« 途轍もない技術 | トップページ | メイドインジャーマニー »

2006年11月 9日 (木)

角度

Ggg ものごとの優先順位というものが変わる瞬間があります、人には。しかしながら、そういう瞬間を実際に感じることは、あんまり出来ない。大概の場合は、気付かぬ間に変わっていて、意識できる頃にはあらがいようのない状態になっているものです。……良い意味での順位変化は、心が潤うものです。

 今日は、銀座まで足を伸ばしました。完全に義務感の無い状態で銀座に行くのは、とても久しぶりな気がします。多くの場合は「銀座にコレを買いに行き、その後にドコドコへ行く」とか「銀座にのっぴきならぬ用事がある」とかだったので。

 銀座はやはり身が引き締まります。格好も合わせてシックに。……と言っても、僕の考えるシックさを、どの程度の人が理解してくれるかは果たして謎ですが(笑)。ところで、ギャラリーを見てきました。ギンザグラフィックギャラリーへ。

 このギャラリー、いつも通り過ぎはするんですが、足を踏み入れることはありませんでした。ま、それは大いに僕の銀座の使い方のモンダイなんですがね。入ってみると、うん、スペースとしてはなかなか使い良さがありそうでした。

 やっていた展示は「中島英樹展」。アレですね、坂本龍一とかのジャケットデザインとかをやっている方。もちろんそれだけじゃなくて、広告やら雑誌やらポスターやら、いろんなグラフィックを手がけています。それらがズラッと。……んー、感想が述べづらい。

 というのも、別にダメじゃないんです、ダメでは。ただ、「あー、こういう広告もあるよね」とか「うーん、そういう表現もしたくはなるよね」とか思うんですが、いかんせん心にこみ上げるモノが少ない。もう一度見たかったり、欲しくなってしまうようなモノは少なかったのです。……いや、もちろんプロの仕事として見れば、全然アリなんですよ。ポスターもジャケットなんかも。要はある種のアートとして成り立つのか、ということで、全くもってそれは個人的なモンダイなのです。あしからず。

 それでも幾つか気になったモノはありました。一つは、なんだか緑色を基調として、ドーナッツみたいな円形が描かれているモノ。ただただ単純に、色は好きでした。ワガママ言わせてもらうと、もう少しその円形のモチーフを細かく多めに欲しかったのですが、僕としては。そしてもう一つがヴィアバスストップのポスター。女性が身頃に花の付いたブラウスを着ているのですが、それを見ると「この色感やイメージをもっとリアルクローズにするにはどうすればよいか」なんて考えてしまいました。安易にいくとパッチワークなのでしょうが、良いのは刺繍だろうなぁと感じました。……うーん、ちょっと変わった角度からの感想ですね(笑)。

 でも心にこみ上げるモノが少なかったからといって、この展示が僕にとって意味をなさないわけではありません。考えうるポイントは多々あるし、こういうコトの積み重ねにより「自分の傾向」というのを認識することも出来ます。それ、重要です、「自分の傾向」。……とにもかくにも、やはり創造物を見るのは楽しいことですね。

 それでは。シャツやらマフラーやらスニーカーやら、録音やら作曲やらなんやら、やりたいことは多くあるのですが、とりあえず録音とマフラーをやろうかな、となんとなく思いました。マフラーに関しては、明日にでもさっさとやっちゃおう。……別に、大した手間なモノじゃないので。

 本日のカップ:マンゴージュース。タイ料理と共に。どうしてこんなにも、タイ料理は美味しいのでしょうか。それにもまして、何故マンゴーはこれほどにも美味しいのでしょうか。ええ、単なる好みだってことは分かっています。でも、いーんですよね非常に。     circus

|

« 途轍もない技術 | トップページ | メイドインジャーマニー »

「art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4131175

この記事へのトラックバック一覧です: 角度:

« 途轍もない技術 | トップページ | メイドインジャーマニー »