« ダイスボイス | トップページ | 純白の舞台 »

2006年10月 3日 (火)

夢の舞台

Cdg1_1  前置きは今日は短く。秋雨だけあって、雨の雰囲気がなかなか去ってくれないですね。秋晴れって気持ちよいから好きなんですが……今年はまだ良い日がありません。

 さ、世界はパリです。パリコレです。当然ながら早々にチェックです。まだ画像が見れない、チェックブランドもありますが、とりあえずヨージさんやらギャルソン達が出てきたので、速報感想です。あ、ちなみに今日はギャルソンです(含むジュンヤ)。ヨージさんは、結構いつも通りなので特には。

 ではコムデギャルソン本ラインですが……むぅぅ、絶賛は出来ません。今期や前期、というかこれまでのように、「胸が高鳴って実物を見るのが楽しみで仕方無い」という感じにはなれませんですねぇ。そりゃあ、そこらのブランドさんよりは断然スゴイのは前提として、そう思う方、結構いるんじゃないでしょうか……いつもよりは強くないというか。

 一枚目のコレは結構好きです。つい最近もノアールでやっていましたが、ビニール素材でのジャケット。コレがただ単純に好きなんですよね、ステキ。ていうか、メンズもこれくらい作れや、と。……でもでも、なぁんか一定以上の面白み、興奮はありません。悪くはないんですけれど。

Cdg2 トップで抜群に良かったのは、このグレー的なジャケとスカート。太目のベルト付きなんていうのは、どことなく昔のギャルソンを思わせる感じもありますが、このスタイルは相当好きです。コレに限っては、絶賛です。

 個人的な想いとしては、太陽さんをモチーフにした中心のシリーズよりも、コチラのシリーズを中心に展開してくれたほうが好きだったかもしれません。……それはそれで難しいですかね。太陽モチーフもキライではないのですが、なんかあまりにも直球すぎる気がしてしまって。メンズの春夏もゴールデンボーイですし、なんでしょう、モチーフ直球みたいなのが、今の川久保さんの気分なのでしょうか。

Cdg3 赤色自体は、相変わらず抜群にキレイだと思うのです。なかなか他のブランドでは見れないような、鮮やかなんだけれど繊細な色味。そこはすごくギャルソンって良いな、と思えるのですが……。この画像がその例で。

 やっぱり春夏っていうのは、必然的に難しいとは思うんですよ。分厚いウールとか、明らかな冬物素材は使えないわけですし。……でもこれまではそれでも衝撃があったんですよねぇ……。

 とはいえ、実物を見てみないことには「実物の生地感とかカッティングとかが、もの凄い良いじゃねぇか、コノヤロー」ということにもなりかねないので、あんまり心配もしていません。結局、それなりにやってくれんですよ、きっと。僕は、川久保さんをそう信じているわけです。

Junya1 続いてジュンヤワタナベ。いや、どうにも良いんじゃないですかね、来期。始めの数枚を見ていたときは、なんとも不安になったのですが、進んでみていくとコレは凄めかもしれません。

 まずコチラのスタイル。このグレーのスプリングコートが異常に素晴らしいです。一見不自然だけれどとてもキレイな形の襟の開き、おそらく狙って出しているであろうしなやかなドレープ、絶妙な裾までの広がり感……コレ、どツボです。ていうか、マジで欲しいです。鼻血が出そうです。コレ以外にもグレー生地の歪み方はとってもステキです。是非、見てくださいね、スタイルドットコムとかで。

Junya2 似たような形を、この色の生地でも作っているのですが―今回は同型・生地変化によるクリエイションが目立ちます―、このベージュだか薄いゴールドだかの生地では、このスタイルが好みです。

 もちろん、先ほどのグレーの形でこの生地のも良いのですけれど、それよりもなんだかすごく女らしい形や雰囲気のほうが、生地の色や質感が映えている……気がします。実物見ているわけではないですから、断言は出来ませんが。んーでも、ステキ。

 ジュンヤさんはこれまで、どうしても本ラインと比べてしまうと「もうちょっと頑張れるダロ」という空気が漂っていましたが、来期はそんなこと無さそうです。僕の中での、ジュンヤ株はこのコレクションでかなり上がりましたね、間違いなく。

Junya3 このブラックのジャケットも、裾までの広がり方や、カッティングのよる微妙な生地の流れ、そして妙に着心地良さそうな生地が、たまりません。きっとお値段もたまらない値段になるんでしょうが。

 にしても、この3スタイルというか服たちを、すっごくフツーに着る人とかは最高ですよね。どれだけシビれることでしょう。別に、良いモノを着ているから素敵な人だとは思いませんが、素敵な人に感じられるポイントの一つにもなりうることは、否定できないなぁ、と。……その人に合った格好ってのが、もっとも良いのは明らかですけれども。

 ところでまだ注目のコレクションはありますが、なんか興奮が高まるブランドがあれば、一報あれ。僕の隠れ最注目さんは、ちょっと来期は振るわないみたいで、残念です。あとは、ギャルソンでいくと、タオにもの凄い期待をかましています、僕は。ええ、やってくれますとも、絶対。

 長いですね、終わります。チキン南蛮ってめっちゃくちゃ美味しいと思うんですが、究極に美味しいお店を知りません。んぁー、食べたい。こうなったら宮崎まで飛ぶか……アレ? 宮崎ですよね、有名なのって。違ったかなぁ。

 本日のカップ:コスタリカ/極深煎り/コーヒー。これから淹れるわけですけれど、絶対に素晴らしく淹れてやります。良い特訓になります。あー、ナチュラルの豆が飲みたい。     circus

|

« ダイスボイス | トップページ | 純白の舞台 »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/3681608

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の舞台:

« ダイスボイス | トップページ | 純白の舞台 »