« 徹底的直感性の旅―巻き込み編 | トップページ | 徹底的直感性の旅―急遽の番外編 »

2007年1月26日 (金)

徹底的直感性の旅―ステップ編

Dsc02110 安藤裕子さんの歌を「良い歌なんだよ」といって家人に聞かせると、思いもしない反応がありました。「そりゃ、好きだと思うよ、あんたは。だって、あんたの作る曲に似てて、あんたの曲を歌っているみたいだもん。」ですと。なるほど、言われてみれば、そんな気がしなくもない。……リズムなんかは特にそうかもしれない。あぁ、歌いたいなぁ。

 昨日は、代官山などでは僕も収穫をしたのですが、それはまだ取っておきということで、今日はコチラ。新しく靴のローテーションに入ってきた、レペットのジャズです。もう、ド定番ですね、もはや。でも、今までまともに履き続けたことがなかったので、もしかしたらこれから僕の定番にするかも……ということで購入。

 実際に定番としてローテーションに組み込むのであれば、本当は欲しいのはジジだったんですけれど、ソコソコのお値段がするので、その前にこういう系統の形の具合を確かめるために、今回はステップとしてジャズを。ちなみにサイズは43。

 コレ、見たことある人は分かると思うんですが、底が単なるゴムです。しかも固くて薄い。踵部にはかろうじて固いスポンジが入っているとはいえ、それでも薄い。そりゃ、そうです。室内のバレエレッスン用なんだから、当然のことです。だもんで、ソールの履き心地は大変です。インソールを入れて履いているものの、それでも通常のスニーカーにも及ばない感じ(笑)。……しかも絶対に減りが早い。週一で履いても、半年持たないかもしれません。

 けれどレペットの素晴らしいところは、柔らかさ、そしてアッパーの革。全体がすごく柔らかいので、ラクなんですよね。その上、革がすごく柔らかくてしっとりとしたタイプ、かつ薄めなので、足に吸い付くような感覚。まるで、革の足袋みたいなニュアンス。アッパー部の履き心地は、かなり良いんですよね。……ソールの大変さとはまるで正反対(笑)。

 だからこそ、こんなソールなのに一万円ちかくもするわけで。ただ、思うのは、僕が次から買うのはきっとジジオムになるだろうな、ということ。やはりソールが厳しいのと、もう少しアッパーにクセがあっても良いと思えてきたので。ジジオムといえば、ヨウジさんとこがちょっと手を加えてもの凄くカッコよかったり、今期は確かヴェロニク・ブランキーノが別注かけてますもんね。……次はジジオムだな、夏前くらいに。

 コムコムなんかで別注するレペットはすごくカワイイですよね。値段がアレですが。んでも、レペットの靴は履かないと良さがわかりませんよね、絶対。底が一枚革のタイプなんて、なおさら。すんごい柔らかいんですから、ビックリするくらいに。と、いうわけで、レペットは完全に合格。今年からジジが定番に加わることになりそうです。あー、早く欲しいな(笑)。

 んでは。どうしようかなぁ、と考え中。アンビバレンツな想いに、さいなまれています。それにしたって僕は、僕のしたいようにしか、結局しないんでしょうけれどねぇ。それが揺らぐのは、ごく僅かな人に対してのみのことなので。

 本日のカップ:クランベリースパークリング。炭酸断ち宣言はどこへやら(笑)。ひどいもんですね。でもクランベリーはやっぱり美味しい。ベリー系の果実ってのは、どうしてこうも素晴らしいのでしょう。甘酸っぱくて、クセになる。     circus

|

« 徹底的直感性の旅―巻き込み編 | トップページ | 徹底的直感性の旅―急遽の番外編 »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

質問させてください。
自分もレペットを狙っているのですが、耐久性が心配です。
ジジオムについて検索かけたのですが、よくわからなかったので、ジジオム等の耐久性について教えてもらえませんか。

投稿: toshi | 2007年1月28日 (日) 14時07分

>toshiさん
まずジジオムとジャズには決定的な違いがあります。それがソール。
ジジオムは一枚革でソールが構成され、踵にヒールがつきます。
ジャズは完全に固いゴムなのです、ヒールはあるけれど。
だもんで、耐久性や履き心地でいくと、まず確実にジジオムが上です。

とはいえジジオムの革底も、柔らかい履き心地を実現するために、そこそこ薄い具合になっているので、他の通常の革底靴よりは若干耐久性は劣るはずです―ローテーションしたことないので、アレですが―。
あと、レペットの革底は雨にとても弱いそうです。お気をつけ下さい。

ちなみにジジオムに関しては結構取り扱い店舗が少ないので、お求めでしたら、確かバリバレにあったはずです。
ジジに関してはジジファムも出ています。底の形が微妙に違い、アッパーも少し。
ところで、今期のブランキーノが別注している、アッパーがパンチングレザーのジジオムはステキです。

投稿: circus | 2007年1月28日 (日) 23時36分

とても詳しく教えていただき、ありがとうございます。

いいものを長く使いたい自分としては、似た形の他ブランドものも視野に入れて探してみようと思いました。
ブランキーノは高そうですね笑。ちぇっくしてみます。

投稿: toshi | 2007年1月30日 (火) 16時56分

>toshiさん
そうですね、長くという観点から行くと、レペット以外にも良い靴は沢山あると想います、実に。
ブランキーノは、アッパーが違うバージョンも、アッパーは一緒でエナメルのラインを入れているだけの別注も、価格は約5万ほどです。
ジジオム定価の倍までは行きませんが、2万ほど上乗せって感じですね、高い(笑)。

投稿: circus | 2007年1月31日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/5089508

この記事へのトラックバック一覧です: 徹底的直感性の旅―ステップ編:

« 徹底的直感性の旅―巻き込み編 | トップページ | 徹底的直感性の旅―急遽の番外編 »