« 徹底的直感性の旅―完璧な選択編 | トップページ | 天才 »

2007年1月30日 (火)

てばなし

Dsc02119 リンク広げようキャンペーンが、あまりに不発なのでアレです(笑)。ま、いつでもリンクしてやろうという方はコメントください。ところで、このブログも随分と記事が増え、およそ420近くあったりしますが、何かの縁で最近このブログを見てくれている方とか、是非とも過去記事もご覧下さい。……もちろん時事的なモノもあるけれど、大概は定番的な良いモノ達の記事が並んでいますので、はい。

 さて、昨日は完璧なブラウスを紹介しました。その流れで、今日もブラウスと行きましょうか。しかも、今回は完全なレディス。画像のコチラはベージュですね、またもや。ま、コレは僕のではないんですが……なかなかの出来。

 この前、伊勢丹をふらついていたら、小野塚さんとプーマの企画を見ている最中、妙に今頃セールの掛け声がウルサイところがあったんですよ、だだっぴろく。んで、何やろうかと思いつつ近づくと、どうやら45rpm系列のセールだったわけです。……なんとなく見てみたんですよ、ホントになんとなく。

 普段は家人が案外45rpm好きなほうなので、半年に一回くらい付き添いで見たりするんですが……コットンものは価格相応でまぁいいよな、という印象だったんですよ、はい。だもんで、見るのはコットンもののみ。するとねぇ、ビックリしたんですよ。……まさか、こんなのがあるなんて。

 それが画像のブラウス。インドの手繰りのカディを使ったブラウス。うーん、しかも案外質感が良い。そりゃdosaとかのカディに比べると、まだまだなのかもしれませんが……dosaのカディって実物見たことないけど。その上、セールなんでべらぼうに安い。「コレを買わずして、何を買うかね、諸君」というナゾの義務感にかられ、一生懸命カディブラウスを物色。んで、発見のベージュ。しかも一枚だけ。なぜかこういうのに当たることは多いですねぇ。

 んで、広げてみるとサイズ2。…………流石に着れねぇ。でもモノとして随分と惹かれてしまったからには、もはや自分の範囲で買う以外の選択肢はないんです(笑)。わかる人は分かるでしょう、このキモチ。んで、結局「家人か兄の奥さんあたりが着れれば、それでいいだろう」という結論に達し、うちにやってきました。

Dsc02120 そしてさらに漁ると、白ならサイズ3があることが判明。……ギ、ギリギリ着れるか……? と悩みつつ、結局うちへやってきた同じブラウスの白バージョン(笑)。で、着てみると俄然着れるんですよね、むしろジャストサイズというか。でかい作りなんですかね、このブラウスって。

 カフが中世的なバランスで長く取られていて、カフボタン3つというのもステキ。そして前は比翼仕立て。正直、あんまり比翼は好きではないのですが、これは全体のニュアンスとすごくシックリきていたので、オーケー。……生地感としては、明らかにベージュのほうが良いんですが……まぁ贅沢は言えません。

 ところで、ベージュは約「学問のススメ2冊分」が「たけくらべ1冊分」まで値引きされていて、白は「ススメ1冊とたけくらべ1冊分」が「たけくらべ1冊とこころ2冊分」まで値引かれていました。……なぜ、定価の高いベージュが白よりも安くなっているのだろう……「絶対、値札付け間違えてるよな、コレ」と考えつつ、レジ。普段の行いが良いからでしょうか、こういうこともあります。

 「好きなブランドは?」と聞かれたときに「良いモノなら何処のでも」なんて答える人間を、僕はあんまり良いとは思わないタイプなんですが、きちんと好きなブランドを答える上で「それでも良いモノはそこらに転がっていて、良いモノは確かに良いんだ」と言える人間でありたいとは思っています。……いやー、なんと自分勝手な発想かな。でも、それが自然だと思うんですよねぇ……どうでしょ。

 ではでは。今日、とあるところに、とあるモノの注文メールを出したのですが、どうやら出来上がってくるのは夏になる模様。……すごいなぁ、人気爆発ですね。気長に待ちます。別に焦るべきではないので。

 本日のカップ:ダージリン・ヒマラヤ。うーん、ウマイ。ブーランジェピシエのセーグル・オーベルニャを軽く焼いて、チーズとかハチミツとかいろいろ掛け合わせながら食べつつ、ダージリン。……なんつー贅沢をしているんでしょうか、僕は。しっかし、セーグル美味しいな。モチモチ感と強い酸味がたまらん。     circus

 

|

« 徹底的直感性の旅―完璧な選択編 | トップページ | 天才 »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、はじめまして。
DIGAWELから検索して読ませて頂いてます。
このブラウスも素敵ですね。
サイズ問題があるのにひかれてしまう、僕も共感してしまいます。
直接店には行けないんですが、DIGAWELのシャツ1オープンを購入しようと考えてます。全体的なサイズとしてはMなんですが、身幅のサイズがきつそうで、Lだとでかそうで困ってます。
日記をみて、プルオーバーのLから行こうかと思いました。
すみません、質問みたいで・・

投稿: k | 2007年1月31日 (水) 01時27分

>kさん
はじめまして。
このブログは随分とDIGAWELさん関連の記事が多いので、暇な時にいろいろ見てみてくださいね。
確かにシャツ1のMは結構身頃はタイトです。
僕もソコソコ、ぴっちり目に着ています。
僕もはじめはLと悩んだのですが、シャツ1フルオープンの素材感や雰囲気を総合すると、どうしても丈や袖が長くなってしまうのがイヤで―digawelさんにも、ピッタリいきましょうと言われましたし―Mにしました。

ただ、シャツ1は柔らかいコットンなので、着ているうちに体に馴染みます。ちょっとキツイかな、と感じてもいい具合に伸びてくれます。
両方試着してみるのが、やはりいいかと……。

プルオーバーに関しては、僕は大きめ推奨派なので、それならLが心地良くて良いと思います。袖をまくって、ボタン全開で身頃を揺らしながら着るというか……。
digawelさんのシャツは断然おススメ最高潮なので、まずは着てみてください。着ると、もっと良さが分かっていきますんで。

投稿: circus | 2007年1月31日 (水) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/5143518

この記事へのトラックバック一覧です: てばなし:

« 徹底的直感性の旅―完璧な選択編 | トップページ | 天才 »