« コンプレックス | トップページ | スクラッチ »

2006年10月31日 (火)

夢の記憶

Dsc01871 あぁ、なるほど。確かに僕は無駄なところにばかり頭や力を注ぐし、時折、するべきことを見失い慌てることもあるけれど、それでも。単純な人間だからかもしれずとも、悪くないなと思ってしまうのです。……たぶん一般的に考えて、僕にはある種の多くが欠如しているからなのでしょうが……僕にしかない何かもあるんだよなぁきっと、なんて信じ込んでしまうのです。なんと、身勝手かつポジティブかな。

 すごく懐かしいモノが、突如姿を現しました。なんたってカセットテープですから、それだけでも最近久しく見ていなかった気が……。でもこのテープを見ていると、なんとなく必然的に、少し気分がセンチメンタルになり、少しやる気に羽が生えます。あくまで、少しってのがポイントですがね(笑)。

 僕が高校生ほどのころの、とあるインディーズミュージシャンのテープなわけです。まだ音楽活動自体は行っているみたいですが、ま、たぶん売れることはないでしょう。けれど、彼の書く曲が、つまりは奏でるメロディーや歌詞が良くないとは、あまり思えないのです。もの凄く良いとは言えなくとも、今売れているある程度の人達に、ひけをとるものではない、と感じます。……でも、ほぼ断言して、売れることはないのでしょう。

 ものごとにおいて、実力が大切であることは語る余地はないかもしれません。でも、実力だけではどうにも出来ないことが、確実にあることも事実ではないかな、と。要するにそれは、運といわれる類です。果たしてそれが、「人とのめぐり合い、出会いの運」であるのか「世の中の流れと、自分のスタンスの関係性の運」なのか、あるいは「実力すらも、完全に補ってしまうような絶対的な運」かどうかは、あるとしても。……何の世界にあっても、共通で感じられることでしょうね。

 ところで、僕もかつて幾つかの夢を見ては、諦めたこともあります。諦めているように思えて、実は心の中では粛々とくすぶっている夢もあります。くすぶっている夢は、それなりにサイズダウンしていたりもしますけれど。そういえば「大切な人に対して、自分の言葉とメロディーで想いを伝える」というサイズダウンされた夢は、ごく一部の場合において、若干出来るようにはなっている気がします。……それで喜んでもらえている、と思います、タブン。まだまだ、出来ていない「大切な人」はいるわけですが、おいおいなんとかしてみたいものです、ほぼ自己満足の世界だろうけれど。

 人前で歌うってのは、実に楽しいものなんですよね、実際。僕の場合は、すごく限定された範囲の人にはどうやら良く聞こえるようです、これまでの経験上。よく自分で曲を創ることを言うと、「そんなことは意味がない、だって職業じゃないわけだし」なんて批判されたりもしますが……でもね、音楽ってすごく個人的なモノでしょ、極論。だから、僕は僕で創らない生活はなんかリズムが変だし、創りたくなってしまうものだし、ずっとこれからも続けるんでしょうね、個人的な範囲で。なんか、楽しいだろうなぁ、歳を重ねても創っていると……うん。

 あ、話がズレズレですね。これからこのテープを何年かぶりに聴いてみようと思っています。そりゃあ、録音状態が素晴らしいわけでもないし、保存状態も悪いわけですけど。サイズダウンされる前の夢を、ちょっと思い出せそうなので。

 では。兄がなんの流れに乗ってか、ギャルソンオムでダンガリーのブラウスを買っていました。賛否はあれど、僕の感想は「似合えば、モノとしては良い」という判断だったので、兄が買ったのも納得。なんか、ついでにクラークスのシューズも新しくなっていました。……ずいぶん、羽振りがいいですねぇ、イロイロ大変な時期なのに。ええ、ただただ羨ましいだけです(笑)。

 本日のカップ:ブラジル/コカリベ農協/コーヒー。うちのコーヒーはそりゃ美味しいんですが、ひとえに豆のおかげです。淹れる力も経験の分、随分と上がっているとは思うけれど、まだまだ。でも、そんなコーヒーでも、僕は変わっている人間なのか、自分が飲んで美味しいと感じるより、「人に飲んでもらって、美味しいと言われる」方が、数倍嬉しいんですよね。     circus

|

« コンプレックス | トップページ | スクラッチ »

「music」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4024215

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の記憶:

« コンプレックス | トップページ | スクラッチ »