« つながり | トップページ | Rの山 »

2006年12月12日 (火)

ゼロからの始まり―祝・一周年―

Dsc02048 ありがとうございます。今日で、このブログ正式に一年間も続いたコトになります。ホントに、いろいろあった一年でした、ブログに関して。一応、毎日更新といういわば無理難題を掲げて始めたわけですが、ソコソコ実行できたことには、ひたすら驚いている次第です。……休んだのって、のっぴきならない2回と、ココログのメンテナンス時だけですからね。感慨無量。

 この一年の間に、様々な人がブログを見てくれて、なおかつ一部の方はコメントもしてくれたりして、すごく嬉しかったりしました。ブログをしていたおかげで、DIGAWELさんと出会えたり、いろいろな方からの影響をより感じることが出来、なんとも良かったなぁ、と。……もちろん多くのモノを得ました。考え方が変わったこともあります。とにかく言えることは、「ブログを始めて本当に意味があった」ということです。

 当然、途中で止めようかと思ったりもしました。こんなことを書いていて、リアルに誰かが見てくれているのか、リアルに何かを感じてくれているのか、リアルにきちんと書けているのだろうか、そんなことを考えて。でも、続けました。それが僕のやり方だと、認識できたからです。無意味かもしれないけれど、それでもいいじゃないか、やりたいなら、というスタンス。……やはり、間違ってはいなかった気がします、切実に。

 一周年ってことで、さらにはなんだかしおらしい文章なので、「これで終わりにします」なんて言葉も出てきそうな勢いですが、もう少し続けようと考えています。更新のペースは果たしてどうなるかは、分かりません。やれるだけ、やります。モノだとか、ネタだとかは常に転がっているというか、意識しているもんなので。……どうぞ、これからもよろしくお願いします。

 ということで、今日は今更ながら画像の雑誌が届いていました。Numeroの準備号。年間モニター応募をしたら、とりあえずってことで届いたみたいです。モニターの抽選はまた別とのこと。……選ばれるといいんですがね、せっかくなので。男で応募してる人って、たぶんあんまりいないでしょうし。

 しかしこの準備号……褒められません。このままの形態で創刊がされてしまうのだとしたら、ちょっと厳しいと思います、正直。他雑誌を差し置く魅力は、今の状態ではありません。どことなく「不自然」すぎるのです。なによりもページの置き方というか、展開の仕方があまりよろしくない。一般に広告と紙面の関係性においては2パターンあると僕は感じています。「明らかに紙面と広告が別世界のもの」と「紙面と広告が近い相互関係で成り立っているもの」です。どちらが一概に良いとは言えません。それこそ雑誌のポジションや空気感に関わることなので。……しかし、このNumeroはアレです。方向性でいくと明らかに後者の広告関係性を狙っているのがわかりますが、歩み寄り方がなんか違う。広告を紙面に寄せる感覚ではなく、紙面を広告に寄せてしまっています。

 広告が広告と分からないように紙面を構成することは、難しいながらも出来ないことではありません。やり方として、A-magazineのようにあからさまに広告に手を加えることも出来るし、そうでなくても紙面の記事の流れで、広告を記事と錯覚させることは大いに可能なわけで。……実際、勘違いすることもあると思います、普通。なにも勘違いさせたり、面白い広告が良いと言っているのではなく、そういう状態にあると比較的流れ良く読めることが良いという意味です。……でもNumeroは確かに広告と紙面の関係性は近いけれど、「記事が広告に見えてしまう」ような雰囲気になってしまっています。コレでは、ツライ。なにがって、そもそも見通すのが。魅力的な記事も、かすんでしまう。たぶん、文字のフォントとか配置、写真のキレイさや大きさ、ピックアップする順番など、ただただ記事の構成や広告だけでなく、多くが絡んで僕の感じてしまう「不自然」さが生まれているのだとは思いますけれど。というのが、僕の感想です。あくまで、完全に個人的見解なので、あしからず。

 もっと良くなることを期待しています。きっと、創刊号は買うので(笑)。

 Numeroのゼロ号にちなんで、このブログもゼロからの始まりを意識して、やっていこうと思います。これからはもう少し、もう一つのブログのほうにも力を注ごうと思っています。気が向きましたら、ソチラもすっごく時々更新するので、見てみてくださいね。

 それでは。親というか、家族のありがたさや偉大さを感じました。すごいですよね、マジで。無条件で。ところで、次のドラクエが発表されました。……おいおい、まさかDSだとは……PS3じゃねぇのかよ、と。どうやら7のようなチビ体形で8システム的かつアクション、さらにいえばパーティー制というよりもソロが基本でWIFI利用でパーティーになりうる感があります。ていうかコレ、ドラクエって言えるのか、と。……あー、WIFI活用とか、僕は要りませんけれど。あんまり期待しないことにしました、次のドラクエは。なんだかなぁ。

 本日のカップ:こぶ茶。久々に飲みましたが、やはりオイシイ。日本的な旨みってのは素晴らしいですね。うまみをあまり感ずることが出来ないと言われている欧米の方々は、もったいないですわ。

|

« つながり | トップページ | Rの山 »

「book」カテゴリの記事

「fashion」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、一周年おめでとうございます。毎晩のようにcircusさんの感性に刺激を受けてます☆

先日ついにDIGAWELさん行くことが出来ました。そしてマウンテンパーカ即買い(笑)いやぁ本当に良い買い物しました☆正直僕はセーター、白シャツもストライクですぐにでも買いたかったのですが、先立つ物がなく断念。今後じっくりと付き合っていきたいなと思います。

