジャケットがしっかり王道、定番を踏んでいて、なおかつしっかり作られているから、言えることなのです。……僕は、最近のうじゃうじゃある似たり寄ったりのドメスティックブランドの、気持ちの悪い形のアンバランスさや、重みの無い作りは好きではないのです。分かる人、絶対いると思いますが。

 最後は毒を吐きましたが、これにて。えーと、語り足りない(笑)。このジャケットはそれだけ素晴らしいんです。まだまだ語りたい……でも長いし、自己満足の世界ですし、やめときます。うーん、満足度の高い、しっかりとした秋冬モノとなりました。あ、そういえば、マフラー買ってないや……狙っていたのは売り切れっぽいしなぁ。なんか、代わりを探さなければ。

 本日のカップ:おでん。カップじゃないのは明らかですが、寒くなってくるとやはりコレが美味しい。いや、夏でも全然食べるし美味しいのは確かですが。個人的に大好きなのは、厚揚げ、ちくわぶ、すじ、玉子、そして当然大根。例外ではタコも良いですよね。あ、もちきんちゃくもはんぺんもいーな。……要するに、おでん自体めちゃくちゃ好きってことですね。     circus

|

« ベーシックスパイラル | トップページ | マーブルマーブル »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

すごいいいですね!いくらくらいしましたか?
自分はギャルソンで買ったことがないので、店員が出してくれるかわかりませんが、、

投稿: mar | 2006年10月15日 (日) 21時02分

むぎゃー、うらやま!
語りたい気持ちもわかりますとも。
写真に納得がいかない気持ちもわかりますとも。
そして、ドメスティックブランドへの不満も。
グッとくるのがなかなかないので、慢性的な"ジャケット欲しいけど買えない病"になっています。
2週間くらい前に見たオムの裏チェックの、試着して迷いに迷った末に買わなかったんです。
今思えばカード出してでも買っとけば良かったかも、くぅー。

投稿: りやう | 2006年10月15日 (日) 21時09分

これは東京の真冬でもいけそうでしょうか?
かなり生地が分厚いのでしょうか?

投稿: 明鏡 | 2006年10月15日 (日) 22時22分

お久しぶりです。
ギャルソンネタだけちゃっかり顔だしたり(^^;
ほぉ~こりゃ初めてみるタイプです。遠めはたしかにブレザー的ですね。
サイドのポケットの作りなども最近の流れではない正に「クラシックオム」ですね。やっぱり三つ釦万歳。
裏地が総チェックときましたか。もちろんアームにもありですよね?
このチェックが袖や裾だけ表に切り替わったタイプは見ました。

ちなみに僕は流されるようにツィード戴きました(笑

投稿: ベル | 2006年10月15日 (日) 23時11分

>marさん
えーと、作りや素材の良さに反して、意外や意外、あんまり高くありません。諭吉さんが8人から9人くらいいれば、コレと交換してもらえます。
いやいや、ギャルソンの店員さんって別にそういう冷たさはないですから、普通。
都市伝説みたいに、一部になんかやたら酷いイメージがあったりもするみたいですが……。
ただ、店舗によっては裏にストックしてる類のモノではありますね、コレ。

投稿: circus | 2006年10月15日 (日) 23時56分

>りやうさん
りやうさんが迷った裏チェックの、二枚っぽいけど一枚地のジャケも良かったのですが、ウールが僕の求める感じではなかったので、一味違うコチラに落ち着いた限りです。
ただ、アレもコレもそうなのですが、やっぱりサイズ感が若干大きめな気はします。それがまた良いんですけれど(笑)。
僕はSを買ったのですが、結構余裕あります。

投稿: circus | 2006年10月15日 (日) 23時59分

>明鏡さん
んーと、ウールの表地はブレザー調なので、まぁまぁ厚手です。それよりもやはり裏地のチェックネル。
裏地って、キュプラとかでも付いているだけで相当温かいわけですが、それがそれなりに中厚くらいのネルが密着しているわけですから。
ヘタに安っぽい中綿とかよりは、保温性があると思いますね。

東京の冬ならば、全然越せるはずです。寒がりでない限り。
ただ、首もとはやはり弱点なので、ストール等でカバーは必要ですけれど。

投稿: circus | 2006年10月16日 (月) 00時03分

>ベルさん
そーなんですよ、クラシックオム。これこそ僕の求めていた、今年の感じだったのです。

あ、もちろんアーム部にも裏は張られています。だもんで、袖をまくるとまたスゴク表情が変わって良いのです。
えーと、実は表とかが切り替わっているシリーズとは別物っぽいのです。あれはりやうさんへのコメントにもあるように、二枚っぽいけど一枚地ってシリーズで。
あんまり表には飾られてないので、見ていない人も多いのですかね、このジャケットは。
あのシリーズは確か、ウールが普通のフラノっぽい感じですよね?
ところがコレはシャークスキン、かなりイメージは変わります。色合いも相当、違いますし。

ツイードいきましたかー!切り替えしは僕も好みだったのですが、色感とツイードの肌触りが、僕には合わないな、とスルーしてしまいました。
ツイードといえば、ダウンをしきりに勧められちゃっています。
でも、正直東京でダウンって、あんまり活躍しないんですよね(笑)。ベストはちと欲しいですけれど。

投稿: circus | 2006年10月16日 (月) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/3806414

この記事へのトラックバック一覧です: 落ち着いた季節の装い:

» 裏を見て、裏を [木琴(仮)]
かなり久しぶりにFRAPBOISの服を買いました。 思えば最後に買い物をしてから、1年ほど経っちゃってます。 その間に仙台のFRAPBOISはオンリーショップではなくなり、セレクトショップ中の1つのブランドとしての取り扱いに。 といっても顔見知りのスタッフさんはそのままなの..... [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 21時53分

« ベーシックスパイラル | トップページ | マーブルマーブル »