« ポテンシャル | トップページ | 海外逃亡願望 »

2006年10月26日 (木)

シリアスメロディー

Chemistry ギター三昧です。本来は美術館に行こうと予定を組んでいたのですが、完全にすっとばしてしまいました。もちろん、既存の音楽に合わせて弾いていたり、それとは別で自分の曲を弾いたりするのですが……ヒサビサに指がだるくなりました。そのおかげで、キチンと製作中のメロディーはブリッジを除きほぼ上がったので、まぁ良しと。弾き終えても、音楽を鳴らして聴きっ放しなので、音漬けです、今日は。

 そんなわけで、更新も音楽モノ。昨日買ったもう一枚は、コレです。初めて買いましたよ、この方々。いろんな事情で問題になった―既に解決方向ですが―「約束の場所」です。あ、今回は曲に関してはもの凄い肯定ですが、ある種の面では毒が溢れているので、苦手な方はすいません、読まずに避けてください。

 モンダイうんぬんはまず抜きにして、この曲は非常に好きです。というか、マッキー天才としか言いようがありません。すごくマッキーっぽい節が入っているにも関わらず、二人の雰囲気に合わせたメロディーに仕上がっています。はっきり言って、この二人のこれまでの曲に関しては「なんだかなぁ……、路線が良くないよなぁ、歌はそりゃ上手いけれど」って感想しかなかったのですが、今回は素直に「好き」といえます、キッパリ。

 えと、ただしこの曲、うまく歌うのは死ぬほど難しいです。お二人さんは、やはりそういう意味ではスゴイと感心します。えーと、自分で歌って、録音してみれば分かることです。「いやいや、オレは普通に歌えるから、だってカラオケめちゃ得意だもん」なんて思っている人がいたら、試しに録ってみて下さいね、この曲。しかも、できれば伴奏はシンプルにして。……正直、ヒドイことになりますから、ほとんどの場合。よほど稀に本当にめちゃ上手いか、それ相応の練習をしているとかじゃないと。それぐらい、難しい。

 これまでのこの二人の曲は、そうでもないんですよ。案外、歌ってみるとソコソコ上手く聴こえる。ま、そういう感じの曲をわざわざ選んでいるのでしょうが。でも、今回はねぇ……良い分、大変。あ、まぁそりゃ「ただ歌いきる」こと自体は全然大変じゃないですよ、うん。大変なのは「ウマク歌う」ことなワケで。……僕としては、安易にカラオケで歌うのは避けたほうが良いと思います。ノリ重視で、上手いヘタはどうでもいい場なら、別として。

 でも、とにかくメロディーがステキです。とても僕好みにナチュラル。うーん、マッキーには毎度驚かされます。しかしながら、それより毎度思うのが、「確かにその歌わせる人に合わせて作られてはいるけれど、明らかにマッキー本人が歌ったほうが良いよなぁ」ということ。……それは同じく思う人多いと思うけれど。

 さて、ここから先は松本零士さんの熱狂ファンとかの方は、絶対に「絶対に」読まないで下さい。たとえ読んで不快な想いをしても、僕は責任は一切とりませんので、あしからず。

 話題になったパクリ問題に関しては、僕は笑えました。こんなんでパクリって言ったら、この音楽業界成り立ちませんから、マジで。題名丸かぶりとかどうするんですか、コード進行丸かぶりとかどうするんですか、言い始めたらキリがない。その上、マンガに載っているセリフというかメッセージに似ているからなんて……おいおい、と。枠も違うし、そんなのしょうがねぇだろ、と。そしたらアレですか、「夢」と「時間」と「裏切らない」って言葉を近い位置で使ったら、なんでも全部パクリなんですか?、と。……どの単語もはっきりいってありふれたモノだし、この発想だって絶対に起こりえないなんて、もの凄い特殊なモノでは断じて無い。そんなのソレを気に入って使っていただけの人のエゴですよ、エゴ。

 しかも、その際に「彼はこのセリフを知らないはずが無い」とか「これは長い年月をかけて蓄積されてこそ出てきたセリフなのだ」とか「創作に対する侮辱」とか言い出しちゃったもんですから、余計に情けない。そんなの、自分で声を大にして言うことじゃあないでしょ、と。周りがそういう風に言うのなら、いいですけどね。驕りもいいところです、謙遜とかそういう美学が一切ない。だいたいねぇ、「そのマンガのタイトル自体パクリだろうが、枠も近いし」、と言いたくもなります。もしかしたら宮沢賢治だって、もの凄い頑張って「銀河鉄道」って言葉を作ったかもしれないでしょうよ。そしたらそのマンガのタイトルも完全に侮辱でしょうが、って。……「それは著作権が切れてますから」とかもし言い出す人がいるなら、その人こそ創作を侮辱してますしね。タイトル以外にも、総てが完全にオリジナルだなんて本当に言い切れるんでしょうか、と問い詰めたくもなります。

 めちゃくちゃ毒を吐いてますが、要は僕はマッキーの音楽は好きである、ということです。というか、音楽においてあんな風にパクリとか騒ぎ立てるのは、不毛だと思います。聴いている人が、勝手に思ったりするのは全然構わないとして。イヤなら、買わなければいい。勝手に流れてきていても、意識しなければいいワケで。それでもイヤなら、自分でイヤだと認識していればいい。騒ぎ立てることじゃあ、無い気がします。それに現代音楽でパクリ要素がない曲なんて、存在するんでしょうか? クラシックを辿ってしまうと、ほとんどがそこに回帰してしまうと思うんですけれどねぇ……詳しくはありませんが。

 ということで長い毒ですね。あ、あと最後に毒をもう一つ。最近のシングルCDが売れないワケがそれとなく、分かってきました、このところ。一部の頑張っている方々を除いて、カップリングの手を抜きすぎなんでしょうよ、きっと。わざわざ千円ちょいを出して買うほどの魅力が、全体にないのではと。表題曲だけでいいなら、それこそレンタルやダウンロードで済ます人が多いのも、頷けますし。……僕の場合は、CDそのものも重要なので、ほぼ買うんですが。みなさん、CD買ってくださいね。業界が盛り上がらないと、好きなモノにめぐり合う確率も、おのずと下がってしまいますから。それはどの業界でも、共通である程度言えること―例外はあれど―ですよね。

 最後にフォロー。「約束の場所」は非常に好きです。繰り返し、申し上げておきます。

 あー、長い、熱くなるとこれだから困る。まだまだ足りないけれど、これにて。モノマガジンがコーヒー特集でした、ハワイコナ。あやうく買い忘れるところでした。あんまり詳しく書いてあるわけではないけれど、「バッハ」が載っていますし、豆のこともそれなりに載っていたので、雑誌の特集としては良いかな、と。うーん、ハワイコナの麻袋はいいですよね。とある番組では、鳩山夫人がパンツにリメイクしててとてもいい感じでしたけれど。あれでブラウスってのも、カワイイですよね、絶対。

 本日のカップ:ケニアラテ。ちょい深煎りのケニアを、少し濃い目に淹れ、ミルクを足してラテにしました。うん、とても美味しい。厳密にいくと、そりゃエスプレッソを淹れて、ミルクを足したいですが……あまりに面倒だし。ネスプレッソ欲しいなぁ……アレ案外美味しく淹れてくれるので、便利なんですけれど。うちのデロンギくんは、面倒で面倒で。     circus

|

« ポテンシャル | トップページ | 海外逃亡願望 »

「music」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/3966941

この記事へのトラックバック一覧です: シリアスメロディー:

« ポテンシャル | トップページ | 海外逃亡願望 »