実はcircusさんのcoffeeの記事なにげにとても楽しみにしています。ぼくもコーヒー大好きなもので。なので、今後もコア〜なCoffeeの話楽しみにしてます。

投稿: tantan | 2006年12月13日 (水) 00時25分

あら、1年、おめでとうごぜます。
なんだかもっと長いような気がしますが、1年なんですね。
毎日更新はスゴイすわ、でも見習えない(苦笑)

>うまみをあまり感ずることが出来ないと言われている欧米の方々
話はだいぶ違いますが、日本人は色彩の感覚を失ってしまった、って話を聞いたことがあります。
昔は、朱、茜、紅、緋と呼び分けていたものが、今は単に赤。
確かにあちらのブランドの服には、日本にはない色合いってのがありますよね。
失ってしまった感覚、もったいないですわ。

投稿: りやう | 2006年12月13日 (水) 20時15分

一周年、おめでとうございます☆
本当に毎日更新、すごいなぁ~と思ってお邪魔してます。
私は4月で一年ですが、多分このままずーっとだらだらまとめ
更新なんだろうなぁ☆
(来年からはもうちょっとしっかりしたいところ)
ではではこれからも楽しみにしております☆

投稿: tanu | 2006年12月13日 (水) 21時33分

はじめまして、センチメンタルショッピングなきあと、読み応えのある記事を毎日更新していただけるのはここだけなので毎日、楽しみにしております★
僕は東京ではないのですが、近くに最近DIGAWELさんを取り扱いだしたお店があるのですが、マウンパを買いに行ったら既に完売で愕然としました。

投稿: ドッグダンス | 2006年12月13日 (水) 23時29分

>tantanさん
はじめまして、そしてありがとうございます。
何かしらの刺激を感じてくれることは、もの凄く嬉しいことです、本当に。

お、マウンパいきましたかー、良いですよマジで。セーターに関しては、結構店長さんが気に入ったようで、定番にする予定らしいので、僕は来年狙いですね。
白シャツ、是非買ってみてください。たぶんそろそろ、おススメのベーシック柔らかいバージョンが入荷するはずなので。
着込むと惚れすぎて、しょっちゅうソレに手を伸ばしちゃいますから、たぶん(笑)。

おわ、コーヒー好きとはナイスです。基本的にコーヒーネタは相当な自己満足の世界だったので、なんか嬉しいですね(笑)。
近頃兄が、素晴らしいミルを買ったので、なんとしてもソレを僕も手にしたいところです。

投稿: circus | 2006年12月13日 (水) 23時40分

>りやうさん
初めの頃、一日二回とか更新していたせいで、一周年のクセに記事数が370とかだったりしてます(笑)。長くもあり、短くもあった一年間でした。
時間ない時も、無理やりに毎日にしましたからねぇ(苦笑)。正直、やるもんじゃないですよ、普通は。

確かに、色の感覚は現代人になるにしたがって、一般的には希薄な気がします。
たまに「この色が良いんだ!」などと力説すると、「わけがわからん」みたいな顔をされますから……ねぇ。
色に関しては、どうしても欧米さんは強いですよね。日本にももちろん、藍とか泥とか強い面はあれども。

投稿: circus | 2006年12月13日 (水) 23時48分

>tanuさん
ありがとうございます。こちらこそ、しょっちゅう見ていただいて嬉しさがイッパイなのです。

tanuさんとこは、tanuさんらしいリズムや書き方が好きなので、逆にこのままのリズムでも(笑)。

これからもよろしくお願いしますー。

投稿: circus | 2006年12月13日 (水) 23時50分

>ドッグダンスさん
はじめまして。
センチメンタルさんは、僕も好きでした。あの絶妙な笑えるポイントが、たまりませんでしたよね。
せっかくなので、負けないくらい頑張ろうと思ったりします。

東京以外となると……大阪のサテライツさんとか、九州方面でしょうかねぇ。なんて探りはいらないですね(笑)。
黒は東京でも即完売でした。青はまだギリギリかな、というくらい。青もステキだったので、是非とも見て欲しかったですね……。

投稿: circus | 2006年12月13日 (水) 23時54分

コーヒーに関してはぼくはまだまだ勉強中の身なんです。だからなおさらcircusさんのコーヒー話が嬉しくて嬉しくて!

ミルはもしや噂のみるっこでしょうか。僕はとりあえずということでスタバさんで電動ミルを最近購入しましたが、どうも微粉が多くて困ります。こだわりだすと誰にも理解してもらえない領域に突入するのですが、もう止まりません(笑)ミルのお話も余裕があれば是非お願いしますね☆

投稿: tantan | 2006年12月14日 (木) 00時15分

>tantanさん
僕もまだまだ、ひよっこです。でも、舌だけは昔から妙に自信があるので、その辺はやりやすいですが。

その通りの、噂のみるっこです。良いらしいですよ、やはり。
微粉なんて全然らしいです。
僕のコーヒー熱も、家族くらいしか理解はありません(笑)。
そのうち、勝手に兄のみるっこレポをしようと思います、はい。

投稿: circus | 2006年12月15日 (金) 00時06分

1周年。
おめでとうございます。
circusさんの独特の視点、文章は好きです、はい。
Digawelさんでお会いしたら、珈琲を飲みましょう。
ではでは、ちょこちょこ遊びに来ます。

投稿: nico | 2006年12月15日 (金) 09時17分

>nicoさん
ありがとうございます。目指せ二周年……と、とおい。
DIGAWELさん、僕が行くときは何故かかなりの高確率で、他にお客さんがいないんですよね(笑)。
ぜひとも「あ、コイツcircusくせぇな」なんて見かけたら、「コーヒー、淹れろよ」なんて突っ込んでください(笑)。
これからも、よろしくお願いします。

投稿: circus | 2006年12月16日 (土) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4524720

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロからの始まり―祝・一周年―:

« つながり | トップページ | Rの山 »