« 想いを馳せる日々―アート編― | トップページ | 想いを馳せる日々―雑貨編― »

2006年12月28日 (木)

想いを馳せる日々―音楽編―

Andrew 忘年会あがりです。だもんで、微妙にいつもよりはテンションが違ったり、違わなかったりするかもしれません。忘年会においても、ささいなポイントで「これはなるほど、勉強になるなぁ」なんて、無駄にビジネス的なことを考えてしまうのは、悪いクセかもしれません。……あんまり熱く語り合う話題でもないですからねぇ、ごく一部のマニアックな人以外には。

 さて、総括の音楽編です。今年の最大の出会いは、モチロンこの方しかいません。音楽的な面のみならず、他にも心理、あるいは現実においても多くの影響を僕に与えてくれました。そして何より、単純に好きです。……安藤裕子さんですね。画像はセカンドアルバム、「Merry Andrew」。名盤です。

 結局ファーストもシングルもDVDも、どれもがベタ褒めという結果に落ち着いたわけです。素晴らしいですね。今年の僕の音楽は、この方なくして語ることは不可能です。来年には、ライブにもしっかり行ってみようと思います。その前に、サードアルバムが2月に出るので、まずは非常に楽しみですし。

 僕がここまで手放しにベタ褒めするのは、珍しいことです。もちろん好きな歌手ってのはたくさんいるわけですが、ちょっとはハテナを浮かべてしまう部分があるもので。でも今のところ、安藤さんには驚かされるばかり。……本当に、これからももっと頑張って欲しい方です。

 他に今年の音楽といえば、小沢さんが正式に復活したり、つばきが相変わらず地味に売れなかったりなんかしてますが、個人的に結構ハマったのがサクラメリーメンです。正直、今になってもスタイルとかいろんなことはあんまり好みではないのですが、とにかく曲が良かった。来年も、ひそかに期待はしておこうなんて思っています。

 もっと個人的なことになれば、今年はとても良い曲が作れました。主に下半期においてになってきますが、結婚式用に作った歌も申し分ないし、ここ二ヶ月くらいにおいては、もの凄くイメージ通りの曲を作ることが出来ています。……余談ですが、今日も一曲出来上がりました、なんとか。タイトルだけがまだ宙ぶらりんの状態ですが……優しいタイトルを付けたいと思っています。

 さてハナシは一般に戻して、これまでの年に比べれば、幾分CDの購入は控えたように感じます。それは意識的にというよりも、ただただ魅力的に感じるCDが少なかったとも言えますが。もっと買わないといけませんね。僕はダウンロード販売とか、そういうのに反対な人間なので、必死にCDを買ってCD文化を絶やさないようにしなければならないのです(笑)。……たとえ、無駄な努力としても。

 んでは。もうそろそろ何処のショップも年内の営業を終え始めてきて―大手のセレクトとかは別として―、セールの雰囲気がプンプンと漂ってきました。ま、たぶん買ったとしてもパンツやらちょっと不足している部分を補う程度でしょうかね。……あとは、気が向いたらどっかの福袋なんかを買うのも面白いかもしれませんね。ま、ノースフェイスとか、もっぱらそういうアウトドアブランドの類になりそうですけれど。……案外、トクするパターンが多いんですよね、アウトドア物は。

 本日のカップ:カルアミルク。薄いカルアミルクだったため、普通のミルクを飲む勢いでガブガブ飲んでおきました。それでもやはり落ち着きますね、カルアミルクは。カクテルとかって別に好きなわけじゃないんですけれど、カルアミルクだけは別格。……初めはただ響きが好きだったんですがね(笑)。     circus

|

« 想いを馳せる日々―アート編― | トップページ | 想いを馳せる日々―雑貨編― »

「music」カテゴリの記事

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4714327

この記事へのトラックバック一覧です: 想いを馳せる日々―音楽編―:

« 想いを馳せる日々―アート編― | トップページ | 想いを馳せる日々―雑貨編― »