« 感慨 | トップページ | さくら印 »

2006年11月27日 (月)

価格の葛藤

Dsc01982 今日は妙に喉の調子が良かったので、心地よい一日でした。久しぶりに自分で創ったりしていた昔の曲なんかに触れてみたのですが、なんだか若いですね、やっぱり。高校生ってのは、こういうものだったかな、なんて(笑)。……でも中には、今の僕にとっても重要な曲はあったりするもんです。アレがあるから、今がある、みたいな。

 さーて、こんなに全体像が掴めない画像でおいおいって感じですが、えー、一応モノは分かりますよね、やかんです、ケトル。昨日はちょっとイルムスに行ってみたのですが、そこでなんというかお客様感謝セールみたいなことをやっていたんですよね。……しかも最終日。

 いやー、運ってのはあるもんです。なんとですね、柳宗理モノがカトラリーは除いてほぼ全部20パーセントオフ。……こんなオイシイ話ってそうそうあるでしょうか、いやない。そしたらとりあえず買っとけってことになりますよね、モチロン。ボウルやパンチングストレーナー、鉄フライパンに両手鍋、トングなどなどたっくさんあって、どれをお持ち帰りにするか悩むわけです。ボウルはいくつあっても困らないし……、トングもそうだよな……、フライパンだってあって損は……、両手鍋……キリがありません(笑)。

 でまぁ結局、つれてきたのはド定番でケトル。うちのケトルはもうグダグダ(柳ではないのを使っていました)なので、丁度良いだろう、と。もちろん迷い無くつや消しタイプです。つやアリも悪くはないのですが、つや消しの堂々たる雰囲気には及びません。

 このケトル、まぁ一応特徴を言っておくと、「お湯が早く沸きます」。というのも、底面積を意図的に広くとってあるんですよね。だもんで、熱効率がすごく良い。正確なデータは知りませんが、二割増しって感じですか。コーヒー党には、嬉しいことです。飲みたいときに一刻でも早く沸くという。……最高です、柳さん。

 他にもオタマとかも買ってきました。形がいかにも柳って感じの。柳宗理さんは本当に尊敬できます。素晴らしすぎる。モノとして美しいだけでなく、リアルに使いやすいし、リーズナブル。柳さんは価格に関して、考えるそうです。ソレはもちろん企画側との兼ね合いもありますが、「普通に買えないものを作っても仕方が無い。なるべくリーズナブルに。」というのがキッチンなどの用品には重きを置いているそうですから。……ありがとうございます。

 ところがそんな柳宗理のキッチンもの、来月からもしかしたら値上げがされるかもしれないそうです。ケトルでいくと、1000円くらい上がるかもしれない、とのこと。みなさん、今のうちに欲しいのがあったら買っておいたほうがいいかもしれませんよ。……すくなくとも、ボウルやカトラリー、ミルクパン系は押さえましょう。すごく良いので。

 ではでは。大粒の納豆ばかりここんとこ食べているのですが、これにハマると小粒は無理ですね。豆の味も強いし、歯ごたえもすごく良い。納豆はやっぱり大粒に限りますね。ちょっとしたきっかけから、さほど好きでもないのに食べ始めましたが、完全に好物に変わりました。大粒、最高。

 本日のカップ:水。浄水器のフィルターを換えました。やはり換えると抜群にオイシイ。全然味が違いますよ、本当に。純粋に良い水を飲むことが出来るってのは嬉しいです。ただただ、今の家の浄水器よりも、兄の家の浄水器の方が若干オイシイ。……悔しい。     circus

|

« 感慨 | トップページ | さくら印 »

「zakka」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4339332

この記事へのトラックバック一覧です: 価格の葛藤:

« 感慨 | トップページ | さくら印 »