« 転換 | トップページ | てやんでぇ »

2007年1月 5日 (金)

程度

Dsc02085 昨夜、コマ大のスペシャルをやっていましたが……あ、ちなみにコマ大ってのは、フジ系列でやっている深夜の番組で、コマネチ大学―数学科―って感じのタイトルでして、ビートたけし、ダンカン率いるオフィス北野、そして東大生らが、普段は数学のちょっと面白い―つっても、興味ない人には単なる難しい問題にすぎませんが―問題を解くって番組。これが昨夜はスペシャルで、ちょっと人数多めで、いろんな問題をやってたんですね、計算、平面図形、立体など。……これが、ホントに面白いんだ。普段もよく見てますが、この番組は相当イけてます。美しい解の出し方を紹介されたり、さらには自分でも思いついたりするときの、湧き上がる感動。いやー、やっぱ数学はめちゃくちゃ面白い。本とかも、もっと読まなきゃなぁ。……数学って、素晴らしい。

 ようやく、電話機を買い換えることになりました。これまでのソニーくんは、よく働いてくれました。もう最後の状態では、通話ボタンを押すことが不可能な上、数字の3も押せない。なおかつ、ピキピキとかジリジリとかナゾの雑音が混じりまくる、といった具合だったのでいい加減に、と。……どうにもならんもんね。

 んで、何処の電話にするかって話になるんですけど、結論から言うとご覧の通り、シャープになりました。ちょっとした家庭の都合で、子機のみのタイプを買うことは許されなかったため、なんとか親機付きで選び出しました。なんか、シンプルシリーズとかなんとかの、ブラック。……悪くない。

 そりゃぁ、選択肢はありますよ。バングとか、モトローラとか、ヤコブとか、±0とか、amadanaとかね。でも、どれもダメってことになりました。バングはカッコイイけれど、家庭の雰囲気ではない。ここが、近未来な事務所なら良いけれど。似たような理由で、ヤコブもなし。モトローラに関しては、ちょっと今手に入るタイプでは、気に入るのがない。……±0は悪くないけれど、固定的親機がないことで家庭NG。amadanaに関しては、固定タイプもきちんとあるんだけれどピンとこない、というか自分の家にある姿が想像できない。

 そしたら結局、デザイン系ブランドは無視して、はなから一般家電系メーカーで行こうとなるわけです。要するに、現在でいくとパナソニックにシャープ、サンヨーにパイオニアってところ。今となっては、ソニーさんはほぼ作っていないようなモンですから。となると、もはや悩むことはないというかなんというか。

 そもそも、シャープのスティックタイプがその辺りでは良いと決めていたので。んで、家庭の事情もありつつ、固定親機が可能なこのタイプになった、と。アレですよ、デザイン重視の世間で言うオシャレ好きな方から言わせれば、「洗練され具合が中途半端」とか「地味に安っぽい」とか「文字のフォントとかが論外」とか「まずシャープの時点で……」とかイロイロあるんでしょうけれどね。実際、似たような言葉はよく聞きます。

 でも、逆に僕に言わせてもらえば「ホントにそのデザインの電話、日常的なんですかね?」ってところです。もちろん、そういうデザイン的な部屋や家なんだったら、最高です。僕だって、文句なく買います。そういう羨ましい方もいらっしゃるでしょう。でも、たぶん、そう多くないと思うんですよね。デザイン好きな人だって、良くも悪くも、もっと庶民臭い部分がかなりあるはずというか。少なくとも、僕はそうなのです。……そんな僕には、これぐらいが丁度良い。あ、決してシャープのデザインが悪いとか言ってるんでなくて、本当に現実味があるってことが言いたいわけで。

 グダグダ言いましたけれど、要は自分がどれだけ気に入って、どれだけ生活に馴染ませることが出来そうか、納得できれば良いと思うんです。ここで言いたいことは、「自分なりのフィルターを通して吟味することなく、周りとか宣伝とか雑誌とかの雰囲気に流されて、結局なぁなぁで決めるのはいかがなもんでしょう?」ってことです。……別にそういう決め方を否定はしませんけれど、あんまり面白くないよなぁ、と感じてしまうもので。

 それでは。歌いたいなぁ……って、ここんとこスゴイ思います。長渕さんのDVDを見たから、とかそんな安易なこともあったりなかったりしますが。とにかく素敵な唄なんです、「8」が。自分で言うのもおかしいけれど(笑)。

 本日のカップ:カフェベロナ。うーん、スターバックスの豆だけでは、ちょっと満足度に限界が出てきたので、そろそろしっかり豆を買いにまた走らねばなりません。明日辺り、行くかなぁ。えっさほいさ、と。     circus

|

« 転換 | トップページ | てやんでぇ »

「zakka」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございました。大事な挨拶前回忘れていました;一年で一度の貴重な挨拶なのに。

グアテマラ・カシ・シエロいれました。
意外と上手くいれることが出来て、思っていたよりもおいしいかもなんて自画自賛してました。スタバで飲んだ時はちょっと苦すぎてコーヒーの味どころじゃあなかったので。
豆自体は結構甘味先行タイプでしょうか。ほのかにですけど甘い印象を受けました。スタバの豆はこないだのブラックエプロン以来でしたが、個人的には足して2で割った感じだったら良かったかな。
…ただ、やっぱりお値段若干高いんじゃないかとは思ってしまいます。
決して悪くないんですけど、近所のコーヒー屋の焙煎したての豆にさえもどうしても及ばないかなって印象です。パンチに欠けるんです、どの豆も…。

ちなみにcircusさんはお湯の温度ってまめに毎回計っていますでしょうか?
ぼくは結構適当で、沸騰してから時間空けたり、ポット触った感じでやってるんですけど、今後を見据えてお湯の温度どうしよう、なんて思っています。

投稿: tantan | 2007年1月 6日 (土) 01時57分

>tantanさん
カシ・シエロはなかなかですか、なるほど。
甘み先行ですか、使っている豆の一部には、サンタカタリーナ農園も入っているはずなので、その辺りの優秀なコクが効いているんですかね。
やっぱり、高いですよね。大人の事情が強いから。
パンチと言えば、スターバックスではありませんが、かつて飲んだナチュラル製法のエチオピアはもの凄かったです。
パンチが強すぎて、香水かと思うほどでしたから(笑)。

温度はしっかり測っています。豆の具合によって、変えるようにしています。
豆の煎りにもよりますが、普段は82~83度くらいで抽出することが多く、古い豆はもう少し上げたり、スターバックスものはさらに上げたりなんかします。
ま、僕の場合は田口さんや兄が参考元なので、あしからず。

投稿: circus | 2007年1月 6日 (土) 23時17分

電話機。
悩みますね。
うちにあるFAXが壊れたので、買い換えなきゃと思ってます。
電話機ならまだしも、使いやすくかつかっこいいFAXがなさそうです。
circusさん、ご存知ですか?
悩みます・・・
ではでは。

投稿: nico | 2007年1月13日 (土) 21時06分

>nicoさん
うちの場合、「FAXは使わんからいーかー」というナゾのスタンスなので、あんまり見れていないのですが……。
んでも、電話子機とかも含めて言えば、やはりシャープかな、と。
無茶にカッコイイデザインとかではありませんが、日常的に素直にスタイリッシュなので。
あとは、FAXに限って言えばNECも良いかもしれません。
ブラックの色味が好みかどうかが、ネックにはなりますが。
大して参考にはならないでしょうが、見てみてください、シャープとNEC。
それでは。

投稿: circus | 2007年1月14日 (日) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4811759

この記事へのトラックバック一覧です: 程度:

« 転換 | トップページ | てやんでぇ »