« 交換希望 | トップページ | 角度 »

2006年11月 8日 (水)

途轍もない技術

Dsc01914 ココログのフリーにも、ちょっとまともなアクセス解析が11月から付いたのですが、それでも忍者には劣るんですよね、取りこぼしが多くて。……そんな実数値よりもおそらく少ないデータでも、これまでのアクセス数を出してくれるのは嬉しいです。忍者は4ヶ月しか保存してくれないので。それによると、どうやら結構前に……10万アクセスほどを達成していたようです、たぶん2週間ちょい前くらいでしょうかね。ありがとうございます、いつも見てくれている方々。これからも、出来うる限りイロイロ書きますんで、ヨロシクです。

 今日はコチラ。日本ってのはやっぱり素晴らしいと思います。あ、同じ意味で行くとベネチアも素晴らしいと思います。さて共通点は……そうです、もちろんガラスですね。先日、書いてみたくて仕方が無かった「ガラスペン」をようやく使ってみました。あー、もう、最高。キてるわ、マジで。

 佐瀬工業所のガラスペンが、最も有名でありアレな感じですよね。でもでも、最近は妙に人気が出てきているため、ちょっと値の張るようなモデルは売り切れ必死なのです。だもんで、使ってみたのは本当に安いタイプ。……それでも、あなどれないです。ガラスペンに引き込まれますよ、うん。

 インクはもちろんモンブランを使用。俄然、ブルーブラックで伝統押しです。これにガラスペンをつけて、ガラスの段々に吸わせるのですが……まず、そのイメージそのものがステキ。そして書き出し。万年筆などとはまた違い、ほんの少し紙に食いつくような、でも滑らかに動いていき、にじみそうでにじまないなんとも言えない感触。これはもう、書いてみなきゃ分からないレベルです。……すごい、書いてるってキモチが膨らみます、何故か。

 万年筆もカッコイイし、個人的に好きではあるのですが、既に同レベルの好評価までガラスペンは達しました。これで、詩を書きたいものです。高いタイプのやつはもっともっと形そのものもキレイですし、色も良い。たぶん、書き心地もまた、独特のニュアンスは残しつつも良くなっていくのでしょうね……うわー、使いたい。誰か、持ってないかなぁ。持ってないな(笑)。……いつか、自分で買おう、どうにかして。

 モンブランのマークは、相変わらずキュートかつスタイリッシュで良いです。ちなみにモンブラン型のこのインクボトル、最も効率よく無駄なく、インクを使うことが出来る、と言われてますよね。……確かに便利ではありますが、そんな便利さは放っておいたとしても、このボトルの形は好きです。ただただドデーンとしているボトルよりも、とても好感が持てます。案外、そういう見た目重視の人もいそうです。

 こういう感じで、良いペンや万年筆でもエンピツでもなにかしらの「書くモノ」に出会うと、手書きってのはやはり一番良いよな、と感じます。想いがすごく込められる。たとえそれが、書道的にうまくかけていようがいまいが、関係なく。想いをこめた字、書きたいものです。……あ、ちなみに僕は本気の時と、そうでない時の字のギャップがスゴイです、昔から。

 では。身内の結婚式やらうんぬんもひと段落したので、そろそろもろもろの作業が出来そうです。マフラーをグアっとやったり、いい加減にシャツ縫ったり、ジャックパーセルぐちゃぐちゃにとか。気が向いた順番にでも、出来たらいいんですがねぇ……。でも、やりたいことは他にもあるもので、なんとも。録りたかったり、するんですよね、また。

 本日のカップ:おでん。ベーシックな具は当然好きなんですけれど、時には変わったものも食べてみたいよなぁ、と思いませんか、ねぇ。個人的には、まずレンコン。これ、絶対いけるでしょ。つぎ、カブ。溶けやすいけれど、その辺頑張って。そしてたこ焼き。すげー、コレ絶対いける。やってみたい。……ていうか、そこそこ何でもいけそうですね、おでんって。     circus

|

« 交換希望 | トップページ | 角度 »

「zakka」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4117456

この記事へのトラックバック一覧です: 途轍もない技術:

« 交換希望 | トップページ | 角度 »