« ブーランジェピシエ | トップページ | もったいぶり »

2006年12月 5日 (火)

夢の国まで―壱の巻―

Dsc02011 幸せというのは、あまりに具体的な何かではなく、むしろその具体性を持ちうる多くの事柄の集まった抽象的な何かである気がします。つまりは、「これがあるから、あれができうるから幸せだ」ということではなく、「これがあり、あれが出来、それを包みうる日常が幸せだ」というような。……具体というのは時によってすごく重要だけれど、僕はそれよりも抽象に重きを感じます。

 えーと、夢の国まで行ってきました。千葉県は舞浜にあります、夢の国まで。僕は正直言ってココが大好きです。近くに行くだけで、妙に心がソワソワします(笑)。今回はいろんなスケジュール調整のもと、5日に行こうとあいなったのですが……なんと、ウォルト・ディズニーの誕生日だったんですねぇ、これが。記念すべき日だったので、記念品もありました。画像がそれです。……うーん、ラッキーというかなんというか。

 その分、中が混んでいるのではないか、という予感がしていたのですが、ところがどっこい案外空いていました。いや、まぁ空いているといっても、あくまでディズニー内比較においてはの話で、一般的なテーマパークとしたなら混んでいる部類ですが。……混んでいる時間帯での主要アトラクションがだいたい1時間待ちってトコなんで、空いてますよね、非常に。ひどい時は2時間とかザラですし。

 今回、ものすごく楽しかったです。多くのことで満足することが出来ました。もちろん、朝っぱらから出発して、閉園くらいまでいたわけですが。……あいやー、もうね、お手上げです。ディズニーに対してもそうですが、今日のタイミングなんかに対してです。ちょっとしたアクシデントもあったりしたのですが、それはまた後日。

 ところでこの夢の国については「やることなすことが、総ておおげさで偽善ぶっていて、平等を愛するようで非常に差別じみていて、博愛主義の塊のようなネズミ的なトコロはキライなのだ」なんて人もいるでしょう。事実、僕の周りにもいらっしゃいますしね。無理もありません、それだけある意味で完成された空間ですから、あそこは。……別にそういう人にまで、無理に好きになれ、などと押すつもりは毛頭ありません。ただただ、「僕は楽しめる人間で、とても良かったなぁ」と感じる次第です。

 今日の唯一の欠点をあげるならば、異常に寒かったことですか(笑)。極論、僕は自分が風邪とかひいたって構いはしないのですが、伴に行った人がどうにかなっていやしないか、そこはかとなく心配だったりします。それだけ寒かったんですよ。……室内アトラクションのときは、やけにほっとしましたしね(笑)。んー、己の準備の甘さに反省してしまいます。ま、でもとにかく、楽しかった。

 それでは。えと、この後も続きネタが時折生じる日があると思います。アクシデントについてや、キャラクターについてや、イベントについてなど……ディズニー嫌いの方、見逃してください。さてと、寝ますか。

 本日のカップ:ホットココア。寒空の下でのホットココアというのは、どうしてこうも素晴らしいのでしょうか。これはもう、コーヒーやミルク、お茶などとはまるで別の良さがあります。ココアを考えた人に、表彰とまでは言いませんが、ヒトコト「いい仕事、してくれたね」なんて言ってみたいものです。……なんで上から目線なのか、ナゾですが。     circus

|

« ブーランジェピシエ | トップページ | もったいぶり »

「life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4443081

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の国まで―壱の巻―:

« ブーランジェピシエ | トップページ | もったいぶり »