« お年玉ネライ | トップページ | 鎖国宣言 »

2006年12月17日 (日)

王道のコク

Dsc02063 「さっさと黒船に乗り換えてしまうのだ」なんていう悪魔のささやきが果てしなく聞こえます。ブログ界でもすっかり黒船ブームが来ているような来ていないような感じなので、その波に乗るわけではないにせよ、かなり前から狙っていた標的だけに、ささやきは既にカタパルト状態なわけです。……空母となる懐具合と相談しつつ、飛び立ちたいなぁなんて思う次第です。

 さて、ド定番も書いておきましょう。ていうか、一回書いたような気もしますが……あんまし憶えていません、もう。書いてないな、きっと。王道中の王道、エシレのバターです。これは使い切りやすいミニサイズのタイプ。見た目的には通常のほうが素晴らしいですが、いざ実用となると、これぐらいが理想ではあります、やはり。

 たかがバターなんて思われる方は、一度、食べてみたほうが良い。次元の違いを感じますから。単なる卵焼きというかオムレツだって、エシレの手にかかれば一気にご馳走並みの味に変化します。甘みとコクがもの凄い。基本的にエシレを使ってあげるだけで、その料理のレベルが底上げされます。……ある意味、腕とか関係ない部分で、レベルが上がるわけです(笑)。

 パスタなんかでも、オリーブオイルに少しだけエシレを加えてあげると、不思議とまとまったコクが生まれます。ムニエルなんてやる日には、大歓迎もいいところです。無塩とかならお菓子にもよいでしょうね、品がでるに決まっています。……有塩、無塩とありますが写真のは有塩。ま、日常ではやっぱり有塩が使いやすいですが、健康重視で無塩も良いです。どちらにせよ、バリバリにウマイので。

 通常のビッグサイズはカンタンな木樽に入っています。モノとしての観点から見ると、ソチラが断然素晴らしいです。家にある時点で、気分が高揚する。ただ、使い切りにくいんですよね、地味に。そして微妙なサイズなので冷蔵庫でも居場所が取りづらい(笑)。……だもんで、うちではミニサイズが定番となっています。

 ネックは価格。普通の感覚でいくと明らかに高いです。相対的な感覚でいっても高いです。他のバターの数倍するわけですから。しかしながら、食べてしまうとその高さが完全に誠実であり、適正であることが分かります。文句なんて、言えなくなるわけです。……買うときは、「高いよ、どう考えたって」なんて呟くのですが。

 エシレのバターがおいしいのは分かるけれど、コレばっかり使ってはいられないというのも本音。僕の中ではもうひとつの定番バターがあります。ソレもエシレほどではないにせよ、十分に美味しい。価格からいけば、エシレの半分くらい。普通のバターの倍くらいってとこでしょうか。……それもいずれ書きます。ま、有名どころなので、分かる人には分かるでしょうけれどね。

 ではでは。ガキの使いの総集編を見ていますが、やはり面白い。まとめてみると、こんなのあったねぇ、と感慨深くもなります。幅が広いですよ、やることの。めっちゃくちゃくだらないことをやるかと思えば、ベーシックに面白いこともやる。ダウンタウンが大御所である意味が、わかるわけです。すごい。

 本日のカップ:こぶ茶。なんか、またはまりつつあります。すっごい落ち着く。でも今は、実にコーヒー豆がたっくさんある状態なので、ソッチを消費しないといけないんですがねぇ。ついつい手が伸びてしまうんです、こぶに。     circus

 

|

« お年玉ネライ | トップページ | 鎖国宣言 »

「food」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4584966

この記事へのトラックバック一覧です: 王道のコク:

« お年玉ネライ | トップページ | 鎖国宣言 »