« あなどれぬ小粒 | トップページ | ウルトラマン »

2006年11月18日 (土)

限界地点

Scye すっかり寒くなってきましたね、夜なんて特にビックリしました。そろそろ本格的に冬の装いを頭に入れなければなりませんね。……あー、それでも派手な動きはたぶんしません(笑)。今年は、優先順位がイロイロ違っているので。

 さて、そんなことを言いつつも、今日はとあるシャツを買いに行ったのです、都内某所新宿へ。ところがどっこい……これがまぁ、アレなんですよ、アレ。画像がそのシャツなんですがね、価格が激安だからと言って、妥協して買うことすら出来ませんでした。……うーん、あまりにも出来が。これなら他のフツーなシャツを買います。

 そうですね、ユニクロさんです。デザイナーズインビテーションにおける、scyeです。待ちに待っていたわけですが、展開されてから今までノータッチでした(笑)。というのも、あまりに画像の段階で惹かれなかったからです。しかしながら、しばらく経ってソコソコ値も落ちてきたみたいなので、「この価格ならこの画像のシャツくらいは、買っても良いかもしれない」なんて思ったんですよ……はぁ。

 実際見てしまうと、正直逆に感嘆してしまいました。別に素材うんぬんのモンダイではありません。ユニクロさんのオックスフォード地って、案外マシというか悪くないですから、価格に対しては。んでも、いただけませんでした。Scyeが作り上げたかったディテールを、すっごい完璧に総て殺してしまっている気がしたのです。……比翼仕立ては妙にスマートじゃないし、丈とかもなんか微妙、そしてなにより最大の特徴であろう「二重襟」が酷かった……あれでは二重ではなく、「二つに割いてみました、先っちょを」ってなモンです。……うーん、ソコさえうまく本当に二重襟にしてくれていたなら、買ったのに。

 やっぱり、限界ってのがあるんでしょうかね。価格と素材とデザインの自由度。かなりの期待をして始まったこのデザイナーズインビテーションでしたが、結局のところ胸に響きません。まだ期待のミントデザイン、そしてかろうじてイリアドが残っているとはいえ、この流れでは期待は薄いですね。……来年の春夏もやるみたいですが、一部では好評なんでしょうね、きっと。まぁ、春夏ならもう少し頑張れるのではと思いますが……どうでしょうね。

 ユニクロさんでは、このシリーズよりむしろ定番のフリースの方が気になります。いえ、単純に部屋着とかに持って来いだよなぁ、と。あの価格で、温かさをそれなりに保持できるってのは、やはりスゴイですから。決して、ユニクロさんに見切りはつけられません。……無印、頑張って下さいね。

 そいでは。もういい加減、パソコンくんの機嫌も直ってほしいところです。数分に一回は、バックライトが消えます。んで、ぐにゃぐにゃしたり、ナナメ45度を叩いたりすると、戻ると。なんだかねぇ……かつて一回完全にバックライトが壊れて修理に出したのに、コレですものねぇ……。そりゃソニータイマーなんて言われちゃいますよね、何処から出てきた言葉かはともかく。

 本日のカップ:キャラメルマキアート。ヒサビサにキャラマキを飲みました。フツーに美味しいですよね、甘い飲み物としては。それにしてもスターバックスは、ここにきて値上げをしましたが、どうなんでしょう。……ま、上げる時期としては賢い気はします。今か、もしくは夏直前かしかありませんからね、やるなら。     circus

|

« あなどれぬ小粒 | トップページ | ウルトラマン »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4237096

この記事へのトラックバック一覧です: 限界地点:

« あなどれぬ小粒 | トップページ | ウルトラマン »