« 想いを馳せる日々―雑貨編― | トップページ | 風に乗れたら »

2006年12月30日 (土)

想いを馳せる日々―ファッション編―

Dsc02079 数年前と比べると、随分といろんな意味で成長したような気がします。とりわけ、ここ一年なんかはそれを少しだけれど感じることが出来ていたり。もちろん、総てが良い成長とは一概には言えないかもしれませんが、何も変化がないよりは良いですから。……同時に、ある部分では「留まる」ことも出来ていますし。変化と維持、そのバランスを大切にしたいですよね。

 とうとうもう残すは2日ですね。今日は、総括のファッション編。今年のベストは言うまでもありません、コレ。あ、なんか畳が映ってる(笑)。とにもかくにもDIGAWELさんの白ブラウスです。……これは本当に最高の出会いでした。

 まだDIGAWELさんがホントにオープンして間もない頃、ヒビコレさんのおかげで訪れることになり、迷わずトリコになったわけです。それから半年余り、このブラウスだけでなくリバースウィーブ然り、ポロシャツ然り、マウンパ然り、素晴らしく良いモノを提供してくれ、気持ちよい感覚でお店とも絡むことが出来ました。……これからも良い付き合いをしていきたいものです。

 このブラウス、次の機会にでも買い足す予定です。あとは薄いタイプも出来れば……もう一回作って欲しいな。すんごいおススメなんで、運良く品があるときにDIGAWELさんに行ったら、買ってみてください。その辺でちょっと言いたいこともあるのですが、今は止めておきます。もう少ししたら、ということで。

 他に今年、印象に残る服といえば、ギャルソンオムのシャークスキンジャケットは素晴らしかったですね。すごく僕の感じとも合っていますし。ここぞ、という時は今年これを着ています。逆に言えば、僕がそれを着ている時はここぞ、という時なんですね、はい。……すごくシックで、いい。

 同じくギャルソンでいくと、秋冬のパッチワークブラウス、春夏のグレーのパンツ、とんがりミドルカットスニーカーも良かったですねぇ。ヘルムートニュートンやUK JACKなどの企画モノもそこそこありましたが、まぁ悪くはなかったですね。

 案外活躍したのが、ハリウッドランチマーケットの半袖スウェット、CLOSETで死ぬほど格安で買ったボロボロスウェットなんかはもの凄い役立ってくれましたね。要するに、スウェット好きなんでしょう(笑)。相変わらずセントジェームスはしょっちゅう着ていますし。

 あ、そういえばコムコムのチェッカージャケットをすっかり忘れていました。来年の春には、きっとヤバイくらいの活躍をしてくれるはずです。そういえば、来期はジュンヤのレディスのコートに惹かれていたり、タオのブラウスに惹かれていたり、どうやらオムの価格設定が高めだったりと、ギャルソンには変わらず振り回されそうな感があります。……って言えど、そんなに余裕はないんで、もの凄い選びますが。

 総じてみると、今年はあんまり買っていないかもしれません。ちょっと落ち着きすぎた感もありますしね。……もう少し冒険的な服を買ってもよかったのかもしれない、なんて思います。ま、なんにせよ、来年はなんとなく生成りベージュみたいな色味に惹かれているので、どうにかするんじゃないかと思います。今年は白、黒、グレーが多かったですから、僕としては珍しい年だったかなぁ。

 それでは。人を理解できるかどうか、というのはすごく重要な問題な気がします。ただ、その「理解」というのがどの程度のものをさすのかが、またさらに難しいところではあるのですが。どうやら、来年のテーマはその「理解」ということとが絡んできそうです。……うん。

 本日のカップ:ヒマラヤ・ダージリン/マリアージュ・フレール/紅茶。ダージリンという言葉の響きは、アッサムだとかそういうのよりも、すごく特殊な雰囲気がします。果たして濁点がそうさせているのか、それともンで終わる具合がキリ良いからか、理由は分かりませんが、ダージリンという言葉は良い。それだけで、もう詩が書けてしまいそうなくらい。     circus

|

« 想いを馳せる日々―雑貨編― | トップページ | 風に乗れたら »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

>来年のテーマはその「理解」・・・
おそらく進み道に関連してのことなのだろうなぁ、と勝手に予測しつつ。
難しい年になりそうですね。
特に、自分の理解を他人にも理解してもらう、という作業はとても骨の折れることだと思っています。
実際、ビジネスではそういう法則もあるみたいです(名前失念しましたが)
かくいう自分は理解を放棄して、関係を断ち切る傾向があるような気がします。

ちなみに、生成りベージュはマルジェラの得意分野。
「一歩間違えたら肌着」を良い方向へと一歩間違えてくれるのです。
あ、飴、22・23日の時点ではまだありましたよ。

投稿: りやう | 2006年12月31日 (日) 12時54分

>りやうさん
進み道に関してもそうですし、もっと個人的生活レベルにおいても、です。
「理解」っていのは、すごく難しいなぁと、今年強く感じたので……来年はそれに重きを置こうかな、と。
僕はこれまで、どちらかといえばまさしく「断ち切る」感じだったんですが、ちょっと断ち切り過ぎていたのかなぁ、と。

マルジェラさんの得意分野。キケンな香りがしますねぇ(笑)。
たぶん、本格的に手を付けてしまうと止まらなくなる気がして。
それはそれで、悪くないかなぁ……。
飴、買っときます(笑)。

投稿: circus | 2006年12月31日 (日) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4735291

この記事へのトラックバック一覧です: 想いを馳せる日々―ファッション編―:

« 想いを馳せる日々―雑貨編― | トップページ | 風に乗れたら »