« 武田信玄ばり | トップページ | 千手観音 »

2006年10月 8日 (日)

セルフエイジング

Dsc01774 大豆って取りすぎはダメなんだそうです。イソフラボンにやられるそうです、逆に。何をやられるのかってのは、全然わからないんですが、とにかくイソフラボンだって取りすぎはイカンそうで。……でも、今現在の納豆ブームは静まりそうにないので、イソフラボンなんかにゃ負けません。

 エイジングってあると思うのですが、アレですね、モノとかが使い込まれることによって良さが増す、みたいな。ソレってモノに限らず、自らにも言えることな気が最近します。……セルフエイジング、要は自分自身のエイジングってのも大切なのではないか、なんて。なんかセルフエイジングって意味が違いそうですけれど(笑)。

 このところ、「ぜってぇ、30代や40代は、ツライながらも死ぬほど楽しい」なんて趣旨の事柄を連呼しているのですが、そういうことです。20代やそこらでは、きっと味わえないような楽しみがそこにはあるはずで……ま、モチロン20代のうちに、それ相応の経験やら努力をしてこその賜物であることは、大前提。どうでしょうね?

 んで、そんなコトを考えてみると、20代にもある意味、既に10代に比べエイジング効果が期待されうるトコロはあるのではないか、と感じたり。そこで今日は、画像のハンカチさんが登場です。ジムトンプソンのシルクハンカチさん。……おもいっきりシブイ感じなんで、これまでずぅっと未使用でした、はい。

 ところがどっこい、20代になって落ち着いてきたこの頃、今なら使えるんじゃないかなぁと感じます。ようやく、こんなシンプルで渋いタイプのハンカチでも、しっくりくるような……。ほとんど自己満足で許せるかどうかってのが基準になるのですが、なんかイケル雰囲気がすごくします。だもんで、近いうちにデビューさせてあげようと目論み中なのです。

 モノとしては、そもそも最高。すごくサラサラで柔らかいシルク、深みを感じる紺のベース、そしてアクセントばっちりなパイピングの赤にジムトンプソンの赤ロゴ……いや、マジで申し分ないのです。本来、ドレス的な時こそ本領発揮で使うシーンなのでしょうが、でも僕はしっかりカジュアルに使いたいわけで。……だからこそ、これまで使ってこれなかったんですやね。若さに守られたカジュアルには、絶対に合わないから。少々落ち着きを持った、けれどまだ若さもあるカジュアルにこそ、合うと思うのです。

 どれもこれも基本的にたどり着くのは、「僕の気分に沿ってくれるかどうか」って話なので、全部「思う」とか「気がする」とかになるんですけどね。とりあえず、大切に使ってあげます。ハンカチのくせに、手洗い表示がしっかり付いているのが、なんとなくシャクですが。……ところで、このシルクでブラウスが欲しいなぁ……とか思ったりもします。相当、高くなるでしょうが。

 それでは。季節の風には匂いってのがあるんですが、今日はもう秋にも関わらず、春の匂いを感じる一瞬がありました。本当に一瞬の出来事。身近で、新たな旅立ちの空気を感じた瞬間でした。その時に吹き抜けた風は、それなりに冷たかったけれど、確かに春の匂いがしました。……匂いっていうのは、リアルな嗅覚的なものだけでなく、自分の心持ちや奮い立つ感情にも左右されうるのではないか、そう感じた貴重な一瞬。僕はまた一つ、ほんのすこしだけれど、成長したように思えます。

 本日のカップ:アイスミルク。連日続いていたコーヒーも、ちょっとだけ休憩。今日は、ミルクにとても良く合うおかきが家に来ていたので、その影響。銀座中条も美味しく合うのですが、アイスミルクには今日のおかきの方が好きかもしれません。……何気ないピーナッツ入りおかきなんですけれどね。     circus

|

« 武田信玄ばり | トップページ | 千手観音 »

「zakka」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/3740445

この記事へのトラックバック一覧です: セルフエイジング:

« 武田信玄ばり | トップページ | 千手観音 »